ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

    

医学部 

 医学部では、産業医としてふさわしい豊かな人間性を備え、次に示す卒業の要件を満たし、かつ、次の能力を備えた者に対して、卒業の認定を行い、卒業証書を授与するとともに、学士(医学)の学位を授与します。

 

<卒業の要件>
  1   本学が規定する修業年限以上在学し、本学が規定する卒業に必要な単位数及び時間数を履修し、その修了の認定を受ける。
  2 基礎総合試験・共用試験・総合試験・卒業試験に合格する。

 

<能力>
  1  医師としての基本的な知識・問題解決能力

  2 産業保健分野において指導的役割を果たす意欲と知識・技能

 

産業保健学部

[看護学科 ]

 看護学科では、次に示す卒業の要件を満たし、かつ、次の能力を備えた者に対して、卒業の認定を行い、卒業証書を授与するとともに、学士(看護学)の学位を授与します。

 

<卒業の要件>
   1 本学が規定する修業年限以上在学し、本学が規定する卒業に必要な単位数を履修し、その修了の認定を受ける。
   2 保健師国家試験受験資格希望者は、(1)に加えて、保健師受験資格に必要な単位数を履修し、その修了の認定を受ける。

 

<能力>
    1
 生命の尊厳を重んじた豊かな人間性と深い教養、倫理性
   2 対象の健康課題に対応するための基礎学力や専門的知識
    3 看護専門職として、問題解決力や批判的・論理的思考力、コミュニケーション能力を有した社会人基礎力
    4 人々の健康を生活と働くこととの関連から捉え、様々な職種と協働して問題解決を図るための調整力
    5 生涯にわたって自己啓発し続け、グローバルな視点に立ち、社会の発展に寄与できる能力

 

[環境マネジメント学科] 

 環境マネジメント学科では、次に示す卒業の要件を満たし、かつ、次の能力を備えた者に対して、卒業の認定を行い、卒業証書を授与するとともに、学士(保健衛生学)の学位を授与します。

 

<卒業の要件>
   1 本学が規定する修業年限以上在学し、本学が規定する卒業に必要な単位数を履修し、その修了の認定を受ける。
 

<能力>
   1 第二種作業環境測定士、第一種衛生管理者の国家資格に匹敵する基礎学力と専門的知識及び作業環境管理、作業管理、健康管理の実践に貢献できる専門的技術
   2 働く人々の健康と安全を脅かす要因を科学的な根拠に基づき評価する判断力とそれらの要因に対する対策を考案して問題解決を図る思考力
   3 労働安全衛生専門職として、働く人々の健康と安全意識の向上に貢献するコミュニケーション能力やドキュメンテーション能力を含めた優れた表現力
  4 労働安全衛生マネジメントシステムを理解し、他の産業保健専門職と協働して、働く人々の健康を保持し、安全で快適な職場を創りだすためのチームワークに貢献し、将来、指導的役割を果たし得るように、生涯にわたって学び続ける能力

 

 

大学院医学研究科

[医学専攻(博士課程)]

  医学専攻では、本研究科の規定する修業年限以上在学し、次に示す高度な学識及び研究能力を有するとともに、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、博士論文審査及び最終試験に合格した学生に、博士(医学)の学位を授与します。
1 産業医学を含む医学分野の高度で幅広い専門的知識を修得している。
2 学術的意義、新規性、創造性等を有する研究について、倫理性を備えて企画・推進・実施することができる。
3 高度な普遍性を持つ研究成果を論理的に説明できる。

 

[産業衛生学専攻(博士前期課程)] 

 産業衛生学専攻(博士前期課程)では、本研究科の規定する修業年限以上在学し、次に示す高度な学識及び研究能力を身につけるとともに、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文審査及び最終試験に合格した学生に、修士(産業衛生学)の学位を授与します。
1 産業衛生学分野の基礎的知識及び専門に関連する知識を修得している。
2 学術的意義、新規性、創造性等を有する研究について、倫理性を備えて推進・実施することができる。
3 研究成果を論理的に説明できる。

 

[産業衛生学専攻(博士後期課程)] 

 産業衛生学専攻(博士後期課程)では、本研究科の規定する修業年限以上在学し、次に示す高度な学識及び研究能力を有するとともに、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、博士論文審査及び最終試験に合格した学生に、博士(産業衛生学)の学位を授与します。
1 産業衛生学分野の高度で幅広い専門的知識を修得している。
2 学術的意義、新規性、創造性等を有する研究について、倫理性を備えて企画・推進・実施することができる。
3 高度な普遍性を持つ研究成果を論理的に説明できる。

 

[看護学専攻(修士課程)] 

 看護学専攻では、本研究科の規定する修業年限以上在学し、次に示す高度な学識及び研究能力を有するとともに、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文審査及び最終試験に合格した学生に、修士(看護学)の学位を授与します。
1 看護学分野の基礎的知識及び専門に関連する知識を修得している。
2 学術的意義、新規性、創造性等を有する研究について、倫理性を備えて推進・実施することができる。
3 研究成果を論理的に説明できる。 


Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.