法医学 その他

解剖室紹介

 法医学解剖室の概要 (1993年7月竣工)

 

  設計主旨

   (1)全ての人体材料を潜在的感染源と考え対処する(universal protection)。

   (2)従来わが国の解剖室が見学者などに与えていた暗いイメ-ジを払拭する。

   (3)解剖従事者の動き易さを優先させる。

  

 構 造

 

  鉄筋コンクリート造り地上3階建,建築面積:411.28平方メートル,延べ床面積:1096.31平方メートル。

  法医解剖の設備は2階の全フロアーを占めている。

 
 その内訳は, 1:剖検室 98平方メートル,2:前室 31.5平方メートル,3・4:更衣室・準備室およ

 びシャワー室50.5平方メートル,5:法務官室 17.5平方メートル,6:遺族控え室 15平方メート

 ル,7:標本室 24平方メートル,8:分析室18平方メートル,9:遺体安置室 21平方メートル,暗

 室 7.5平方メートル,その他 128.3平方メートルである。
 
            

  空調設備 

   ご遺体は,教育棟1階玄関からエレベータで2階の遺体安置室に搬送される。

  分析室は,解剖中にアルコールおよびトルエンおよび一酸化炭素ヘモグロビンなどルーチン

 の検査を解剖と平行しながら行えるよう,剖検室に連続の部屋とした。

  剖検室の床は,ホルマリン燻蒸滅菌を行うため,耐薬・耐水性のエポキシ系塗床とし,水で

 洗い流さない乾式を採用している。したがって,床に排水溝は設置されていない。

 壁および天井もホルマリン燻蒸滅菌のため,密閉度の高いシールド工事を行っている。北向き

 の壁ほぼ全面に広くとった窓は,気密性保持のために完全エアタイトとなっている。 解剖台(L

 字型)と同形状の照明(ナトリウム灯と蛍光灯の併用方式)も埋め込み式のエアタイト方式であ

 る。前室,遺体安置室および剖検室の入り口も全てエアタイト方式となっており,自動扉で壁埋

 め込みのフットスイッチを採用している。
  注意:現在ホルマリンガスによる燻蒸は,その発ガン性のため行っていない。  

 

  解剖終了後,床の0.5%の次亜塩素酸溶液での消毒を容易にするため,コーナーにできるだ

けRを取るようにした。また,空気中のエアロゾル対策に殺菌灯を8箇所取りつけ,片付け終了

後退出する際,殺菌灯の点灯をタイマーで行うようにした。解剖従事者と見学者の行動範囲を

区別するため,床に汚染ゾーン(イエロー)および非汚染ゾーン(グリーン)を設け,色分け区別

した。なお,非汚染ゾーンに移動式の見学台を置いている。

 

   屋上に法医解剖室専用の空冷ヒートポンプチラーを設置し,ポンプを用いて冷温水を循環さ

 せ,3階の機械室に設置した空調機の空冷ヒートポンプパッケージにより空調を行う。剖検室と

 その他の諸室の空調を分けて行うために,1つの空調機に2系列のダクトを分割接続した。剖検

 室系列ダクトには,単独で温度調整ができるように冷温水コイルを設けた。
  感染防止対策の観点から,剖検室の気密性(陰圧5.0cmHg)を高める必要性があると同時

 に,燻蒸消毒によるホルマリンガスの剖検室からの漏出を防ぎ,かつ剖検室の消毒時にも他

 の諸室の空調が継続できるように,剖検室の送風・排気ダクト途中に高気密モーターダンパー

 を設置し,これと連動した空調機の送風・排気量調節を可能にした。また剖検室の排気系を他

 の諸室の排気系から独立させて,屋上に排気処理装置を設け,各種フィルター(別注)によって

 汚染を除去した後,大気中への排出を行っている。
  このことにより,剖検室単独で空調の調節が可能となり,燻蒸消毒後の剖検室単独の排気も

 可能となった。解剖台周辺は,特に解剖中に巻き上げられた鋸くずなどのエアロゾルなどが問

 題となるため,給気を天井面からダウンフローして,解剖台下側面より排気するシステムを採用

 している。
  さらに,剖検室の壁面の2箇所にも排気口を設けている。また,剖検室とその他の諸室の空

 調制御盤を後述する排水滅菌システム制御盤とともに1箇所に集め,監視・操作が容易にで

 きるように配慮されている。

 

