教育研究支援施設

教育研究支援施設は、より一層の教育・研究効果が得られるように、図書館と共同利用研究センター、動物研究センター及びアイソトープ研究センターの有機的な連携のもとに組織された教育・研究施設です。

図書館

  図書館は、総面積2,480㎡の施設規模を有し、図書閲覧室のほか、各種視聴覚資料閲覧図書館.gif

設備も備えています。
   本館は、大学の教育、研究及び診療活動に必要な図書・雑誌・視聴覚・電子媒体等の資

料を計画的に収集しています。
   利用者サービスについては、カウンターでの図書館資料の貸出しはもとより、図書館]ホー

ムページを開設し、学内外からも自由に本館所蔵資料の検索ができるほか、Web of Science、MEDLINE、CINAHL、メディカルオンライン、医中誌Webなど医学情報コンテンツ検索及び電子ジャーナル・電子ブックを導入し利用者への便宜を図っています。
   さらに、産業医学関連資料及び産業医学新着図書の専用書架を設け、産業医学関連情報の収集提供にも努めています。また、本学教員の研究業績データベースの運用を行っています。


共同利用研究センター

  医学・生命科学に関する研究分野は、より専門化・細分化しており、これに伴い研究環境人工気候室.jpg

も大きく変化していることから、共同利用研究センターでは、高機能・高性能の科学計測機器

及び特殊環境における実験を行うために必要な機器・設備(無響室、気圧環境調節室、人工

気候室等)を備え、共同利用の研究施設として、産業医学分野における教育・研究はもとより

多様化した研究に対応できるようにしています。

動物研究センター


  医学の進歩とともに動物実験の重要性は著しく増大しており、これに応えるため動物研究動物センター.gif

センターは、一般的な純度をもつコンベンショナル動物や特殊な病原体を持たないSPF動物

を飼育し得る施設となっているほか、組換えDNA実験のような特殊な実験も行えるようにな

っています。
  また、遺伝子の個体レベルでの機能解明に応えるため、遺伝子改変動物の飼育施設も備

えています。そのほか動物実験用の感染実験室、吸入曝露実験室、人工気象室、光環境実

験室、医動物実験室、X線照射室、無響実験室など産業医学に対応する施設を備えています。


アイソトープ研究センター

 アイソトープ研究センターは、法律の規制の下で放射線同位元素(RI)を用いた研究実験、

学生実習、RI等取扱者の教育訓練等を行うための施設です。このため、RIの種類、実験の性

質等により、できるだけ個別に実験を行い得るように、多くのRI使用室を設けるとともに、RIを

用いた遺伝子組換え実験が可能なバイオハザード実験室などの最新設備も完備されていま

す。
   また、学生実習や教育訓練において実習生と研究者との交錯が無いように考慮されてい

ます。さらに、自動入退室管理システムの導入により、各研究者の自主規制のもとにいつでも実験が行えることを基本としています。

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.