第1解剖学 教育内容

 

 教育内容

 

(1)医学部教育

 当講座では主に肉眼解剖学と神経解剖学を担当しています。医学部2年次前学期に解剖学の講義と骨学実習、脳実習を行ないます。2年次後学期に人体系統解剖学実習を行います。解剖学総論、骨学・関節学、筋学、および神経解剖学の講義を通して、人体構造の真髄を系統的に説明します。それに続く骨学実習、脳実習、および人体系統解剖学実習において、医学生が自ら人体を構成する各臓器を剖出・観察・理解します。解剖学実習を通して、学生諸君は人体構造の知識習得だけでなく、人体の神秘を実感し、その生命観と倫理観を涵養することにもつながります。

 主な教育内容:

1年次

  総合教育セミナー(前・後学期)

2年次

  解剖学講義と実習

3年次

  基礎研究室配属

 

(2)コメディカル教育

 解剖学は、コメディカル教育においても重要な基礎教科です。特に、人体解剖学実習の見学は、人体構造の各論的知識を得るだけでなく、生命の尊厳と人格の尊重を認識させ、将来医療従事者としての使命感を自覚させます。当講座は、本学産業保健学部看護学科をはじめ北九州市内の各種医療系専門学校の解剖学実習の見学を支援しています。

 

(3)大学院教育

 人体の精緻で巧妙な仕組みを肉眼解剖学、顕微解剖学、細胞・分子生物学、行動学などの手法を駆使して多角的に学習し、マクロ・ミクロレベルで人体の構造と機能の理解を深めます。

 主な教育内容:

   1)解剖学特論

   2)解剖学演習

   3)解剖学実習

   4)解剖学論文指導

 

 

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.