微生物学 研究内容

   微生物学の進歩はめざましく、これまでに各々の病原微生物の引き起こす感染症が次々に明らかにされてきました。一方で、ヒトや動物は多くの微生物と共同して生命体を構築しており、その微生物叢は健康維持あるいは様々な疾病の発症に重要な関わりを持っていることが注目されるようになりました。

   当教室では、微生物の生態を捉えることによって病原性を解明する研究を目指しています。とくに、臨床的見地やフィールドワークを重視しながら、広い視野でヒト生体内や環境における微生物叢を知り、その場における微生物同士あるいは微生物と生体との相互作用を明らかにすることにより、病原微生物の真の生態と病原性に迫りたいと考えています。

 

 

 

  現在次のような研究テーマに取り組んでいます。

 


 結核菌の再熱機構の解析

   結核菌と同じ抗酸菌の仲間であるスメグマ菌はマクロファージ内で増殖しませんが、細胞内増殖性をもつ株を見出しました。結核菌の細胞内生残機構を明らかにするため、このスメグマ菌を用いてマクロファージ系株化細胞内での生残性について解析を行っています。

 

 

 網羅的細菌叢解析

   網羅的細菌叢遺伝子工学的解析システムを構築し、産業医大病院および関連病院等の患者様の検体の細菌叢を解析しています。この細菌叢解析手法は様々な臨床科で診療治療や臨床研究に役立ててもらっています。また、様々な環境試料中の細菌叢を調べ、試料の理科学的性状と環境微生物叢との相関に関する研究を行っています。


 

 エアロゾルの微生物評価

   産業保健学部第1環境管理学教室の石松維世先生との共同研究です。エアロゾルを採取し、その中に含まれる微生物の数や種類を遺伝子工学的手法で検証しています。

 

 

 レプトスピラ感染症の疫学、病態解明、診断・予防法の開発

   レプトスピラ症は世界最大の人獣共通感染症の1つです。選択剤を組み合わせることにより環境中のレプトスピラの分離が可能になり、土壌中に高率に生息していることがわかってきました。フィリピンなど海外の流行地との共同研究を行いながら、環境中でのレプトスピラの生態について研究を進めています。また、不明な点の多いレプトスピラの病原因子や感染症の病態についても解明を進めています。

 

 

 劇症型A群レンサ球菌感染症の病態解明

   劇症型A群レンサ球菌感染症は、健康人が突然発症し、進行が早く、死亡率も30~80%と非常に高い感染症です。わが国では患者数は増加傾向ですが、その発症メカニズムについては十分に解明されていません。私達の見出した動物モデルを用いて、発症メカニズムを研究しています。

 

 

 小児のA群溶血性レンサ球菌性咽頭炎の細菌学的解析  

   小児のA群溶血性レンサ球菌(いわゆる「溶連菌」)による咽頭炎に対しては、続発症の予防、化膿性合併症の予防、臨床症状の早期改善、本菌の伝播防止などを目的として抗菌薬療法を行います。第一選択薬はペニシリンですが、治療終了後に再発する例が10-20%にみられ、なかには何度も繰り返すことがあります。これが、生き残った菌による「再燃」なのか、新たな別の菌による「再感染」なのか判別することは通常困難です。そのため治療医は、再度ペニシリンを投与してよいのか、それとも別の抗菌薬に変更すべきか、迷うことも少なくありません。そこで、小児咽頭炎(再発例を含む)から分離したA群溶血性レンサ球菌の保存株について、遺伝学的・分子疫学的解析を行い、今後の治療指針に役立てる研究を行っています。

  

「2012年11月~2014年4月に広瀬小児科医院(佐賀市中の小路)においてA群溶血性レンサ球菌(溶連菌)の咽頭炎と診断された患者さんならびに保護者の方へお知らせ」

 

 

 レジオネラの発する蛍光を利用した検出装置の開発

   レジオネラは、浴場やアロゾルの発生する職場環境に潜んでいます。豊橋技術科学大学との共同研究で、マイクロ流路を利用したレジオネラ検出装置の開発を行っています。

 

 

 

  << ご連絡・お問い合わせ先 >>

産業医科大学医学部微生物学教室
〒807-8555
北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
電話 : 093-691-7242
FAX : 093-602-4799

 

TOPへ戻る


   【文責:微生物学 更新日:2017年6月14日】


Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.