医学部  履修評価・卒業の要件

履修の認定

履修の認定に当たっては、各授業科目ごとに担当教員が試験、レポート、出席状況等により総合的に合格・不合格を判定します。成績評価基準・方法は各授業科目ごとに明示されています。

「判定基準」は、次のとおりです。なお、総合試験などの講義が行われないものは、試験点数そのものではなく総合的に判定されます。

 

合格 100点から60点
不合格 59点以下
評価

履修した授業科目の成績評価は、優、良、可および不可の区分によって行い、その評価基準は次のとおりです。

(履修規程第5条)

 

評価 不可
成績 100点から80点
79点から70点
69点から60点 59点以下

 

履修の評価を受ける資格

各授業科目とも、講義については実授業時間の3分の2以上、実技又は実習については実授業時間の4分の3以上出席しなければ、履修の評価を受けることができません。

進級(履修規定第12条)

(1)進級する者

各年次末において次表の授業科目の履修の認定がなされ、かつ、3年次には基礎総合試験、4年次にあっては臨床基礎試験、6年次においては総合試験および卒業試験に合格した者を、次の年次に進級又は卒業させます。

 

(2)原級に留め置かれる者(いわゆる留年)

(イ)各年次において次表の授業科目の履修の認定がなされず、3年次には基礎総合試験、4年次にあっては臨床基礎試験、6年次においては総合試験および卒業試験に合格しない者は、進級が認められず原級に留め置かれます。

(ロ)履修の評価を受ける資格(講義については実授業時間の3分の2以上、実験、実習および実技については実授業時間の4分の3以上の出席)を有しない科目が1科目でもある者は、原級に留め置かれます。

(ハ)試験に関し不正行為があったと認められた者は、その試験は無効となり、原級に留め置かれることがあります。
(ニ)(イ)、(ロ)および(ハ)により原級に留め置かれた者は、翌年度において全ての授業科目を再履修し、履修の認定を受けなければなりません。ただし、単位数で定める授業科目(総合教育)については、一度取得した単位の取消は行われないので、再履修の必要はありません。
また、進級できなかった年次が3年次の場合は基礎総合試験を、4年次の場合は臨床基礎試験を、6年次の場合は総合試験および卒業試験を再受験し、合格しなければなりません。

 

(3)除籍

同一年次に2年在学し、なお進級又は卒業できないときや、第2年次までに3年在学し、なお進級できないときは、除籍されます。(学則第25条および履修規程第14条参照)

 

履修又は合格の認定がなければ原級に留め置かれる授業科目及び試験
 

 

卒業の要件

産業医科大学学則(以下、「学則」といいます。)で定められた卒業の要件は、「下表に定める必修科目31単位、選択科目8単位以上を修得するとともに、必修科目5,666時間を履修し、その修了の認定を受け、かつ、総合試験及び卒業試験に合格すること」です。(学則第26条参照)

 

区分 卒業の要件
総合教育科目

必修 31単位

選択 8単位以上

医学基礎科目 必修 358時間
基礎医学科目 必修 1,928時間
臨床医学科目 必修 3,134時間
産業医学科目 必修 246時間

39単位

5,666時間

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.