第1解剖学 研究内容

研究内容 

 

1)骨代謝および骨粗鬆症の形態学的解析 

 

2)咀嚼刺激によるストレス緩和の神経科学的解析 

 

3)計算解剖モデルの構築 

 

4)脂肪酸結合タンパク質(FABP)の発現解析 

 

5)免疫組織を中心にしたFABPの機能探索

 

6)リンパ組織の構造と機能

 

 

HP用図.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.