第1回環境マネジメント学科卒業生交流会開催報告

 11月12日(土)の午後、建築会館会議室(東京都港区)において、第1回環境マネジメント学科卒業生交流会を開催しました。学科発足以来はじめての試みでしたが、藤岡萌(平成24年卒)委員長を先頭に実行委員で企画広報を行い、当日は産業保健学部の1期生(衛生学科環境管理専攻)から今春卒業の17期生まで16名が参加しました。大学側からは宮内博幸教授、石松維世講師と庄司の3名が参加しました。

 当日は、企業で衛生管理者として働いている2名の卒業生(全淳一氏(平成16年卒)、藤河研次郎氏(平成21年卒))からの仕事内容等に関する基調講演とグループワークを行いました。

 グループワーク後の全体討議において、自身のスキルアップと同時に卒業生同士のネットワーク構築と情報共有が重要だという意見が出されていたとおり、年代の離れた卒業生が一堂に会して意見交換ができたことは有意義でした。今回の交流会を契機に、卒業生同士が交流し、仕事上で困っていることや自分のキャリア形成で悩んでいることなどを気軽に話し合える状況ができるように、大学側としても引き続き支援をしていきたいと思います。なお、本会は、産業保健専門職育成支援費を受けて開催されました。

(安全衛生マネジメント学 庄司 卓郎)

 

環境マネ Pic1.jpg

 

環境マネ pic2.jpg

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.