看護学科

産業医科大学の「看護学科」はここが違う。

産業医科大学看護学科は、我が国の看護系大学の中でも産業看護学を学べる数少ない大学です。産業看護職は産業医と共働し、あらゆる職業に従事する人々の健康の保持・増進および健康障害の予防に貢献するので、産業医科大学看護学科は特に健康の科学について幅広く学習します。そのため、健康科学に関する科目を充実させています。
また、卒業後は、特に前身の産業医科大学医療技術短期大学専攻科以来の実績と本学医学部卒業生の産業医との全国にまたがるネットワークが確立されているので、充実した卒後研修の受講や適切な助言も得ることができます。健康問題を広い視点からとらえることが可能となり、つまり、より創造性の高い看護活動を実践できることになります。

産業看護職とはこんな職業です。

産業看護職は、働く人々が安全で快適な労働生活を送れることができ、それが企業の活性化にも役立つよう、健康面から支援していく専門職です。
看護師、保健師の両資格を活かし、産業医やその他の労働安全衛生チームとともに、個人および集団のwell-beingを目指して組織的な活動を展開する大変やりがいのある職業です。
主な仕事は、健康づくり、健康診断、健康教育、健康相談、そしてコーディネート(働く人々と労働安全衛生チーム間の調整)などですが、この過程の中で人々にふれあう喜び、楽しみもあり、充実した職業生活を送ることができます。

人間的成長に即した実習。

実習はとても大切で、保健・医療・福祉に関するあらゆる場所に出向き、学んだ知識を実際に人々と接する中で確実なものにしていく大事な学習場面です。実習は、教員と共に考えながら進められ、病院実習では直接患者さんと接します。大変という声も聞かれますが、一方では言葉で言い表せないほどの感動もあります。
この過程で観察力、思考力、判断力が養われて、各自の主体性が育ちます。
また、こうした学習を通じて人生に対する考え方を深めるなど、大学教育にふさわしい人間的成長も得ることもできます。

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.