平成28年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 605 394 432 639 1,011 1,281 2,372 4,079 3,163 917
2016年度、当院はのべ14,894名の入院診療を行いました。年齢も、0歳から90歳以上まで幅広く、 受診していただいております。
北九州医療圏唯一の特定機能病院として、今後も科学的根拠に基づく安全かつ質の高い医療を提供します。

※昨年度の退院患者数よりも減少していますが、全国的に入院患者が減少している傾向が影響しています。
※年齢は入院時の年齢を基に集計しています。
※入院後24時間以内の死亡された症例や生後1週間以内に死亡された症例は、厚労省の公開ルールで集計対象外となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
膠原病リウマチ内科、内分泌代謝糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470XX99X4XX 関節リウマチ 手術なし処置等2 4あり 148 5.4 13.3 1.4 56.4
070560XX99X0XX 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし処置等2なし 133 19.6 17.8 12.8 57.1
070470XX99X0XX 関節リウマチ 手術なし処置等2なし 60 8.0 14.5 0.0 65.2
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)末梢循環不全なし 手術なし処置等2なし, 副傷病なし, 重症度等85歳未満 50 15.8 11.5 0.0 54.1
100180XX99000X 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等2なし, 副傷病なし 46 7.1 6.1 0.0 56.2
膠原病リウマチ内科では、
関節リウマチに対して生物学的製剤やJAK阻害剤などを導入する際には短期入院していただいて、
リスクの管理、適応と製剤決定を行っております。
また、「全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患」は、全身性エリテマトーデスをはじめとした膠原病や血管炎症候群などを含みます。
内分泌代謝糖尿病内科では、2型糖尿病の教育目的での入院が多く、他にも多くの内分泌疾患に対応しております。
「副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍」はクッシング症候群、アルドステロン症などを含みます。
循環器内科、腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070XX01X0XX 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術, 処置等2なし 119 5.9 5.5 0.0 65.3
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等, 処置等1なし、1,2あり, 処置等2なし, 副傷病なし 118 5.0 4.7 3.4 71.3
050050XX99200X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし処置等12あり, 処置等2なし, 副傷病なし 115 3.4 3.2 0.8 70.5
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし処置等11あり, 処置等2なし, 副傷病なし 110 3.6 3.1 1.8 70.0
110280XX02X1XX 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等, 処置等21あり 62 27.2 37.1 17.7 71.9
第2内科では、虚血性心疾患に対する心臓カテーテル検査(左心カテーテル、右心カテーテル、血管内超音波検査等を含む)、頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術、徐脈性不整脈に対するペースメーカー移植術、慢性腎炎、慢性腎不全に対する腎生検が上位5疾患でした。他に、閉塞性動脈疾患や急性心筋梗塞、弁膜症、心不全、ネフローゼ症候群等の疾患治療が上位を占めていました。循環器病、腎臓病の幅広い分野に対応出来ており、かつ様々な疾患への素早い心腎連携治療も可能となっているのが特徴です。
消化管内科、肝胆膵内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050XX97X0XX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり, 処置等2なし 138 8.4 11.7 3.6 72.5
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等, 処置等2なし, 副傷病なし 97 7.4 11.1 11.3 75.4
060020XX04X0XX 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術, 処置等2なし 50 8.2 9.0 0.0 76.2
060050XX99X00X 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし処置等2なし, 副傷病なし 43 4.4 10.3 7.0 71.6
06007XXX97X00X 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり, 処置等2なし, 副傷病なし 29 7.2 14.7 3.4 70.6
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし処置等2なし, 副傷病なし 54 6.4 6.2 9.3 0.0
140010X299X0XX 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし処置等2なし 39 12.8 11.6 0.0 0.0
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし処置等2なし, 副傷病なし 38 7.4 5.8 0.0 7.0
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 28 6.4 6.0 3.6 5.2
130170XXXXXXXX 血友病 23 7.8 11.6 0.0 15.4
「妊娠期間短縮・低出生体重に関連する障害(出生体重2500g以上)、手術なし処置等なし、副傷病なし」
2500g以上でお生まれになった赤ちゃんで、先天的な病気や、呼吸障害、予期せぬ異常があったため治療が必要になった赤ちゃんを示しています。赤ちゃんが入院する NICU(neonatal intensive care unit; 新生児集中治療室)では早産児の全身管理や人工呼吸器などを使用した呼吸障害の治療はもとより、低体温療法、NO吸入療法、 血液浄化療法など高度な治療を幅広く行っています。一方、GCU(growing care unit;新生児治療回復室)では退院後の赤ちゃんとの生活へスムーズに移行できるような 環境づくりと多職種による育児支援を積極的に行い、家族が暮らす地域との連携を積極的に図っています。また、院外の分娩施設で、出生後の赤ちゃんの具合が悪い ときは当院の医師が診察に行き、赤ちゃんの搬送を行ったり、未熟児網膜症の治療のため県外から赤ちゃんを受け入れたりしています。

「妊娠期間短縮・低出生体重に関連する障害(出生体重1500g以上2500g未満)、 手術なし処置等な し、副傷病なし」
 妊娠期間が37週未満で生まれた赤ちゃんは早産児、2500g未満で生まれた赤ちゃんは低出生体重児と診断されます。(なお、出生体重が1000g未満であれば超低出生体重児、1500g未満であれば極低出生体重児と診断されます)。早産児、低出生体重児は出生後に呼吸障害や低血糖などの問題が起こることが多いためNICU(neonatal intensive care unit; 新生児集中治療室)に入院して治療を受けます。短期間の点滴や酸素、人工的な呼吸補助を必要とすることありますが、多くの赤ちゃんが予定日頃までには退院できます。入院中もカンガルーケアや直接授乳の介助などを積極的に行い、お母さんと赤ちゃんが退院後の生活へスムーズに移行できるようにサポートを行っています。

「肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未 満)処置等2なし」および「急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(そのほか)手術なし処置等2なし、副傷病なし」
気道感染症は、小児の感染症でもっとも頻度が高く、当科にも多くの患者様が入院され、加療を行っています。当科の特徴は、健常な小児だけでなく、基礎疾患を有 する小児も多く入院していることです。しかし、基礎疾患を有する小児においても気道感染症の原因に大きな変化はないため、基礎疾患の有無にかかわらず、標準的 な治療を行い良好な経過が得られています。入院期間もほとんどが1週間以内であり、早期に自宅でも対応可能な治療に変更する方針のもと診療を行っています。

「血友病」
 血友病は凝固第VIII因子または凝固第IX因子の欠乏により、出血がおこりやすくなる病気です。小児料では血友病を中心とする出血性疾患のトータルケアに重点をおいており、整形外科、リハビリテーション料、歯科口腔外料とも連携し、北部九州血友病センターとして出血性疾患を多方面から診療しています。入院は23例で出血時や周術期の止血治療、自己注射の教育、リハビリテーションなどを行っています。自己注射の教育はかかりつけ医療機関と連携し、九州全域からの依頼を受けています。上記の23 例には含まれていませんが、内科や外料、整形外料などに入院された血友病の方の処置や手術前後の上血治療も小児科で行っています。
消化器・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等, 処置等1なし, 処置等2なし, 副傷病なし 60 7.4 7.6 1.7 62.5
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等, 処置等1なし, 処置等2なし, 副傷病なし 60 15.5 15.9 1.7 69.1
060020XX02X0XX 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等, 処置等2なし 49 15.5 17.6 2.0 70.4
060040XX02X00X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等, 処置等2なし, 副傷病なし 36 16.7 18.0 2.8 68.3
100020XX01X0XX 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等, 処置等2なし 31 7.7 9.3 3.2 58.6
当科は、消化器・内分泌外科を中心に一般外科を担当し、専門疾患を大きく次の4つに分け、各領域に専門医スタッフをおき診療を進めています。
1)食道から胃・十二指腸までの上部消化管
2)小腸・大腸・肛門の下部消化管
3)肝臓・胆道(胆嚢・胆管)・膵臓
4)甲状腺・副甲状腺や乳腺などの内分泌領域

