環境マネジメント学科卒業生交流会を開催

環境マネジメント卒業生交流会LEFT.JPG 平成29年11月4日(土)の午後、東京都港区の建築会館会議室において、第2回環境マネジメント学科卒業生交流会を開催しました。実行委員の林田真希子さん(H22年卒)と疋田尚美さん(H23年卒)の呼びかけで、産業保健学部の2期生(衛生学科環境管理専攻)から今春卒業の18期生まで21名が参加しました。大学側からは宮内博幸教授と庄司の2名が参加しました。
  今回は、「環マネ卒業生の将来ビジョン」をテーマに掲げ、意見を出し合いました。はじめに自身の仕事内容について1人ずつ紹介した後、衛生環境マネジメント卒業生交流会RIGHT.JPG管理者、作業環境測定士等の職種別にグループワーク形式で、自分自身の仕事の現在と未来について話し合いました。

 参加した卒業生からは、現在の仕事での苦労話とともに、「社会の動きに合わせて教育内容も変わっていってほしい」という大学へのリクエストも出されました。また「この場を同窓会的な場にせず、大学とのつながりを確保する場としながら来年度以降も発展させていきたい」という意見も多く聞かれました。

 大学としても、困っている卒業生に助言をするだけでなく、卒業生の意見を聞きながら企業の産業衛生の動きを知る良い機会として、今後も発展させていきたいと考えています。これらの成果は、2月に本学で開催される“卒業生交流会報告会”において、卒業生の代表から在学生に伝えてもらう予定です。 

(安全衛生マネジメント学 庄司 卓郎)

 

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.