環境マネジメント学科

環境マネジメント学科とは

人間を取り巻くさまざまな「環境」とのかかわりを総合的に探求し、特に産業活動によって起こる健康影響や環境への悪影響を未然に防止するために、それらの影響や防止対策を体系的に考えることで、働く人々の健康を環境面からサポートします。

 

環境マネジメント学科ホームページへ

 


労働安全衛生マネジメントシステムについて

●わが国の労働安全衛生対策は、働く人々の安全衛生について配慮すべき事項が法令で細かく規定され、事業者(企業等)がこれを守ることによって進められてきました。しかし、労働災害をさらに減少させるには、法令で規定されていなくても、安全衛生の確保に必要なことについては、事業者が自らの責任で管理を行わなければなりません。

●このような「自主対応型」の管理の考え方は、1970年代前半英国で導入され、ヨーロッパを経て世界的に広がりました。これをシステム化したのが「労働安全衛生マネジメントシステム」です。

●今やこのようなシステムに則って安全衛生を進めようというのが世界的な潮流となっており、環境マネジメント学科は、この労働安全衛生マネジメントシステムについて専門的に学ぶことができる日本で唯一の学科です。 


「作業環境測定士」の役割と仕事

主に測定・検査機関等に所属しクライアントの現場に出向いて作業環境を測定・評価 

 

●事業者(企業等)には、働く人々に対して快適な職場環境を提供・維持するとともに、健康や安全を確保することが困難な場合は、その環境の改善責任があります。その責務遂行のため、作業環境測定士は関連法規に基づいて作業環境の測定・評価などの業務を行います。

●当学科の卒業と同時に資格を取得できる第二種作業環境測定士は、測定点の決定(デザイン)、有害成分の捕集(サンプリング)、簡易測定器を用いての分析と解析が業務として認められています。

●サンプリングの主な対象となるのは粉じん、気体(空気中の化学物質等)、騒音などです。 

                                                                                                                                   作業環境ry.jpg

                                                                                                                                                          


「衛生管理者」の役割と仕事 

主に企業等に勤務し自社の工場等の衛生・安全を専任者として点検・管理 

 

●勤務する企業の衛生・安全管理系の部署に所属し、働く人々の健康や安全を確保する立場から自社の工場等作業場を巡視・点検し、必要な場合は改善を提案・指導します。

●巡視・点検において問題点が発見された場合など、第二種作業環境測定士として測定点の決定(デザイン)、有害成分の捕集(サンプリング)、簡易測定器を用いての分析と解析等を行うこともあります(衛生管理者としての採用に作業環境測定士であることを前提とする企業もあります)。

●なお、常時50人以上の労働者を有する事業場は衛生管理者の選任が義務づけられています。

                                                                                                                                     衛生ry.jpg

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.