DPCでは14桁のコードにより、同一疾患・手術も細分類され、表記のDPCコードによる症例数が実態とやや異なる印象もありますが、おしなべて上部・下部消化管、肝・胆・膵、乳腺、甲状腺に対する悪性腫瘍手術ならびに化学療法を主体とした診療を行っています。手術としては内視鏡下手術がほとんどとなり、また術前化学療法後の手術も増加傾向にあります。
呼吸器・胸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍 手術あり処置等2なし 179 13.8 12.7 4.5 69.0
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等24あり, 副傷病なし 65 12.2 12.4 0.0 66.3
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1あり, 処置等2なし 45 4.8 3.7 2.2 75.9
040040XX9909XX 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等29あり 36 10.3 10.8 0.0 70.0
040040XX99000X 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等2なし, 副傷病なし 32 10.5 14.8 37.5 71.5
※「肺の悪性腫瘍 手術あり処置等2なし」
肺がんに対して、手術のみを行い、化学療法や放射線治療を行わなかったことを示しています。

※「乳房の悪性腫瘍 手術なし処置等24あり, 副傷病なし」
乳がんに対して、手術をせずに化学療法として、「パクリタキセル」や「ドセタキセル」などの抗がん剤を使用した治療を行ったことを示しています。(手術前に化学療法を実施した症例だけでなく、手術後の継続的な治療として化学療法のみを行っている症例も含まれています。)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 85 21.9 24.4 90.6 70.5
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 77 19.8 26.3 93.5 74.0
070343XX99X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし処置等21あり 60 3.7 3.1 6.7 71.7
070341XX020XXX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等, 処置等1なし 43 18.4 22.7 65.1 70.2
070343XX97X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり, 処置等2なし 41 15.8 18.0 41.5 73.6
近隣の医療機関から保存治療で改善しない脊柱管狭窄症(腰部および頸部)を数多くご紹介していただいています。上位頸椎から仙椎までの全ての脊椎脊髄疾患に対して、脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術を行っています。ナビゲーションシステムを活用して安全に低侵襲で手術を行うことが可能です。通常の手術に加え、顕微鏡手術、内視鏡手術、インストゥルメンテーション手術を積極的に行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり処置等2なし 27 3.4 3.4 0.0 68.8
090010XX05XXXX 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 23 7.3 7.9 0.0 53.5
080180XX99XXXX 母斑、母斑症 手術なし 18 2.1 3.3 0.0 4.7
080150XX97XXXX 爪の疾患 手術あり 17 5.2 5.2 0.0 58.1
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等, 処置等2なし 16 8.2 8.8 0.0 67.4
眼瞼下垂
形成外科では診療科別DPC係数、術式件数共に眼瞼下垂症が1位となりました。これは加齢に伴う眼瞼下垂の治療が知られてきたこと、近隣の眼科よりの紹介が年々増えている結果だと思います。加齢に伴う眼瞼下垂症では一般的に眼瞼挙筋腱膜を瞼板に短縮して縫合する方法を基準に行なっています。これは局所麻酔で行い、手術中に座位になっていただいて開瞼の改善程度を確認して行います。外来手術でも可能ですが、手術当日に十分眼瞼部を冷却、安静にすることで術後の腫脹や紫斑形成が少なくなることを考え、手術前日からの2泊3日手術をおすすめしています。他方先天性眼瞼下垂症では眼科と共同して手術時期を考えますが、2-5歳前後で行うことが多く、大腿筋膜を利用して前頭筋への釣り上げ術を基準に行なっています。小児期の手術であり全身麻酔下となります。また入院期間は筋膜採取部の状態で数日間要しています。

乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術
 乳癌の切除時の再建に人工物を用いる手術が保険収載されました。しかしこの手術は乳腺外科専門医と形成外科専門医が常駐し、またこれら専門医は講習を受け、登録を行った施設認定を受けた施設でのみ治療が可能です。本院は認定施設として登録を受け、現在第一外科と第二外科で乳がんの治療を行なっています。形成外科は両方の科より再建希望がある方に説明を行い、人工物による再建、自家組織による再建を行なっています。手術侵襲が少ないことより人工物による再建を希望する方が増えており、組織拡張器を乳腺外科による乳ガン切除時に形成外科が挿入しています。乳癌手術時に組織拡張器(tissue expander)を挿入するのは乳腺外科医の登録だけで可能ですが、インプラントの挿入は形成外科医の登録施設でしか行えません。そのため、当院乳腺外科で初回手術を行った症例だけでなく、市立医療センター乳腺外科ともタイアップしてインプラント手術を行っています。初回手術、組織拡張器挿入後数ヶ月後に入れ替えを行っています。他方当科では自家組織による再建、乳房再建後の乳輪乳頭形成も行っております。インプラント挿入が上位に入ってないのは組織拡張器挿入より数ヶ月遅れて行うため、年度をまたぐなどして、実際の症例数が同数でないことが考えられます。

母斑・母斑症 手術あり
 母斑、良性腫瘍など皮膚の良性新生物の手術が上位となりました。外来では切除できない巨大な脂肪腫、粉瘤、小児の良性腫瘍、脂腺母斑などが対象です。主に全身麻酔下に切除し、縫合できるものは縫合し、できないものは皮弁形成や植皮を行って閉鎖しています。入院期間は単純縫合や皮弁の場合は2泊3日を、植皮の場合は10日間程度を基準に行っています。形成外科での治療ですのでできるだけ瘢痕が目立たない、最小の侵襲となるような治療を目指しています。

爪の疾患 手術あり
 主な対象疾患は母趾陥入爪です。以前はもっと症例数が多かったのですが、近年保険外診療になりますが矯正ワイヤーによる治療も行っており、外来での簡便な治療が増えました。しかし強度の陥入があったり、また感染を繰り返したりする症例は手術適応であり、依然として件数は多く推移しています。手術は伝達麻酔下で行い、陥入した爪母切除だけでなく陥入した爪床を形成してできるだけ平らで広い爪が形成されることを目指しています。外来でも手術可能ですが、このような手術のため術後の出血、疼痛が出やすいため安静目的で疼痛が取れるまで数日の入院をお勧めしています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010XX01X00X 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等, 処置等2なし, 副傷病なし 39 22.7 22.5 5.1 60.5
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし処置等2なし, 副傷病なし 26 9.6 7.5 26.9 71.3
010230XX99X00X てんかん 手術なし処置等2なし, 副傷病なし 24 6.7 7.1 8.3 54.5
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし処置等2なし, 副傷病なし 24 11.8 19.4 54.2 67.8
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中の発症時期が3日以内 かつ入院時JCS10未満) 手術なし処置等1なし, 処置等24あり, 副傷病なし, 重症度等発症前Rankin Scale 0、1及び2 23 14.1 16.5 26.1 69.5
「脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等、処置等2なし、副傷病なし」
産業医科大学脳神経外科では脳腫瘍の治療に特に力を注いでいます。脳腫瘍には摘出すれば完治する良性の腫瘍から、外科治療後に放射線治療、抗がん剤治療が必要となる悪性度の高い腫瘍まで様々です。当科ではすべての脳腫瘍治療に対する体制が完備され集学的な治療を施行しています。

「頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし処置等2なし、副傷病なし」
交通外傷・転落事故などにより、頭の中に損傷を生じた場合、急激に意識障害が進行することがあり、一刻も早い治療が必要となります。当院では、常時救急車を受け入れており、救急科、集中治療部、麻酔科と連携することにより、迅速な診断、治療を施行しています。

「てんかん 手術なし処置等2なし、副傷病なし」
脳疾患が原因となる症候性てんかんや、薬物抵抗性の難治性てんかんに対する治療を行っています。関連各科、特に神経内科での評価を経て、厳密な適応のもとに手術を含めた治療方針を検討します。

「非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし処置等2なし、副傷病なし」
非外傷性頭蓋内血腫にはくも膜下出血や脳出血などの疾患があります。来院後これら出血の増大を防ぐ治療を早期に開始し、外科的治療の必要性を検討します。運動麻痺などの症状に対しては早期からリハビリを開始し、頭蓋内血腫の原因となる基礎疾患の有無を精査し今後の再発予防に対する治療を施行します。

「一過性脳虚血発作 処置等2なし」
一過性脳虚血発作とは、脳を栄養する血流が一時的に低下し、ろれつ不良、手足の脱力、しびれ、視覚障害などが一時的に出現することです。これらの症状は脳梗塞の前兆であり、点滴などの治療により脳梗塞の発症を予防することが可能となります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080XX01010X 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等, 処置等1なし, 処置等21あり, 副傷病なし 24.7
050180XX97XXXX 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 3.3
050080XX0111XX 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等, 処置等11あり, 処置等21あり 38.9
050050XX01110X 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等, 処置等11,2あり, 処置等21あり, 副傷病なし 27.9
050050XX0151XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等, 処置等15あり, 処置等21あり 28.0
当院では循環器内科、腎臓内科と連携して、循環器疾患の診断、治療が行えるようハートチームを形成しております。その中で、当科は循環器疾患と血管疾患の外科治療を担当しており、心臓疾患で外科治療の対象となるのは弁膜症と狭心症などの虚血性心臓病です。また、血管疾患では大動脈瘤などの大血管から、末梢動脈、静脈疾患まで担当しております。

上記の症例以外にも、「非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等, 処置等21あり」の症例実績もありました。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160XX97XXX0 網膜剥離 手術あり重症度等片眼 88 10.8 10.5 0.0 51.7
020220XX97XXX0 緑内障 手術あり重症度等片眼 53 8.6 9.1 0.0 62.4
020200XX9710XX 黄斑、後極変性 手術あり処置等1あり, 処置等2なし 49 9.0 7.7 0.0 70.1
020180XX97X0X0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり処置等2なし, 重症度等片眼 37 8.9 8.3 0.0 56.8
020200XX9700XX 黄斑、後極変性 手術あり処置等1なし, 処置等2なし 30 8.2 7.7 0.0 66.4
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230XXXXXXXX 扁桃、アデノイドの慢性疾患 46 8.7 8.1 0.0 22.6
030428XXXXXXXX 突発性難聴 45 10.8 9.4 0.0 58.5
030240XX99XXXX 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 40 6.3 5.5 0.0 42.8
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 35 7.7 7.5 0.0 60.1
030440XX01XXXX 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 34 14.9 9.4 0.0 50.0
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010069XX99000X 脳卒中の続発症 手術なし処置等1なし, 処置等2なし, 副傷病なし 40 19.3 10.0 0.0 60.7
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし処置等2なし, 副傷病なし 11 49.5 19.4 45.5 57.2
161040XXXXXXXX 損傷の続発性、後遺症 13.2
010010XX99000X 脳腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等2なし, 副傷病なし 11.5
130170XXXXXXXX 血友病 22.1
「脳卒中後遺症」に対する入院リハビリテー ションとして適応に合わせて上肢機能訓練装置(アームトレーナー、IVES)、経頭蓋直流電気刺激、経頭蓋磁気刺激、下肢機能的電気刺激装置(WalkAide)、懸垂式 歩行器、下肢装具などを用いて、より専門的で先進的な治療に取り組んでいます。

特に記憶障害や遂行機能障害などの専門的な「高次脳機能障害」の診断と治療、ボツリヌス療法を含めた「痙縮」の治療、「嚥下障害」の診断と治療、障害者の職業に関連する能力の評価と職場 復帰の助言・指導・社会復帰に向けた自動車運転適性評価にも力を入れています。

職場復帰後の「治療と就労の両立支援」にも対応しています。さらにCT, MRIの他に神経生理学的検査(筋電図、脳波、誘発電位)、嚥下機能評価(嚥下造影検査、嚥 下内視鏡検査)、三次元動作分析装置により歩行分析などの特殊検査を行っています。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX9902XX 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等2 2あり 10 31.9 24.9 20.0 81.2
070040XX99X2XX 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし処置等2 2あり 24.0
040040XX9905XX 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等2 5あり 19.2
03001XXX99X2XX 頭頸部悪性腫瘍 手術なし処置等2 2あり 33.7
040010XX99X2XX 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 手術なし処置等2 2あり 30.1
放射線科には院内標榜における「放射線科」と「放射線治療科」が含まれております。

放射線科の入院患者数は、主に他院から放射線治療科に直接依頼があった場合で、放射線治療科が主治医として入院管理が必要となった患者数に相当します。ほぼすべてが放射線治療目的の患者であり、全身の癌種が対象となるため疾患病名は多様です。
年間に放射線治療科が施行する放射線治療患者の総数は約870名にのぼり、多くは院内他科からの依頼や外来患者で占められます。放射線科の入院患者の総数43名は、放射線治療を施行した患者全体の約5%とごく一部の患者の内訳となります。


※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110XXXXX40X 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 処置等24あり, 副傷病なし 39 17.7 18.0 2.6 52.3
010090XXXXX00X 多発性硬化症 処置等2なし, 副傷病なし 31 10.3 13.9 0.0 47.3
010160XX99X10X パーキンソン病 手術なし処置等2あり, 副傷病なし 16 22.7 21.2 12.5 74.5
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中の発症時期が3日以内 かつ入院時JCS10未満) 手術なし処置等1なし, 処置等24あり, 副傷病なし, 重症度等発症前Rankin Scale 0、1及び2 13 15.2 16.5 23.1 72.6
010155XXXXX00X 運動ニューロン疾患等 処置等2なし, 副傷病なし 13 18.2 14.1 7.7 66.1
パーキンソン病
中脳の黒質などにあるドーパミンを産生する神経細胞などが、変性して線条体のドー
パミンが減少する進行性変性疾患です。最近の人口の高齢化に伴って有病率が高く
なっています。振戦、筋固縮、動作緩慢、姿勢反射障害が4大症状とされ、初期にはふ
るえ、手足のこわばり、ぎこちない歩き方などで異常に気付きます。適切な薬物
療法を受けることによって症状が改善します。


