カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

    

医学部 

 医学部では、次の教育内容を通じて人間性豊かな産業医を育成します。
 
1
 授業内容は、医学教育モデル・コア・カリキュラム(最新版)と整合性のある内容とします。
2 総合教育・医学基礎教育は、幅広い教養・高い倫理観をもつ豊かな人間性を培うとともに社会人としての素養を身につけます。また、高等学校教育から大学教育・医学教育へと接続・連携する内容とします。
3 基礎医学教育は、各授業科目間のみならず臨床医学との関連を統合・強化し、基礎的な専門知識の修得はもとより日進月歩の臨床医学教育に必要な基礎学力の涵養を目指す内容とします。
4 臨床医学教育は、疾病・病態を系統的に理解させるため臓器別の臨床系統講義を実施し、臨床実習は学内でのすべての臨床講座を網羅した実習と、学内外での診療参加型臨床実習を行い、基本的知識・技能の深い理解と推論能力の涵養を促す内容とします。
5 本学の特色である「産業医学」教育は、1年次から6年次の各学年にわたり系統的に実施するとともに、学外の事業場等において産業医の指導の下で現場実習を行い、初期臨床研修開始前までに産業医の資格を取得できる内容とします。
6 少人数対話型教育を多く取り入れ、問題解決能力、論理的思考力・コミュニケーション能力を涵養します。
7 3年次に基礎総合試験、4年次に共用試験、5年次に総合試験Ⅱ、6年次に統合講義試験、総合試験Ⅰ・Ⅱを行い、学年ごとに学習の達成度を判定します。

 

産業保健学部 

[看護学科] 

 生命の尊厳に基づいた心豊かな人間教育を基盤として学際的視野に立った論理的かつ倫理的配慮に基づく看護実践力を備え、創造的な看護学の発展ならびに地域・国際社会に貢献する看護者を育成します。また、働く人々の健康の保持・増進に寄与する優秀な産業看護職を養成します。
 これらの目標を達成するために、次のような教育課程を構成し、実施します。また、主体的な学習を実現するためにアクティブ・ラーニングの充実を図ります。

1 教養基礎分野
  多角的視野と調和のとれた人間力を高めるための人文社会学系や国際性豊かな人材を輩出するための語学系、更に自然科学系で構成し、主に1年次に履修します。
2 看護学基礎分野
 人間を身体的・精神的・社会的に捉え、看護実践力の基盤となる知識・技術・態度を修得するために、情報科学系・生活/健康支援系・病態/治療学系で構成し、1年次から3年次の前学期にわたり履修します。
3 看護学専門分野
 様々な対象の健康課題に対応できる看護実践力を身につけるために基礎看護学系・臨床看護学系・在宅看護学系・公衆衛生看護学系で構成し、1年次から3年次の前学期にわたり履修します。また、これらを通して具体的な看護実践に必要な知識・技術・態度、思考力・判断力を修得します。
4 看護学統合分野
 看護を統合・発展的に学習し、専門職者として研鑽し続ける素養や研究能力の基礎を修得します。初年次教育、リスクマネジメント、看護研究等を1年次から4年次にわたり発展的に学び、知識・技術・態度、思考力や表現力を統合して修得します。なお、初年時教育は入学直後に自校教育、大学での学び方、キャリアガイダンス等を通して社会人基礎力を身につける基盤を修得します。
5 保健学専門分野
 保健師の実践力を修得するために保健師教育の基礎となる関連科目、更には本学の特色として労働生活の場において活躍する産業保健師の育成を目指した産業看護学関連科目で構成し、3年次から4年次の前学期にわたり履修します。

 

 なお、上記1~5の学修成果はポートフォリオ、ルーブリック、OSCE、個別事例展開の評価ならびに学修行動調査等を用い、学生の成長に合わせ個別的・継続的に評価します。

 

 

[環境マネジメント学科]

