皮膚科学

17産業医科大学皮膚科学教室

歴史と理念


 

─産業医科大学皮膚科学教室の歴史と理念─

 

 

産業医科大学皮膚科学教室は産業医科大学の開校とともに1978年4月に開講し、またその年の7月に附属病院での診療を始めました。初代教授として西尾一方先生が赴任され、教室の礎を築かれ、現在北九州市を始めとする近隣で皮膚科医として活躍されている多くの先生方を指導されました。産業医大皮膚科における臨床と皮膚病理の卓越性は西尾先生に始まったと言えます。1988年1月から第二代教授の旭正一先生が赴任されました。先生は産業医学における皮膚科学の位置を明らかにされ、職業性皮膚疾患、環境性皮膚疾患について多くの講義をされました。2002年11月からは、戸倉新樹先生が教授に就任され精力的に臨床、研究を推進されました。2013年4月から中村元信が教授に就任いたしました。
 産業医科大学皮膚科学教室は、皮膚科学を教え、研究を行っております。特に後期臨床研修に相当する期間では集中的に臨床教育と研究の手ほどきを行い、それ以降はさらに専門性の高い臨床教育・研究を一丸となって実現しています。研究テーマとしては、皮膚免疫・アレルギー、リンパ腫・黒色腫、再生医学などです。産業医科大学は産業医を育てる目的大学です。その中の臨床科でありますので、当然、皮膚科では産業皮膚科学も教え、またそれに関する研究をしています。
 産業医大皮膚科は、高度な先進的医療を提供し、かつ地域医療を担うという面も持っています。従って臨床的に皮膚疾患全般を扱っています。とくにアトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚疾患、光線過敏性疾患、皮膚リンパ腫、悪性黒色腫、脱毛症、皮膚真菌症などの疾患は当科が専門とするところです。また皮膚外科も盛んで、多くの様々な手術を行っています。
 活き活きとした環境で伸び伸びと臨床、研究、教育を行うことは産業医科大学皮膚科学教室の目標とするところです。産業皮膚科学を土台として、臨床的研究が深みを持って達成されることを目標としております。

 

 

 Information

  • 2007年10月1日より職業性皮膚疾患NAVIが開設されました。
    詳しくは「職業性皮膚疾患NAVI」をご覧ください。

 

 

受診される方へ入局案内

 

Uターン、Jターンを考えているあなたに

 

     

 更新履歴

 

  •  2016.    9.  29     研究会・学会を更新しました
  •  2016.    8.   2     スタッフ紹介を更新しました
  •  2016.    7.  13  研究会・学会を更新しました
  •  2016.    5.  17  業績を更新しました
  •  2016.    5.   6     研究会・学会を更新しました
  •  2016.    4.   6     研究会・学会を更新しました
  •  2016.    4.   5     スタッフ紹介を更新しました 
  •  2016.    2.   1     スタッフ紹介を更新しました           
  •  2016.    1.  21  スタッフ紹介を更新しました                                             

  

 

 問い合わせ先

  産業医科大学医学部皮膚科学教室

  〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
  メールはこちらへ



 

文責:産業医科大学医学部皮膚科学教室     更新日:    2016. 9. .29