基底核等の変性疾患
これも上記のパーキンソン病とよく似た症状(筋肉の硬さ、運動ののろさ、歩行障害な
ど)が生じます。大脳皮質基底核変性症や進行性核上性麻痺が代表的な疾患で
す。大脳皮質基底核変性症は、大脳皮質症状(手が思うように使えないなど)が同時に
みられる病気で、身体の左側または右側のどちらか一方に症状が強く出ることが
あります。進行性核上性麻痺は、歩きにくく転びやすい、異常な姿勢(頚部を後屈させ
上半身が後方にそり返る)、動作緩慢といった症状を示し、進行すると眼球の運
動制限、認知症、話しにくい、飲み込みにくいといった症状が出現します。


免疫介在性・炎症性ニューロパチー
介在性・炎症性ニューロパチーには多くの病型がありますが、ギラン・バレー症候群
と慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーが重要な病気です。筋力低下やしびれ感な
どの症状がみられ、電気生理学的検査(神経伝導検査、筋電図、誘発電位検査など)に
より診断を行い、それぞれの疾患に特異的な治療を行っています。ギラン・バ
レー症候群に対する治療は、免疫グロブリン大量療法および血漿交換療法が有効であ
ることが確立されています。慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーは、免疫グロブ
リン大量療法、副腎皮質ステロイド、血漿交換療法などの免疫治療に良好に反応する
ことが多く、時に難治例がみられます。
メンタル神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110XXXXX40X 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 処置等24あり, 副傷病なし 39 17.7 18.0 2.6 52.3
010090XXXXX00X 多発性硬化症 処置等2なし, 副傷病なし 31 10.3 13.9 0.0 47.3
010160XX99X10X パーキンソン病 手術なし処置等2あり, 副傷病なし 16 22.7 21.2 12.5 74.5
010060X2990401 運動ニューロン疾患等 処置等2なし, 副傷病なし 13 15.2 16.5 23.1 72.6
010155XXXXX00X 運動ニューロン疾患等 処置等2なし, 副傷病なし 13 18.2 14.1 7.7 66.1
パーキンソン病
中脳の黒質などにあるドーパミンを産生する神経細胞などが、変性して線条体のドー
パミンが減少する進行性変性疾患です。最近の人口の高齢化に伴って有病率が高く
なっています。振戦、筋固縮、動作緩慢、姿勢反射障害が4大症状とされ、初期にはふ
るえ、手足のこわばり、ぎこちない歩き方などで異常に気付きます。適切な薬物
療法を受けることによって症状が改善します。


基底核等の変性疾患
これも上記のパーキンソン病とよく似た症状(筋肉の硬さ、運動ののろさ、歩行障害な
ど)が生じます。大脳皮質基底核変性症や進行性核上性麻痺が代表的な疾患で
す。大脳皮質基底核変性症は、大脳皮質症状(手が思うように使えないなど)が同時に
みられる病気で、身体の左側または右側のどちらか一方に症状が強く出ることが
あります。進行性核上性麻痺は、歩きにくく転びやすい、異常な姿勢(頚部を後屈させ
上半身が後方にそり返る)、動作緩慢といった症状を示し、進行すると眼球の運
動制限、認知症、話しにくい、飲み込みにくいといった症状が出現します。


免疫介在性・炎症性ニューロパチー
介在性・炎症性ニューロパチーには多くの病型がありますが、ギラン・バレー症候群
と慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーが重要な病気です。筋力低下やしびれ感な
どの症状がみられ、電気生理学的検査(神経伝導検査、筋電図、誘発電位検査など)に
より診断を行い、それぞれの疾患に特異的な治療を行っています。ギラン・バ
レー症候群に対する治療は、免疫グロブリン大量療法および血漿交換療法が有効であ
ることが確立されています。慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーは、免疫グロブ
リン大量療法、副腎皮質ステロイド、血漿交換療法などの免疫治療に良好に反応する
ことが多く、時に難治例がみられます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等, 処置等2なし 73 8.2 8.8 1.4 75.2
03001XXX99X4XX 頭頸部悪性腫瘍 手術なし処置等2 4あり 24 7.6 14.1 8.7 70.2
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 23 10.2 12.0 8.7 70.2
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等, 処置等1なし 21 5.6 4.3 0.0 49.4
080005XX99X1XX 黒色腫 手術なし処置等21あり 17 13.4 10.0 0.0 67.9
「皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍 切除術等, 処置等2なし」
有棘細胞癌、基底細胞癌など、さまざまな皮膚癌の手術を行い、化学療法や放射線治療を実施しなかった症例を示しています。

「皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等, 処置等1なし」
表皮脳腫、脂病性角化症などの皮膚良性腫瘍の手術治療を行った症例を示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術, 処置等1なし, 処置等2なし 153 5.6 7.4 0.7 72.9
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等, 処置等1なし, 副傷病なし 42 6.1 5.8 0.0 63.1
11001XXX01X0XX 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等, 処置等2なし 38 13.3 12.5 5.3 64.1
110060XX99X20X 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし処置等22あり, 副傷病なし 22 20.5 11.7 0.0 69.4
110070XX99X20X 膀胱腫瘍 手術なし処置等22あり, 副傷病なし 21 18.4 11.7 0.0 65.6
※「膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質利用)」
膀胱癌に対して内視鏡を用いて膀胱の内側から癌を切除する手術です。早期癌の治療や進行癌の診断を目的として行われます。進行膀胱癌(浸潤性膀胱癌)に対しての治療としては腹腔鏡下膀胱全摘除術を行っております。

※「腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術」
腎癌、腎盂・尿管癌に対する腹腔鏡手術の総称です。比較的小さな腎癌に対しては、癌を含めた腎臓の一部を腹腔鏡で切除する腹腔鏡下腎部分切除術を行っております。

※「経尿道的尿路結石除去術」
積極的に新しい技術や手術機器を取り入れることによって、従来よりも安心安全に尿路結石の治療が行われるようになっております。症例ごとに尿路結石に対する治療法を検討、同意のもとで最も適した治療法を行っております。内視鏡を使用した経尿道的なアプローチ方法である経尿道的尿路結石除去術を中心に、毎年数多くの尿路結石治療を行っております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし処置等2なし, 副傷病なし 98 2.3 6.2 0.0 0.0
120060XX01XXXX 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 77 10.0 10.0 0.0 44.8
12002XXX99X40X 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし処置等24あり, 副傷病なし 74 4.4 5.1 0.0 63.2
120180XX01XXXX 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 65 8.5 9.9 1.5 32.3
120220XX01XXXX 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 58 2.4 3.1 0.0 49.8
子宮の良性腫瘍子宮全摘術等
  子宮の良性腫瘍としてもっとも頻度が高いのは子宮筋腫です。子宮筋腫は過多月経をおこし貧血の原因になることがあり、ホルモン療法を行う、子宮筋腫のみを摘出する、または子宮筋腫が発生している子宮全体を摘出する場合があります。その他良性腫瘍としては月経困難症の原因となる子宮腺筋症があり、ホルモン療法や手術療法で治療します。

