診療受付時間のご案内

受付時間

8:30~11:00(形成外科を除く)

13:00~14:30
(形成外科、一部専門外来)

休診日

土・日祝日、年末・年始
(12月29日~1月3日)
開学記念日:4月28日

よくいただくご質問
安心で安全な医療のために
bn_RightSide02_2.jpg
臨床研修プログラム
治験の実施
取材のご依頼
産業医科大学病院モバイルサイト

産業医科大学

産業医科大学若松病院

病院のご案内
診療科 診療日・担当医
ご来院のみなさまへ
フロア案内・交通アクセス
ご相談窓口

医師用プログラム

 

・21世紀を担う熱意のある君たちを求めています。

 

  • ・プライマリ・ケアから最新医療までを学べる教育環境、経験豊かな臨床研修指導医等のスタッフを配置しております。

 

  • ・産業医科大学病院と研修協力病院間では、お互いの臨床研修医が相互の病院で研修指導を受けることができます。

 

  • ・日本医師会認定産業医申請のための単位取得も可能です。

【更新日:平成29年10月1日】【文責:病院管理課】

 

病院長

  尾辻 豊


病院の理念

  •  ・患者第一の医療を行います。

 

  •  ・科学的根拠に基づく安全かつ質の高い医療を提供します。

 

  •  ・人間愛に徹した優れた産業医と医療人を育てます。

診療の特徴、実績

医学教育に必要な21診療科を標榜しています。

特に、リハビリテーション科、メンタルヘルスセンターを設け勤労者の健康管理、職業性疾患に関する治療を行い産業医学と地域医療との連携にも努めています。

平成15年6月から専任救急部医師及び専任看護単位を配置し24時間救急体制としています。平成16年4月救急病院認定、平成17年4月形成外科、化学療法センター設置、平成22年4月がんセンター開設、平成23年4月総合周産期母子医療センター指定、平成24年5月60床増床(618床→678床)


救急科長より

産業医、臨床医に必須の救急初療が学べます。

救急車、walk-inで来院される患者さんにfirst touchし、医療面接、身体診察から疾患を想起し、診断や治療を行う、ER研修を行います。研修医が主体的に診察するとともに、上級医から救急診療のコツを伝授します。  

また、研修医発表会や研修医への講義、勉強会も開催します。質の高い、primary careからcritical careまで学びたい諸君は、産業医科大学での研修を是非選択して下さい。

 

指定基準

基幹型


マッチング

参 加


モデルカリキュラム(例)は、こちら

臨床研修プログラム目次

臨床研修プログラム概要

臨床研修プログラム全文

・臨床研修プログラム(協力病院関係1  協力病院関係2


研修協力病院

平成25年度より、下記研修協力病院において臨床研修指導を受けることができるようにプログラムの改正を

行いました。

印の病院は、お互いの臨床研修医が相互の病院で学ぶことができる病院です。


  • 独立行政法人 労働者健康福祉機構 九州労災病院
  •  北九州市立八幡病院
  •  独立行政法人 地域医療機能推進機構 九州病院
  •  社会医療法人 製鉄記念八幡病院
  • 財団法人健和会 大手町病院
  •  特定医療法人 北九州病院 北九州総合病院 
  •  独立行政法人 労働者健康福祉機構 九州労災病院 門司メディカルセンター
  •  社会福祉法人済生会 八幡総合病院
  •  北九州市立医療センター
  •  戸畑総合病院 

 上記医療機関は、全て臨床研修病院です。


研修協力施設

  •  医療法人茜会 昭和病院
  •  医療法人茜会 吉水内科
  •  医療法人茜会 勝山サテライトクリニック
  •  医療法人茜会 在宅総合ケアセンターしものせき
  •  社会福祉法人暁会 身体障害者療養施設フェニックス
  •  医療法人 いわさき小児科内科医院
  •  医療法人 永犬丸小児科
  •  つだこどもクリニック
  •  医療法人 大塚産婦人科クリニック
  •  社団法人 福岡労働衛生研究所
  •  社団法人 福岡県医師会
  •  独立行政法人 労働者健康福祉機構 福岡産業保健推進センター
  •  財団法人 西日本産業衛生会 北九州産業衛生診療所
  •  医療法人 共愛会 戸畑共立病院
  •  戸畑リハビリテーション病院
  •  介護老人保健施設あやめの里

教育体制

臨床研修管理委員会委員長: 田中 文啓(副院長、呼吸器・胸部外科 診療科長)

