第1病理学 研究内容

研究テーマ

第1病理学教室ではヒト腫瘍、特に骨軟部腫瘍を中心に諸臓器における腫瘍の病理組織形態と生物学的特性の解析を主な研究テーマとしています。

1.ヒト骨軟部腫瘍の臨床病理学的ならびに分子遺伝学的解析

2.消化器系癌(膵癌など)の臨床病理学的研究

3.職業性肺疾患および職業癌の組織病理学的研究

・キーワード:骨軟部腫瘍、遺伝子、染色体、病理学

骨軟部腫瘍とは

主に骨および骨格外の非上皮組織(筋、皮下脂肪など)に発生する中胚葉(一部神経外胚葉)組織が起源と考えられる腫瘍で、その発生頻度は概して低いにもかかわらず極めて多彩な組織型・亜型が存在しています。発症年齢は主に小児に発生するものから中・高齢者により多く生じる腫瘍までと幅広く、また生物学的態度も良性の腫瘍ないし腫瘍様病変をはじめ、良悪性中間的腫瘍、さらには悪性腫瘍(肉腫)と多岐にわたっています。腫瘍の組織型によって治療方針や患者さんの予後が大きく異なるため正確な病理診断が重要になりますが、先のような理由で病理診断が一般に困難な分野の一つとされています。近年染色体・遺伝子解析技術の進歩とそれによる知見の集積により、骨軟部腫瘍の中に特定の染色体相互転座や環状染色体などの異常やそれらによって構成される融合遺伝子(キメラ遺伝子)をもつ腫瘍が少なからず存在することが明らかになってきています。それらの染色体・遺伝子の異常は腫瘍の組織型に比較的特異的に検出され、また腫瘍における発生要因の有力な候補と考えられています。一方、それらの腫瘍特異的な異常に着目し、RT-PCRやFISHなどの技術を用いて腫瘍診断への応用が試みられています。当教室では多彩な骨軟部腫瘍を収集して詳細な形態学的解析を行うと共に、腫瘍特異的染色体・遺伝子異常の検出法の腫瘍診断への応用性について検討を行っています。

軟部腫瘍診断の一例

R6082-01のコピー.jpgR6082①.jpg

図3.jpg図4.jpg
腹直筋内に生じた6cm大の腫瘍。手術検体では、境界明瞭な白色の結節性病変が腹壁脂肪組織内に認められる(左上)。組織学的には、紡錘形細胞が粘液に富む粗な部分と線維に富む密な部分とが混在して増殖している(右上)。本腫瘍に対し、RT-PCR法による遺伝子検索(左下)および遺伝子産物のシークエンシング(右下)を行い、本腫瘍がFUS-CREB3L2融合遺伝子を有する、低悪性度線維粘液肉腫(Low-grade fibromyxoid sarcoma)であることが確認された。

 

実施中の研究

課題名:ヒト固形腫瘍における新規分化関連マーカーの探索に関する研究
(倫理申請承認:第H25-169号)


実施責任者:教授 久岡 正典


概要:骨軟部腫瘍をはじめとするヒト固形腫瘍は、腫瘍細胞の示す分化の方向に基づいて細かく分類されており、そのような特定の分化を顕微鏡下で見出すことがそれらの病理診断の基本となっていることに加え、腫瘍のタイプに応じて治療法が異なることもある。しかしながら、通常の顕微鏡観察のみでは腫瘍の分類や診断が困難な場合があるため、種々の抗体(マーカー)を用いた免疫組織化学を診断に応用しているのが現状である。近年の基礎的研究の蓄積によって特定の細胞の分化を表す新たなマーカーが見出されてきていることから、本研究ではそれらが種々のヒト固形腫瘍の病理診断に応用可能なマーカーとなりうるか否かを検証する


期間:平成26年1月〜平成31年12月(期間延長)

成果公表論文:Shibuya R, Matsuyama A, Nakamoto M, Shiba E, Kasai T, Hisaoka M.
The combination of CD99 and NKX2.2, a transcriptional target of EWSR1-FLI1, is highly specific for the diagnosis of Ewing sarcoma. 
Virchows Arch 465(5): 599-605, 2014.


※被験者の方へのお知らせ

 


課題名:次世代シークエンシングによる骨軟部腫瘍特異的融合遺伝子検出の試み

(倫理申請承認:H27-018号)

 

実施責任者:教授 久岡 正典

 

概要:日常の病理診断に難渋することの多い骨軟部腫瘍において、今日補助的診断法として一部に応用されている腫瘍型に特異的な融合遺伝子の検出を、病理診断の現場で入手可能なホルマリン固定パラフィン包埋組織と近年開発されている次世代シークエンス技術を用いて行い、その実行可能性を検証すると共に、未知の融合遺伝子のバリエーション(亜型)についても検出を試みることによって、今後の骨軟部腫瘍診断の向上を図る。

 

期間:平成274月〜平成303

 

 

課題名:レアメタル(希土類元素)ランタンの生体内における分布様式とその臨床病理学的意義に関する研究

 

(倫理申請承認:第H27-104号)

 

実施責任者:教授 久岡 正典

 

概要: 希土類元素は現在、発光ダイオードなどの電気機器や、研磨剤などの機械工業製品の原材料の一部として必要不可欠な材料であるが、近年希土類元素の一つであるランタン(La)の高効率リン吸着作用が着目されている。透析患者に高率に発症する高リン血症治療薬として本邦では炭酸ランタンが2009年に認可され、現在では国内外を問わず臨床現場で広く使用されている。副作用の少ない高効率のリン吸着剤として利用されてきた炭酸ランタンであるが、ごく最近ランタン服用患者の胃や十二指腸粘膜に多量のLaが沈着し、La服用中止後も長く排除されないことが報告された。しかしながら、胃・十二指腸へのLa沈着と背景の病態との関連性や、長期La沈着による副次的病変の発生などについての報告はきわめて少ない。La反復投与によるLaの生体内蓄積の機序と生体内分布様式、臨床病理学的意義について検討することが本研究の目的である。

 

 

期間:平成2710月〜平成31年3月(期間延長)

 


*上記の研究ではいずれも原則的に産業医科大学病院の患者様から提供・採取された試料を利用させて頂きますが、それらは全て匿名化された上で取り扱われ、個人情報の管理と保護を徹底いたします。したがって、患者様ご自身の試料がこれらの研究に利用されているか否かおよび研究結果については個別に通知されることはありませんし、試料を含め情報が第3者に譲渡されることもありませんが、もしこれらのことについてお尋ねされたい場合や研究への参加を拒否されたい場合には当講座までご連絡下さい(「第1病理学 その他のページ」をご覧下さい)。

 


更新日:2017年12月5日
文責:第1病理学 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.