子宮頸部、体部の悪性腫瘍手術なし
  子宮頸がんは、手術で治療する場合と放射線療法で治療する場合があります。放射線療法を選択した場合、現在は、放射線の効果増強を目的として化学療法を併用することが多いです。子宮体がんは手術療法が主な治療法ですが、術後再発また転移を発見された時は化学療法や放射線療法を行うことがあります。

胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等
  胎児は、子宮内の胎児環境の悪化に伴い発育が遅くなることがあり、時には分娩前に胎児死亡をおこすことがあります。このようなことにならないように胎児の発育と健康状態を観察し、胎児環境の悪化が予測されれば帝王切開術や早期の分娩誘発を行うことがあります。また前置胎盤は帝王切開術が行われますが、出血がコントロールできなくなった時は子宮全摘術が考慮されることもあります。

女性性器のポリープ子宮全摘術等
  子宮は、体部や頸部にポリープができることがあります。悪性腫瘍の合併がないか、また性器出血の原因となっていることがあります。この様な時は子宮鏡などを使用してポリープを摘出し、組織検査を行うようにしています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1あり, 処置等2なし 157 2.9 3.7 0.0 69.4
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等24あり, 副傷病なし 105 17.0 12.4 1.0 70.6
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 処置等2なし 78 13.9 19.9 20.5 72.8
040040XX9908XX 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等2 8あり 27 14.9 12.0 3.7 66.8
040040XX99000X 肺の悪性腫瘍 手術なし処置等1なし, 処置等2なし, 副傷病なし 25 13.9 14.8 44.0 70.9
当院では「呼吸器病センター」を開設し、呼吸器・胸部外科と呼吸器内科が連携して診療行為を行っています。

「肺がん」の症例数は特に多く、肺がん診療の地域拠点病院として機能しています。
また、「間質性肺炎」については、地域における重要な診療施設となっているため、重症な間質性肺炎患者が多く、平均在院日数も長くなる傾向があります。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 73 13.8 27.6 91.8 82.0
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 処置等2なし, 副傷病なし 26 2.3 3.6 3.8 48.0
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし副傷病なし 20 5.3 20.6 90.0 82.8
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり副傷病なし 12 3.8 5.5 0.0 46.8
160700XX97XX0X 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり副傷病なし 11 6.5 5.9 9.1 38.0
外傷に積極的に対応しており、転倒などによる大腿骨近位部骨折の患者さんが多く、同様に前腕骨や鎖骨の骨折も多いです。また、精神科からも医師を派遣いただいており、北九州でも少ない、身体だけではなく精神疾患にも対応できるため、自殺企図とした大量服薬も多く救急搬送されてきます。総合診療科がないため、めまい、敗血症をはじめとした種々の感染症、脱水などの体液量減少などの患者さんにも対応しています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030XX99X40X 非ホジキンリンパ腫 手術なし処置等24あり, 副傷病なし 72 20.0 16.8 0.0 61.6
130010XX97X2XX 急性白血病 手術あり処置等22あり 42 35.0 42.0 4.8 64.2
130030XX97X40X 非ホジキンリンパ腫 手術あり処置等24あり, 副傷病なし 28 30.2 34.9 7.1 58.4
130030XX99X30X 非ホジキンリンパ腫 手術なし処置等23あり, 副傷病なし 25 20.3 17.6 4.0 65.2
130040XX97X5XX 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術あり処置等2 5あり 16 37.1 43.5 4.0 67.5
悪性リンパ腫や白血病に対しては、根治目的にて抗体・小分子化合物などの分子標的薬を含む化学療法や自家・同種造血幹細胞移植を中心とします。重篤な易感染症例には無菌室(ISO6以上)にて管理を行い、高齢者や臓器合併症を有するフレイル患者には、症例リスクに対応した治療を選択します。
神経・精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040XXXXXXXX 気分[感情]障害 20.6
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 処置等2なし, 副傷病なし 3.6
現在のDPC制度では、通常の精神科の疾患は対象としていません。そのためDPC制度で精神科の診療実績はほとんど存在せず、薬物中毒など救急搬送され入院となった症例が対象となっています。

精神科ではDPC対象以外の疾患として、気分障害(うつ病、躁うつ病等)、ストレス関連障害、統合失調症、認知症、自閉症スペクトラム障害、大学病院であるという特性を活かし身体疾患や使用薬剤に伴う精神障害など多くの症例を診療しております。

尚、以下の疾患に関しては、通常の外来以外に担当医の専門性を活かした専門外来を設けております。これらに関しての詳細は、精神科のホームページ(http://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/seisin/intro_j.html)がございますので、こちらも併せてご参考にしてください。

* 気分障害に関しましては、「気分障害外来」及び産業医科大学病院の特性を活かし、複数の企業での産業医経験のある精神科医による「職場の気分障害外来」を設け、治療から復職までのサポートを行っております。また、治療抵抗性のうつ病を対象として「修正型電気痙攣療法(m-ECT)外来」を設け、治療の適応性を検討しております。
* 統合失調症に関しましては、「統合失調症外来」を設け、診断・適切な薬物治療に加え、社会復帰のための機能評価を行っております。
* 認知症に関しましては、「もの忘れ外来」を設け、認知機能検査、血液検査、画像検査などから診断や療養上のアドバイスを多職種で行っております。
* この他、「小児・思春期外来」を設けております。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 90 23 21 28 1 27 1 7
大腸癌 50 106 118 36 7 131 1 7
乳癌 107 51 24 18 23 94 1 7
肺癌 173 47 118 159 18 360 1 7
肝癌 34 28 15 16 7 131 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、5大がんに限らず全てのがん種において、手術・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治 療などを組み合わせることで、早期がんや進行がん、再発・転移がんに対し、様々な治療法を提供しております。詳しくは、がんセンターHP内「がん種別診療特徴PR」をご覧くだ さい。

胃がん、大腸がん
主に「消化器・内分泌外科」、「消化管内科、肝胆膵内科」と「放射線科」で診療しております。手術は基本的に腹腔鏡を使用し、切除から再建まで行っております 。早期がんについては、内視鏡を使用した治療も積極的に行っております。切除不能進行がんや再発・転移がんについては、従来の抗がん剤に加え、分子標的治療薬 を用いた治療も行います。平成28年度における当院の傾向として、胃は早期がんが、大腸は進行がんに対する治療が比較的多かったです。

乳がん
主に「消化器・内分泌外科」、「呼吸器・胸部外科」と「放射線科」で診療しております。乳房温存手術を積極的に行い、カメラを使用して傷口を小さくする手術を 導入するなど、最新かつ安全な治療を行っております。形成外科と連携し、自家組織やエキスパンダーを用いた乳房再建手術も積極的に行っております。がん細胞の タイプによっては、抗がん剤やホルモン剤、分子標的治療薬を併用して治療を行います。平成28年度における当院の傾向としては、早期がんと再発・転移がんに対す る治療が多かったです。

