病院のご案内
診療科 診療日・担当医
ご来院のみなさまへ
フロア案内・交通アクセス
ご相談窓口

職業倫理

  医の倫理綱領

 

    医学および医療は、病める人の治療はもとより、人びとの健康の維持もしくは増進を図るもので、医師は責任の重大性を認識し、人類愛を基にすべての人に奉仕するものである。

 

 1. 医師は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くす。

 

 2. 医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛ける。

 

 3. 医師は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める。

 

 4. 医師は互いに尊敬し、医療関係者と協力して医療に尽くす。

 

 5. 医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努める。

 

 6. 医師は医業にあたって営利を目的としない。

 

 

平成12年2月 日本医師会

                               

  看護者の倫理綱領

 

 1. 看護者は、人間の生命、人間としての尊厳及び権利を尊重する。

 

 2. 看護者は、国籍、人種・民族、宗教、信条、年齢、性別及び性的指向、社会的地位、経済的状態、ライフスタイル、健康問題の性質にかかわらず、対象となる人々に平等に看護を提供する。

 

 3. 看護者は、対象となる人々との間に信頼関係を築き、その信頼関係に基づいて看護を提供する。

 

 4. 看護者は、人々の知る権利及び自己決定の権利を尊重し、その権利を擁護する。

 

 5. 看護者は、守秘義務を遵守し、個人情報の保護に努めるとともに、これを他者と共有する場合は適切な判断のもとに行う。

 

 6. 看護者は、対象となる人々への看護が阻害されているときや危険にさらされているときは、人々を保護し安全を確保する。

 

 7. 看護者は、自己の責任と能力を的確に認識し、実施した看護について個人としての責任をもつ。

 

 8. 看護者は、常に、個人の責任として継続学習による能力の維持・開発に努める。

 

 9. 看護者は、他の看護者及び保健医療福祉関係者とともに協働して看護を提供する。

 

 10. 看護者は、より質の高い看護を行うために、看護実践、看護管理、看護教育、看護研究の望ましい基準を設定し、実施する。

 

 11. 看護者は、研究や実践を通して、専門的知識・技術の創造と開発に努め、看護学の発展に寄与する。

 

 12. 看護者は、より質の高い看護を行うために、看護者自身の心身の健康の保持増進に努める。

 

 13. 看護者は、社会の人々の信頼を得るように、個人としての品行を常に高く維持する。

 

 14. 看護者は、人々がよりよい健康を獲得していくために、環境の問題について社会と責任を共有する。

 

 15. 看護者は、専門職組織を通じて、看護の質を高めるための制度の確立に参画し、よりよい社会づくりに貢献する。

 

 

                                                                                                     日本看護協会 

 

 

更新日:平成16年6月14日〔文責:病院管理課〕

 

 

 

このページのトップへ

 

教職員専用 PAGETOP
産業医科大学病院 産医大マークグレー1.gif
〒807-8556
北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号
TEL:093-603-1611(代表)
[診療受付時間]
8時30分~11時(形成外科を除く)
13時~14時30分(形成外科、一部専門外来)

[休診日]
土・日祝日、年末・年始(12月29日~1月3日)
開学記念日:4月28日
日本医療機能評価機構認定病院
Copyright(C) 2009 UNIVERSITY OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL HEALTH,JAPAN. All rights reserved.