 働く人々の健康の保持増進と安全確保に貢献し、産業の発展と活性化を支える人材を育成します。具体的には、作業環境管理、作業管理、健康管理の3つの柱を体系的に教育するとともに、労働安全衛生マネジメントシステムを専門的に教育し、第二種作業環境測定士、第一種衛生管理者の国家資格を無試験で取得できる知識と学力を持つ労働安全衛生専門職を養成します。
 これらの目標を達成するために、労働安全衛生の基礎知識を身につける「産業保健学系」、労働安全衛生マネジメントを担うために必要な知識を培う「マネジメント学系」の2つを中心に、「環境学系」、「健康科学系」、「工学・情報学系」、「自然科学系」、「人文・社会学系」に属する科目を結びつけた計7学系と4年次の「卒業研究」で教育課程を構成し、実施します。
 また、3年次に「労働衛生管理総合演習」を実施して、学修の達成度を確認します。特に、少人数教育により、きめ細やかな指導の充実を図ります。
 なお、各学系の教育内容は、次のとおりです。

 

1 産業保健学系
 労働安全衛生の基礎知識や第二種作業環境測定士、第一種衛生管理者の国家資格付与の必要条件となる科目群から構成されています。
2 マネジメント学系
 労働安全衛生マネジメントシステムの理解に必要な法令、安全管理、事業所の経営、運営について学ぶ科目群から構成されています。
3 環境学系
 人を取り巻く環境について幅広く学ぶ学際的な科目群から構成されています。
4 健康科学系
 人体の構成や心身の健康保持に必要な知識について学ぶ学際的な科目群から構成されています。
5 工学・情報学系
 働く人々の健康と安全を工学的側面から支援するために必要な知識と技術を培う科目群から構成されています。
6 自然科学系
 化学、物理学、生物学をはじめ、労働安全衛生を実践するために必要な基礎学力を培う自然科学の科目群から構成されています。この中には、高大接続のための初年次教育科目も含まれています。
7 人文・社会学系
 将来必要とされるチームワーク力やコミュニケーション力、表現力等に寄与する人文・社会学系科目やグローバルな視点に欠かせない語学から構成されています。
8 卒業研究
 個別の科目を通じて学んできた幅広い知識と技術を有機的に結合させて研究を行い、産業保健に関する知識を高め、卒業論文を作成します。

 

 

大学院医学研究科

 [医学専攻(博士課程)]

1 医学専攻は、学生が希望する研究領域の講座等における徹底した個人指導によって、医学研究及び臨床研究の基盤的な専門知識と技能・研究を企画・遂行できる能力を修得することができる内容としています。
2 指導には医学部の教員だけでなく研究所の教員も携わり、医学における各分野を網羅し、さらに、専門領域に踏み込んで研究指導にあたります。
3 「共通科目」は、医学倫理・研究倫理、研究における利益相反、疫学・統計学基礎、英語論文作成手法等の基盤的な科目である「産業医学研究基盤コース」、本学の特色である産業医精神を涵養する「産業医学特論」、各専門領域の知識を概括する「医学研究概論」、国際的に通用するコミュニケーション能力を身につけるために専門的分野の講義のすべてを英語で行う「医学英語特別コース」を設置し、必修としています。
4 「専門領域科目」は、特論、演習、実習及び論文指導の科目で構成し、学生は、自らの所属する講座等が行う特論等の科目を履修し、加えて他の講座等が行っている関連する領域の特論等の科目も広く履修することができる内容としています。
5 「専門医養成講座」は、専門医に必要となる知識を修得することができる内容としています。
6 こうした系統的な教育を行う一方で、「がん専門医師養成科目」の履修により、高度な臨床能力を修得できることに加え、がん患者の社会生活面での支援等の能力を有し、将来的にはがんセンター等の病院のがん診療体制にも参画し、チーム医療を指導しうる人材を養成する「がん専門医師養成コース」を設置しています。

 

[産業衛生学専攻(博士前期課程)]