肺がん
主に「呼吸器・胸部外科」と「呼吸器内科」、「呼吸器病センター」、「放射線科」で診療しております。平成28年度の当院において、治療数が最も多いがん種です 。また、九州で最も多い肺がんの外科手術症例数となっています。様々な合併症を有するリスクの高い症例に対しても、関連する多職種が協力して最新の知見を駆使 し、安全性の高い先進的な治療を行っております。早期がんについては、胸腔鏡を使用した低侵襲性な手術を行います。進行がんや再発・転移がんについては、従来 の抗がん剤に加え、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬などの新しい薬を用いた治療も行っています。平成28年度における当院の傾向としては、早期がん と再発・転移がんに対する治療が多かったです。

肝がん
「消化管内科、肝胆膵内科」、「消化器・内分泌外科」と「放射線科」で診療しております。切除可能な場合は積極的に手術を行っております。手術以外でも、身体 の外から針を刺し、がんに対して局所的に治療を行う療法(ラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法)や、カテーテルを用いてがんに栄養を運んでいる血管を塞栓物 質や抗がん剤を混ぜたもので人工的に塞ぐ肝動脈塞栓療法(肝動脈化学塞栓療法)も多数行っております。適応を考えて放射線治療も行っています。また、分子標的 薬を使った治療も行っています。さらに肝がんになりやすいウイルス性肝疾患(B型肝炎、C型肝炎)の患者さまの抗ウイルス療法を積極的に行っています。平成28年度 における当院の傾向としては、再発・転移がんに対する治療が多かったです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 14.4 52.4
中等症 22 17.9 81.3
重症 133 14.8 81.3
超重症 14 16.4 78.4
不明 0
様々な重症度の肺炎患者の入院診療を行っております。
特に、合併症がある患者の場合は、軽症の肺炎でも入院治療の適応となる場合が多くなります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 101 7.0 65.3 7.9
その他 12 14.8 69.4
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0
その他 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 1,266 21.0 74.6 46.5
その他 77 16.5 78.4 59.7
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 15 20.7 61.5 33.3
その他 30 8.7 66.5 0.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0
その他 21 8.7 66.5 52.4
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0
その他 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0
その他 0
病気やけがの治療を進める過程で、予期できたり、できなかったりする様々な症状や合併症が発生す ることがあります。ここで示している4つの指標はその代表的なものです。

『入院契機』が「同一」とはその症状が原因で当院に入院されたことを示し、「異なる」とはほかの症状で入院をしていたが、その症状の治療をもっとも行ったこと を示しています。



当院では、ほとんどの症状が入院契機として入院していました。

※「播種性血管内凝固症候群」
英語でDisseminated Intravascular Coagulationと表現することから、DICとも呼ばれています。何らかの基礎疾患などを有している中で、微小血管内で血栓(血のか たまり)の形成が多発かつ持続し、血液を固める成分が大量に消費されることで出血傾向と微小循環不全となることによる臓器障害をきたす重篤な病態です。詳細に ついては、日本救急医学会の説明ページを参考にしてください。

※「敗血症」
感染によって引き起こされた全身性炎症反応症候群です。症状としては、体温の異常、心拍数の増加、頻呼吸、白血球数の増加などがあります。詳細については、日 本救急医学会の説明ページを参考にしてください。

※「真菌感染症」
カンジダなどの酵母やアスペルギルスなどのカビなどの真菌が原因となる感染症です。いくつかの真菌は普段から体表や腸内に存在し無害ですが、免疫機能が低下し ている人など真菌の繁殖を抑制するための正常なバランスが崩れたりすると重症になることがあります。

※「手術・処置等の合併症」
治療を行う過程でやむを得ず望ましくない症状や状態が発生した症例などを示しています。正しい診療を行っていても、患者の皆様の容態や症状によっては、予期で きない症状が出ることがあります。当院では、北九州医療圏唯一の特定機能病院(大学病院)として、他の医療機関からそのような症状になった症例を引き受けるこ とが多くあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環 器内科、腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 106 3.9 4.8 5.7 72.5
K610-3 内シャント設置術 71 8.5 18.1 11.3 71.0
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチを伴うもの) 65 3.3 4.8 1.5 68.1
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 55 2.6 3.5 0.0 62.5
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 54 5.0 10.1 9.3 80.8
経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的カテーテル心筋焼灼術、ペースメーカー移植術、内シャント設置術が上位5疾患でした。他に四肢動脈や腎動脈の血管拡張術や植込み型除細動器移植術や腹膜透析用カテーテル留置術も当内科で行っており年々多くなっています。内科診療科の中でも多数の手術、手技を行っており、いずれも増加傾向です。
「腎炎」「腎不全」「透析」については、本学の循環器内科、腎臓内科のホームページに詳細がございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
消化管内科、肝胆膵内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 173 1.2 2.1 0.0 66.5
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 142 2.4 7.5 2.8 73.1
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 113 2.5 10.0 14.2 75.8
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 58 2.0 7.2 0.0 75.2
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 31 1.1 2.1 3.2 66.7
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 28 1.0 48.9 3.6 0.0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 18 1.0 42.7 11.1 0.0
K190-5 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤 13 2.8 5.9 0.0 16.6
K281-2 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ交換
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻
※「新生児仮死蘇生術(仮死第1度)」「新生 児仮死蘇生術(仮死第2度)」
生まれてくる赤ちゃんの約10%は、出生時に呼吸を開始するために何らかの助け(呼吸の刺激や吸引など)が必要とされており、新生児仮死蘇生術とは出生後に元気 に泣かず、ぐったりしている新生児仮死の赤ちゃんが重篤な障害を残さないように適切な処置を行うことです。当院の周産期センターではスタッフ全員が新生児蘇生 法「専門コース」の認定資格を持っており、定期的に講習会も開催しております。院内での帝王切開には全例、通常の分娩でも赤ちゃんの状況に応じて有資格者が立 ち会うことで、予期せぬ異常が発生した場合でも迅速に対応できる体制を整えています。

※「重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填」
脳からの運動機能命令が十分伝わらず手足が固くなって自由に動かせなくなった患者さんに行う治療です。体内埋め込み式機械へ「バクロフェン」という筋肉の固さ を取る薬剤を定期補充します。清潔な操作で補充が必要なため、補充は外来または短期入院下で清潔操作下、定期的に行っています。

「網膜再建術」
 未熟児網膜症の診療は小児専門の眼科医が主に担当し、小児科医が術前後を含めた全身管理を行っています。未熟児網膜症では進行の状態に応じて網膜光凝固(レーザー治療)や血管新生因子阻害薬の硝子体内注射を行いますが、これらの治療を行っても網膜剥離が進行する場合、手術を行います。網膜剥離が進行した症例(ステージ4B~5)で行う手術を網膜再建術といいます。時には水晶体も同時に除去し、硝子体を広汎に切除するとともに増殖組織を除去します。必要に応じて強膜バックリングを併用します。進行した症例では手術を行っても高度の視力障害をきたす可能性があります。

※1年間で10症例未満の術式については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
消化器・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 86 2.2 6.2 1.2 62.9
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 78 4.3 14.5 1.3 70.7
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 45 2.7 15.3 4.4 71.9
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置 39 2.5 6.5 0.0 67.9
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 38 7.3 19.3 2.6 64.9
当科は、消化器・内分泌外科を中心に一般外科を担当し、専門疾患を大きく次の4つに分け、各領域に専門医スタッフをおき診療を進めています。
1)食道から胃・十二指腸までの上部消化管
2)小腸・大腸・肛門の下部消化管
3)肝臓・胆道(胆嚢・胆管)・膵臓
4)甲状腺・副甲状腺や乳腺などの内分泌領域

