修学資金貸与制度について

修学資金貸与制度は、産業医学への道を志し、学校法人産業医科大学の趣旨・目的に沿った産業医等を志向する学生の学業取得を経済的に援助することにより優れた産業医及び産業保健従事者を育成し、産業医学の振興と職場における労働者の健康確保の充実に寄与することを目的として、昭和53年4月に学校法人産業医科大学の開学と同時に本制度が創設され、学校法人産業医科大学の学生を対象に修学資金を貸与している制度です。

 

この制度に関する貸与規則(規程)や、貸与を受けた卒業生(猶予中の方)から当財団へ提出して頂きます関係書式及び同書式の記載例等を 「医学部」「産業保健学部」 毎に掲載してあります。
また、医学部卒業生で猶予中の(卒後1年以上経過した)皆様には、義務年限等に関する情報を提供していますので参考にしてください。

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.