  別注 : ケンブリッジフィルターユニット HC-033 を使用。そのユニットでプレフィルター(可洗

 不織布),高性能フィルター(効率:DOPテストで99.9%以上),中性能フィルター(効率:NBS法で

 90%以上)の3種類のフィルターを用いている。

 

 給水・排水処理設備

  給水は高架水槽による重力方式とし,給湯は瞬間湯沸器による局所方式として必要箇所に

 供給した。排水は汚水,雑排水,剖検排水および化学系排水の4系統に分類し,化学排水を除

 いた排水は既存排水管へ接続放流し,化学系排水は既設化学排水桝へ放流している。ただ

 し,剖検室、前室およびシャワー室から排出される汚水はすべて以下に述べる殺菌処理システ

 ムを通じて,殺菌した後に既存排水管へ放流される。

 

 排水殺菌処理システム

  剖検室,前室およびシャワー室からの排水・排液は、まず貯留タンク(容量4トン)を経て殺菌

 タンク(容量500リットル)に貯留される。殺菌タンクが満タンになると自動的に供給弁が閉じられ

 て蒸気弁が開き,熱交換器を通じて加熱滅菌が行われる。殺菌タンクが満タンになり自動的に

 供給弁が閉じられた時点で,これ以上の汚水は貯留タンクに貯留される。

  殺菌は100℃で20分間行われ,殺菌終了後に蒸気弁が閉鎖して5分間自然冷却した後に,排

 水弁が開き排水される。その際,シスタンクから冷却水が混合され,30℃程度まで冷却された

 排水が既存排水管へ放流される。この一連の排水殺菌行程は約40~50分間で終了する。

  以上の行程が終了した5分後に供給弁が開き,貯留タンクに貯留されている残りの汚水が殺

 菌タンクに流入し,引き続き加熱滅菌が行われる。残りの汚水が少なく殺菌タンクが満タンにな

 らない場合は洗浄行程になり,殺菌タンクを洗浄水で満タンにして加熱殺菌した後,冷却放流

 され排水殺菌システムの全行程が終了する。

  これら一連の行程の管理は,自動的に排水滅菌システム制御盤で行われると同時に学内の

 中央監視室にもこれら一連の動きが監視できるシステムとなっている。

 

 感染防止対策

  剖検時の着衣および防具については,感染防止対策に紹介している方法に準じて実施してい

 る。なお,剖検用ガウン、キャップおよびマスク、手袋は使い捨てを用いている。

  使用済みのガウンおよび手袋などはバイオハザード用ポリ袋に入れケーブルタイで結び,さら

 にバイオハザード用ポリ袋に入れ二重にして,、大学所定の廃棄場所に排出している。

  ピンセットやハサミなどの器具は0.5%次亜塩素酸ナトリウム溶液で,防水エプロンは70 %ア

 ルコ-ル・スプレ-で滅菌している。前室には,自動手指消毒器(70%アルコール使用) および

 自動手指乾燥器を設け,殺菌灯も取りつけた。長靴は,解剖後0.5%次亜塩素酸液で 消毒後,

 専用収容台で乾燥保管する。

  更衣室には,シャワールームを男女別に設置した。また入出のラインが交差しないように前室

 および更衣室・準備室まで通路の床も剖検室と同様に色分け区分されている。

  剖検室は,解剖終了後フロアーを0.5%次亜塩素酸ナトリウム溶液で消毒し,解剖室から退室

 後,紫外線殺菌灯による殺菌を行なっている。

 

 その他

  感染防止対策の着衣を身につけ長時間剖検に従事するので,解剖室の温度を20℃前後に

 保つことが必要である。温度が20℃以上になると長時間作業に伴う疲労が格段に増大する。空

 調管理を完全に行える剖検室が,感染防止対策実現の最低条件であると考えられる。

  また,使い捨てのガウンなどを使用するため,一回の剖検に約1万円程度の消耗品費が必要

 となる。剖検のランニングコストも年間計画に組み込んでおく必要がある。

 

        文責:法医学教室 更新日:2012年4月2日

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.