おしなべて上部・下部消化管、肝・胆・膵、乳腺、甲状腺に対する悪性腫瘍手術ならびに化学療法を主体とした診療を行っています。手術としては内視鏡下手術がほとんどとなり、また術前化学療法後の手術も増加傾向にあります。
呼吸器・胸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える 108 6.0 11.7 6.5 69.7
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 41 5.5 7.3 9.8 67.0
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 33 4.5 8.2 0.0 66.0
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 29 4.1 6.3 13.8 39.6
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 22 4.9 11.6 4.5 70.1
※胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)
胸腔鏡を用いて、肺癌の標準術式である肺葉切除を、低侵襲で行っています。
※胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)
極めて早期の肺癌、転移性肺腫瘍、全身状態の優れない方の肺癌手術として、負担の少ない胸腔鏡下肺部分切除があります。

乳癌、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫、気胸等に対しても、力を入れています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 92 3.5 17.3 92.4 73.5
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 91 3.7 13.9 53.8 70.4
K0821 人工関節置換術(股) 85 3.5 20.9 89.4 70.0
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 42 6.0 17.5 78.6 69.5
K0461 骨折観血的手術(大腿) 32 2.9 13.8 93.8 78.4
変形性関節症やリウマチ性関節炎の患者様を数多く診察しています。当院では、膠原病リウマチ内科(第一内科学講座)と緊密な連携をとりながら最新のリウマチ診療を行い、必要な患者様に対して人工関節置換術を行っています。年数が経過し、人工関節のゆるみが生じた症例に対して人工関節再置換術を行っています。術後早期からリハビリを開始し、回復期リハ病院との連携も円滑に行っています。必要に応じて術前に自己血を貯血し、99%は他人からの輸血なしで手術ができています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 30 2.0 2.2 0.0 60.7
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 22 2.0 6.3 0.0 52.9
K0912 陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑) 15 1.9 4.6 0.0 60.3
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 13 2.2 4.9 0.0 64.3
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 10 2.0 3.7 0.0 43.0
眼瞼下垂
形成外科では診療科別DPC係数、術式件数共に眼瞼下垂症が1位となりました。これは加齢に伴う眼瞼下垂の治療が知られてきたこと、近隣の眼科よりの紹介が年々増えている結果だと思います。加齢に伴う眼瞼下垂症では一般的に眼瞼挙筋腱膜を瞼板に短縮して縫合する方法を基準に行なっています。これは局所麻酔で行い、手術中に座位になっていただいて開瞼の改善程度を確認して行います。外来手術でも可能ですが、手術当日に十分眼瞼部を冷却、安静にすることで術後の腫脹や紫斑形成が少なくなることを考え、手術前日からの2泊3日手術をおすすめしています。他方先天性眼瞼下垂症では眼科と共同して手術時期を考えますが、2-5歳前後で行うことが多く、大腿筋膜を利用して前頭筋への釣り上げ術を基準に行なっています。小児期の手術であり全身麻酔下となります。また入院期間は筋膜採取部の状態で数日間要しています。

母斑・母斑症 手術なし
 当院には血管腫治療用レーザー(V-beam 2)を設置して、乳児血管腫(苺状血管腫)、単純性血管腫の治療を積極的に行なっています。2017年にはV-beamから最新型のV-beam 2を導入しました。小範囲であれば外来で照射を行なっていますが、特に小児の広範囲の血管腫には全身麻酔下での照射が必要となり入院治療を行なっています。入院期間は初回が前日から翌日までの2泊3日ですが、2回目以降は小児の麻酔時間が朝早いこと、短時間であること、覚醒が早いことより照射当日の夕方には退院する1泊2日の入院で行なっています。北九州地区には全身麻酔下での治療ができる施設が少なく、今後も本治療の拠点として活動を続けて行きます。

爪の疾患 手術あり
 主な対象疾患は母趾陥入爪です。以前はもっと症例数が多かったのですが、近年保険外診療になりますが矯正ワイヤーによる治療も行っており、外来での簡便な治療が増えました。しかし強度の陥入があったり、また感染を繰り返したりする症例は手術適応であり、依然として件数は多く推移しています。手術は伝達麻酔下で行い、陥入した爪母切除だけでなく陥入した爪床を形成してできるだけ平らで広い爪が形成されることを目指しています。外来でも手術可能ですが、このような手術のため術後の出血、疼痛が出やすいため安静目的で疼痛が取れるまで数日の入院をお勧めしています。

母斑・母斑症 手術あり
 4位5位は母斑、良性腫瘍など皮膚の良性新生物の手術が上位となりました。外来では切除できない巨大な脂肪腫、粉瘤、小児の良性腫瘍、脂腺母斑などが対象です。主に全身麻酔下に切除し、縫合できるものは縫合し、できないものは皮弁形成や植皮を行って閉鎖しています。入院期間は単純縫合や皮弁の場合は2泊3日を、植皮の場合は10日間程度を基準に行っています。形成外科での治療ですのでできるだけ瘢痕が目立たない、最小の侵襲となるような治療を目指しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 79 7.6 33.0 24.1 61.2
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 30 2.0 19.0 46.7 78.7
K1781 脳血管内手術(1箇所) 12 4.6 18.8 25.0 61.6
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 10 4.9 12.5 0.0 46.9
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
「頭蓋内腫瘍摘出術(その他)」
産業医科大学脳神経外科では脳腫瘍の治療に特に力を注いでいます。脳腫瘍には摘出すれば完治する良性の腫瘍から、外科治療後に放射線治療、抗がん剤治療が必要となる悪性度の高い腫瘍まで様々です。当院ではすべての脳腫瘍治療に対する体制が完備され集学的な治療を施行しています。当科では年間約350〜400例の手術を行っており、このうち約70〜100例が脳腫瘍の外科治療であり、九州圏内の医療機関の中でも多くの件数を施行しています。

「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」
慢性硬膜下血腫とは頭部打撲が原因となり、打撲後時間が経過し、慢性的に硬膜下腔に血腫が形成されます。局所麻酔下で1.5cm程の穿頭を行い、貯留している血腫を洗い流します。

「脳血管内手術(1箇所)」
脳血管内手術とは脳動脈瘤などに対して血管内カテーテルを使用した治療です。低侵襲的な治療であり、放射線科と連携し治療を施行しています。

「内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍)」
下垂体腫瘍はホルモンを分泌する下垂体にできる良性の腫瘍です。腫瘍によりホルモンの症状や、視野異常を認めることがあります。当院では神経内視鏡を鼻腔内より下垂体腫瘍部まで挿入し、良い視野で、しかも低侵襲的に確実な腫瘍摘出を行う治療を施行しています。

「脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)」
脳動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血を生じます。破裂あるいは未破裂脳動脈瘤に対する外科治療として脳動脈瘤頸部をクリップで挟み脳動脈瘤への血流を遮断するクリッピング術を施行しています。

