安全衛生マネジメント学 研究内容

三宅 晋司

心理生理学的手法を用いて,種々の要因の生体影響を評価する研究を行っており,これまで,下記のプロジェクトを遂行している(科研費,企業からの受託研究,共同研究等).

 

ワークロードの多角的評価に関する研究(平成7年度)

メンタルワークロードの生理心理学的研究(平成11-12年度)

空気質IAQの気分,作業成績,生理機能に及ぼす影響(平成13年度)

Intelligent Productivity: Pilot Study(室内空気質の知的生産性に及ぼす影響)(平成13年度)

マイナスイオンの生体影響に関する影響(平成14年度)

多重課題遂行中の付加作業による影響(平成14年度)

作業負荷レベルの変化に対する生体反応(平成15年度)

音声による疲労度判定の妥当性の検討(平成15年度)

知的生産性向上のための心身状態判定技術(覚醒レベルの変化に伴う生体反応に関する研究)(平成15年度)

実車運転時(テストコース)におけるACC使用による影響の検討(平成16年度)

音楽聴取時の快・不快と生体反応(平成16年度)

異なる難易度の精神作業に対する生体反応およびその再現性に関する検討(平成17年度)

NIRSと発汗デバイスに関する検討 -精神課題遂行時の自律神経系指標との関連-(平成18年度)

アルコールの生体影響に関する研究(平成19年度)

生体情報にもとづく飲酒状態判定システムの開発(平成19年度)

森林浴や店舗景観のイメージ評価等(平成19年度~)

ドライバ状態推定指標化に関する研究(平成20年度)

医療従事者のストレスと疲労に関する多次元的評価に関する研究(平成20-22年度)

快適睡眠環境に関する研究(平成22年度)

医療従事者のストレスと疲労調査:発話音声分析ソフトウェアの機能検証(平成22年度)

高齢ドライバの自動車運転安全性向上研究会(平成21年度~平成24年度)

適量の飲酒によるポジティブ効果の検証(平成24年度)

 

 

伊藤 昭好

労働安全衛生マネジメントシステム構築支援手法の研究

 

安全衛生リスクアセスメントツールの開発

 

労働安全衛生活動評価手法の研究

 

騒音ばく露による聴力リスクアセスメント手法の研究

 

 

秋山 幸雄

企業の社会的責任(CSR)

重要な経営課題の一つであることが認識されてきている企業の社会的責任(CSR)について様々な角度から調査研究を行う。また、大学も社会的責任を有すると考えられることからISO26000(すべての組織のための社会的責任の国際規格)を考慮に入れつつ、社会的責任という観点から、大学が取り組むべき項目を考えるとともに、我が国の大学の社会的責任への取り組みの実態について調査し、評価を行う。

 

環境空気中の化学物質(特に受動喫煙)

私たちが室内外で過ごすときに、どのような化学物質にどの程度曝露されているかを調査し、その実態を明らかにすることを目的とする。測定対象物質は、多環芳香族炭化水素類、揮発性有機化合物、アルデヒド類、ニコチン、3-エテニルピリジンなどである。ニコチンと3-エテニルピリジンは環境中たばこ煙曝露(受動喫煙)の指標となる。

 

所属学会

環境経営学会

大気環境学会

室内環境学会

 

 

 

熊谷 信二

化学物質取扱作業者の曝露実態と健康影響

産業現場において化学物質を取り扱う作業者の化学物質(有機溶剤、ホルムアルデヒド、石綿など)への曝露状況および健康影響を明らかにし、改善対策を提案する。

 

 

 

庄司 卓郎

長時間労働、過重労働

長時間労働の防止のための企業の方策

長時間労働を減らし心身面での健康障害を防止するために企業が行っている効果的な施策を明らかにする

深夜勤務影響軽減のための対策に関する研究

深夜勤務職場で眠気の払拭、ミスの防止に効果的で、現場で実施可能な対策を現場調査、模擬実験などから明らかにする

 

メンタルヘルス

メンタルヘルスに関連した研究:労働者の職場適応のための職場設計

労働者が、職務にやりがいを感じワークエンゲイジメントを高めることができるような職場組織のあり方を検討する

メンタルヘルス二次予防に関連した研究:メンタル不調者の早期発見

メンタルヘルス不調者の早期発見を含めた、ラインによるメンタルヘルスケアを効果的なものとするために、組織として取り組むべき効果的な施策を明らかにする

 

安全管理・安全衛生マネジメント

回復能力に力点を置いた組織の安全管理手法について

小さなミスが大きな損害に至る前に対応する組織のレジリエンス(回復能力)について、その能力の醸成過程を明らかにする

安全対策のコストパフォーマンス

安全対策のコストと、予想される災害の損害を見積もる手法について検討する

効果的な安全教育の手法

現場の作業員がリスクアセスメント能力を高めるために効果的な教育手法について検討する

 

 
 

山田 晋平

蓄積疲労の評価方法の検討  

 

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.