1 産業衛生学専攻(博士前期課程)は、13の産業衛生学の専門領域で構成し、「共通科目」と「専門領域科目」を配置した教育内容としています。
2 「共通科目」は、産業衛生学分野の学習を深化、進展させるための能力を身につけるための基盤となる科目としています。さらに、幅広い知識を得るために、本研究科に共通の科目(研究科共通)と産業衛生学専攻に共通の科目(専攻共通)を設置し、学生は、これらの科目をすべて履修し、大学教育で履修していない内容でも産業衛生学において必須の知識が修得できる内容としています。
3 「専門領域科目」は、特論、演習、実習及び論文指導の科目で構成し、学生は、大学の教育課程での履修内容に基づいて推奨する領域の中から、1領域を履修できる内容としています。
4 学生の能動的学習活動を支援するために、学生参加型の授業を展開しています。
5 修士論文作成への指導・支援を行い、多様な視点からの指導が可能となるよう複数の指導教員により指導します。

 

 [産業衛生学専攻(博士後期課程)]    

 1 産業衛生学専攻(博士後期課程)は、前期課程における産業衛生学の13の専門領域を、後期課程では6領域に集約し、「共通科目」と「専門領域科目」を設置した教育内容としています。
2 「共通科目」は、学生の主体性や能動性を引き出す教員と学生による双方向型の講義を行い、研究の思考性の基となる多面的アプローチを行う素養を身につける科目としています。
3 「専門領域科目」は、産業衛生学の中で履修者が専門とする領域に関する探究を深めることができる内容としています。
4 博士論文作成への指導・支援を行い、多様な視点からの指導が可能となるよう複数の指導教員により指導します。
5 後期課程からの入学者は、「産業衛生学研究概論(前期課程の必修科目)」の受講を推奨しています。

 

[看護学専攻(修士課程)] 

1 看護学専攻(修士課程)は、6つの看護学分野で構成し、「共通科目」と「専門領域科目」を配置した教育内容としています。
2 「共通科目」は、各看護学分野の学習を深化、進展させるための能力を身につけるための基盤となる科目とし、その内容を十分咀嚼できる限定した科目としています。さらに、幅広い知識を得るために、「共通科目」として、「看護研究方法論」、「英語文献講読」、「医療統計学」、「看護倫理学」、「看護学特別研究」を設置し、必須としています。
3 高度な看護実践者、看護管理者、看護教育者、看護研究者を目指すために、「専門領域科目(健康支援・高齢者支援看護学分野、生活支援看護学分野、母子支援看護学分野、コミュニティ看護学分野、看護管理学分野、メンタルヘルス看護学分野の6分野)」において、当該分野の看護学特論、演習Ⅰを履修後、演習Ⅱでその分野の研究能力を身につけながら、「看護学特別研究」を履修できる内容としています。さらに、将来目指す進路を考慮して、他分野の看護学特論及び演習Ⅰの科目も有機的に関連づけて履修できる内容としています。
4 学生の能動的学習活動を支援するために、学生参加型の授業を展開しています。
5 修士論文作成への指導・支援を行い、多様な視点からの指導が可能となるよう複数の指導教員により指導します。
6 それぞれの授業は、各看護学分野において、「入院中の個々の患者を中心とした看護」にとどまることなく、その後の家庭・職業生活などの社会生活を視野に入れ、生活に密着した健康支援という看護の最重要な観点から対象の自己管理と自立を視座に置く看護の追究をすることにより、複雑化・高度化する社会の多様なニーズを持つ人々に対応した臨床における高度な看護実践能力と研究的思考能力を備えた看護実践者を養成する内容としています。
7 また、人口動態や家族形態が著しく変化し、個人の健康問題であっても、家族や職場にとどまらず、コミュニティ全体で支援が必要になってきている状況を踏まえ、健康課題についてコミュニティを基軸として保健・医療・福祉をシステム的思考で捉え、変化する状況を多角的に分析し、マネジメントのあり方を追求し、保健・医療・福祉領域における高度なマネジメント能力と研究的思考能力を備えた看護管理者、看護教育者、看護研究者を養成する内容としています。

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.