※1年間で10症例未満の術式については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 13 13.3 41.9 53.8 75.3
K617-2 大伏在静脈抜去術
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上のもの)
K5541 弁形成術(1弁)
当科は循環器疾患と血管疾患の外科治療を担当しており、心臓疾患で外科治療の対象となるのは弁膜症と狭心症などの虚血性心臓病です。また、血管疾患では大動脈瘤などの大血管から、末梢動脈、静脈疾患まで担当しております。その中で最も多かったのは大動脈弁狭窄症に対する人工弁置換術でした。弁膜症に対しては人工弁を用いない弁形成術も行っております。また、2番目に多い心臓疾患は虚血性心臓病ですが、これらの症例に対しては症例により人工心肺非使用手術も行っております。血管疾患に対して昨年は静脈瘤症例が最も多かったのですが、大動脈瘤などの大血管手術も行っております。
 なお、当科での昨年の心大血管疾患の手術症例は68例であり、心臓血管外科専門医機構の関連施設に認定されております。

※1年間で10症例未満の術式については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 515 1.4 2.0 0.2 73.7
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 198 2.0 8.8 0.5 61.1
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 65 2.2 8.5 0.0 53.4
K2683 緑内障手術(濾過手術) 37 1.4 9.5 0.0 65.9
K281 増殖性硝子体網膜症手術 28 2.2 10.1 0.0 38.8
耳鼻咽喉科・統計部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 50 2.9 7.3 0.0 25.7
K319 鼓室形成手術 45 2.6 11.7 0.0 51.6
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 37 1.2 9.8 0.0 49.2
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔 25 3.0 5.8 0.0 57.7
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 18 2.9 5.2 0.0 69.3
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 96 2.3 8.5 2.1 73.7
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上以上12cm未満)
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)
K0071 皮膚悪性腫瘍切除術(広汎切除)
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)
悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞 癌などの手術を行っております。

※1年間で10症例未満の術式については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 157 2.4 4.3 0.6 73.0
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 50 2.4 13.8 2.0 67.0
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 38 2.9 4.4 0.0 62.3
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 20 3.2 6.6 0.0 71.2
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 17 2.1 17.3 0.0 69.0
当科の手術の特徴としては、多くの手術に腹腔鏡手術を導入していることが挙げられます。腎癌、腎盂・尿管癌、前立腺癌、膀胱癌、副腎腫瘍などが主な対象となります。日本泌尿器内視鏡学会認定の泌尿器腹腔鏡技術認定医を中心として、安心安全な腹腔鏡手術を提供しています。
腹腔鏡手術以外にも、尿路結石や前立腺肥大症等に対する内視鏡手術に対して新しい技術や手術機器を積極的に導入しており、経年的に症例数は増加傾向です。
また緊急処置(尿路感染に対する尿路ドレナージ、尿路出血に対する止血術等)が必要な症例に対しては、救急科を中心とした他科との連携により迅速な対応が可能となっており、毎年数多くの症例を積極的に受け入れております。
詳細は泌尿器科のホームページをご参照ください。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 89 2.2 4.2 0.0 38.5
K877 子宮全摘術 76 2.8 8.4 0.0 47.4
K867 子宮頸部(腟部)切除術 72 1.7 2.9 0.0 41.4
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 66 5.1 6.9 0.0 33.0
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 60 7.7 7.9 3.3 32.1
子宮の良性腫瘍子宮全摘術等
  子宮の良性腫瘍としてもっとも頻度が高いのは子宮筋腫です。子宮筋腫は過多月経をおこし貧血の原因になることがあり、ホルモン療法を行う、子宮筋腫のみを摘出する、または子宮筋腫が発生している子宮全体を摘出する場合があります。その他良性腫瘍としては月経困難症の原因となる子宮腺筋症があり、ホルモン療法や手術療法で治療します。

子宮頸部、体部の悪性腫瘍手術なし
  子宮頸がんは、手術で治療する場合と放射線療法で治療する場合があります。放射線療法を選択した場合、現在は、放射線の効果増強を目的として化学療法を併用することが多いです。子宮体がんは手術療法が主な治療法ですが、術後再発また転移を発見された時は化学療法や放射線療法を行うことがあります。

胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等
  胎児は、子宮内の胎児環境の悪化に伴い発育が遅くなることがあり、時には分娩前に胎児死亡をおこすことがあります。このようなことにならないように胎児の発育と健康状態を観察し、胎児環境の悪化が予測されれば帝王切開術や早期の分娩誘発を行うことがあります。また前置胎盤は帝王切開術が行われますが、出血がコントロールできなくなった時は子宮全摘術が考慮されることもあります。

女性性器のポリープ子宮全摘術等
  子宮は、体部や頸部にポリープができることがあります。悪性腫瘍の合併がないか、また性器出血の原因となっていることがあります。この様な時は子宮鏡などを使用してポリープを摘出し、組織検査を行うようにしています。

帝王切開術(選択的)
 帝王切開術の手術歴や子宮筋腫の摘出などで今回の妊娠以前に子宮に対して手術歴のある場合、分娩中の子宮破裂の危険性をなくすために手術予定日を決めて帝王切開術を行うことがあります。

帝王切開術(緊急)
 妊娠中急に胎児の状態が悪化することがあります。また、妊娠高血圧症候群の悪化などで母体が妊娠に耐えられなくなる場合、妊娠週数にかかわらず緊急に帝王切開を行うことがあります。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 48 2.2 11.8 89.6 83.1
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 3.8 12.5 96.0 79.8
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)
K386 気管切開術
K0004 創傷処理(筋肉、臓器に達しない)(長径5cm未満)
大腿骨近位部骨折の患者さんが多いため、その関連の手術数が多く、外傷患者さんに対して輸血を行ったり、長期人工呼吸管理となった場合の気管切開術が多くなっています。

※1年間で10症例未満の術式については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9222ロ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植) 11 15.9 20.1 0.0 60.6
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 10 21.8 5.1 0.0 58.3
K9222イ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(同種移植)
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満)
※1年間で10症例未満の術式については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他)
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)
K0461 骨折観血的手術(大腿)
放射線治療だけでなく、化学放射線療法、温熱療法や疼痛・栄養管理などの緩和ケアまで、幅広く対応しています。

※1年間で10症例未満の術式については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.0067%
異なる 7 0.047%
180010 敗血症 同一 18 0.12%
異なる 31 0.21%
180035 その他の真菌感染症 同一 3 0.020%
異なる 4 0.027%
180040 手術・処置等の合併症 同一 105 0.71%
異なる 43 0.29%
病気やケガの治療を進める過程で、予期できたり、できなかったりする様々な症状や合併症がすることがあります。ここで示している4つの指標はその代表的なものです。

 『入院契機』が「同一」とは傷病名に示した症状が原因で当院に入院されたことを表し、「異なる」とは他の症状で入院したが、入院中の主だった治療が傷病名に示した症状に対するものだったことを表します。

 『播種性血管内凝固症候群』や『敗血症』では救急入院が多く、重篤な状態で入院となった症例が多くみられました。

 『その他の真菌感染症』では、入院契機となった症状で予定入院となり、入院後の検査等で真菌感染症が確定した方が多くみられました。

 『手術・処置等の合併症』では、多くが予定入院でその症状のための入院がほとんどでした。内容としては、人工関節や眼内レンズなど体内への挿入物の合併症(脱臼や破損など)、また術後の感染症などが多くを占めていました。当院は、北九州医療圏唯一の特定機能病院(大学病院)として、他の医療機関からそのような症状になった症例を引き受けることが多くあります。
更新履歴
2017/10/1
公開