病院のご案内
診療科 診療日・担当医
ご来院のみなさまへ
フロア案内・交通アクセス
ご相談窓口

大学病院の沿革

  特長

 産業医科大学病院は、患者様の治療を通じて、学生や若き医師の臨床教育及び教育研究の機能を果たす場であるための総合的医療機関であるとともに、明日への医学を拓くため現代医学の最高水準を行く設備と医療機器並びにスタッフを配し、地域医療の面でも基幹病院としてその機能を最高に発揮できるよう人的、物的体制の充実を図っています。また、産業医学の研究を通じて、労働者の健康管理、職業病、産業中毒等の予防や診療、メンタルヘルス、リハビリテーション医学、地域完結型医療等を推進し、産業医学と地域医療との有機的な結合を図ることをめざしています。

  沿革

 
 昭和52年  12月  学校法人産業医科大学の設立及び産業医科大学の設置認可
   54年    7月  大学病院開院診療開始
   54年  12月  歯科・口腔外科診療開始
   56年    4月  高気圧治療部診療開始
   56年    4月  呼吸器科診療開始
   56年    6月  集中治療部診療開始
   58年    1月  産業医科大学アイバンク開設
   59年    9月  北部九州血友病センター開設
 平成  6年    4月  特定機能病院承認
     6年    4月  エイズ拠点病院指定
     6年  12月  病院総合医療情報システム(オーダリングシステム)の導入実施
     8年  12月  災害拠点病院指定
     9年    7月  心肺機能停止患者(CPA)受入開始
     9年  10月  臓器提供施設指定
   13年    4月  メンタルヘルスセンター開設
   13年    9月  心臓血管外科診療開始
   15年    4月  医療安全管理部設置
   15年    4月  外来点滴センター開設
   15年    4月  患者様相談窓口の設置
   16年    4月  救急病院(二次救急)に指定
   17年    3月  電子カルテシステム稼動
   17年    4月  形成外科診療開始
   17年    4月  化学療法センター開設
   17年    4月  病院機能評価認定
   20年    2月  地域がん診療連携拠点病院指定
   20年    4月  感染制御部設置
   20年    4月  臨床工学部設置
   21年    1月  エイズ治療中核拠点病院指定
   21年    3月  高気圧治療部廃止
   21年    7月  特定集中治療室増床(6床→10床)
   22年    4月  病院機能評価認定更新
   22年    4月  地域医療連携本部設置
   22年    4月  がんセンター開設
   22年    5月  周産期母子医療センター開設
   23年    4月  総合周産期母子医療センター指定
   24年    5月  大学病院病棟増床(全病床数618床→678床)
   25年    4月  臨床研究推進センター設置
   26年    4月  福岡県災害派遣医療チーム(福岡県DMAT)指定医療機関に指定
   26年    7月  救急科、病理診断科診療開始

   26年  10月

 緩和ケアセンター開設

  27年    1月  血液内科診療開始
   27年    4月  地域がん診療連携拠点病院指定(新指針)
   27年    4月  病院機能評価認定更新(3rdG:Ver.1.0)
   27年    6月  脳卒中センター開設
   27年  10月  呼吸器病センター開設
   27年  10月  患者サポートセンター設置

   28年 4月  

 四肢外傷センター開設

   28年 4月

 患者申出療養相談窓口設置

         29年 4月

 認知症センター開設
   
   
   
   
   

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
病院.JPG
教職員専用 PAGETOP
産業医科大学病院 産医大マークグレー1.gif
〒807-8556
北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号
TEL:093-603-1611(代表)
[診療受付時間]
8時30分~11時(形成外科を除く)
13時~14時30分(形成外科、一部専門外来)

[休診日]
土・日祝日、年末・年始(12月29日~1月3日)
開学記念日:4月28日
日本医療機能評価機構認定病院
Copyright(C) 2009 UNIVERSITY OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL HEALTH,JAPAN. All rights reserved.