研究内容 Research areas

 免疫学分野 Immunology

テーマ

1. 細胞内シグナル伝達に関する研究 (特にIL-1シグナル、NF-κB活性化機構について)

Studies on intracellular signal transduction focusing on IL-1 signaling and NF-κB activation

 

2. 海藻・漢方薬などに含まれる細胞活性化物質および抗癌剤候補の探索

Screening of cell activating substances and anti-tumor drug candidates from seaweeds and Chinese traditional medicines

 

3. 神経栄養因子の一つであるBDNFによる制御性T細胞の誘導に関する研究

Studies on Treg induction mechanisms by BDNF

 

4. 化学物質の過敏反応(職業性アレルギー、シックハウス症候群)を免疫反応及び転写因子の観点から解析し、バイオマーカーを探索

Studies on hypersensitivities to chemicals from the view of immune responses and transcription factors, and screening of biomarkers for their diagnosis

 

5. 黄砂およびPM2.5による生体影響の動物モデルを用いた解析

Studies on biological effects of Asian sand dust and PM2.5 using experimental animals

 

研究内容のキーワード

免疫担当細胞、アレルギー、自己免疫、腫瘍免疫、神経と免疫、重金属

 

 寄生虫学分野 Parasitology

テーマ 

1. 寄生蠕虫の免疫修飾作用および抗炎症作用の実験的研究

Experimental studies on immunomodulatory and anti-inflammatory properties of parasitic helminths

 

2. 多包条虫の感染経路に関する研究

Studies on infection route of alveolar echinococcosis

 

研究内容のキーワード

住血吸虫、条虫、線虫、免疫修飾、自己免疫、アレルギー

 

診療科目

 海外渡航者・帰国者のための診療・健康相談を行っています。(木曜日、第一内科外来)

  

 また、寄生虫感染症の検査・治療に関する相談(医療関係者向け) も行っています。

 

  メール メール相談  t-kana@med.uoeh-u.ac.jp (教授 金澤 保)

  

 

    更新日 2015.4.16. 文責 長田

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.