 

プログラム責任者: 阿部 慎太郎(産業医臨床研修等指導教員 准教授)


 

教育環境

  • ・図書室: 有り
  • ・インターネット利用環境:利用可 利用可能場所(研修医室、図書館、診療科資料室、病棟の一部)

診療内容紹介 

  平成28年度の分娩件数 :320件(平成28年4月~29年3月実績)

    救急医療の提供の実績
  • ・救急専用診療室の有無:有り

・救急医療を行う診療科:全科

・救急外来患者数:13.0名(平成28年4月~29年3月の救急外来実績・1日平均)

・救急車取扱件数:3,833件
※平成28年4月1日救急病院に認定更新(福岡県告示第631号)

  • 臨床病理研究会(CPC)の実施状況:回数17、剖検数21(※昨年度実績)

研修医当直

  • ・研修医当直回数:月平均 5回(当直手当 有り)

・当直時の勤務体制:当直医 30名(輪番日や年末年始等を除く代表的な例、うち、研修医 4~5名)

 

 

処遇・福利厚生

  • 研修手当

    一年次 月額:275,000円
    宿日直手当:10,000円/回
    賞与:― 円
    二年次 月額:275,000円
    宿日直手当:10,000円/回
    賞与:― 円
    ※月額、諸手当(税込み)
    ※宿日直手当は、1回の勤務が5時間未満の場合半額
    ※当直月4回とした場合の手取額(保険料、税引き後)約279,600円/月

  

  • ・救命処置講習会(2回)の受講料を病院が負担する(JRC-ITC主催)

・公的医療保険:有り

・公的年金保険:有り

  • ・労働者災害補償保険:有り

・医師賠償責任保険の扱い:病院自体の加入「有り」 個人加入「研修医本人の自由意思による」  

  • ・宿 舎:有り

    宿舎費

    単身用
    (56戸)
    5,000 ~ 10,000円位(共益費含む)/月
    (レジデント住宅 56戸(内 女性用 5戸)
    世帯用 15,000円位(共益費含む)/月
    宿舎と病院の距離、移動手段と所要時間
    単身用は大学敷地内、徒歩5分
    世帯用は大学敷地外、徒歩10分
  •  
  • ・学内保育園:有り

 

 

研修医の募集

  • ・募集人数:募集定員に達するまで
  • ・応募資格:第112回 医師国家試験受験予定者
  • ・応募締切:平成29年8月14日(月)
  • ・試験日(面接)実施日:平成29年8月28日(月)・29日(火)
  • ・試験内容:面接および小論文
  • ・募集等に関する詳細: 募集要項をご覧ください。

 

現在の研修状況と進路

  • ・研修中の人員:1年次 7人、2年次 8人
  • ・研修医の主な出身大学:産業医科大学、大分大学、愛知医科大学、高知大学、九州大学、佐賀大学、

山口大学、宮崎大学、岩手医科大学、滋賀医科大学、愛媛大学 

  • ・研修終了後の進路:産業医科大学病院、労災病院など

 

 

メッセージ

指導医から一言

人間愛に徹した優れた医療人を育成するという理念の基に、医師としての第一歩である臨床研修の時期を実りあるものにしていただけるよう、魅力ある研修プログラムをめざしています。必修診療科における研修の充実に加え、 産業医科大学病院の特徴として、地域保健の一環として「産業保健」を選択することが可能で、労働衛生機関(特殊健診機関)での実習や模擬体験を含む職場巡視実習など体験学習も計画しています。希望があれば、日本医師会認定産業医申請のための単位取得も可能です。


 

病院地域環境紹介

産業医科大学病院のある北九州市は、政令指定都市でありながら、自然環境に恵まれた都市であり、昭和40

年代の公害の街から、環境都市へ生まれ変わった経験を持っています。大学病院のある折尾地区は、北九州

市の文教地区に位置しており、大学のキャンパスも緑に包まれた素晴らしい場所にあります。


 

産業医科大学病院
〒807-8556 福岡県北九州市八幡西区医生ケ丘1番1号
TEL:093-603-1611/FAX:093-691-8892
JR鹿児島本線「折尾駅」下車、北九州市営バス「折尾駅」から
「産業医科大学病院」または「産業医科大学病院入口」下車(約10分)

 

 

 

このページのトップへ

教職員専用 PAGETOP
産業医科大学病院 産医大マークグレー1.gif
〒807-8556
北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号
TEL:093-603-1611(代表)
[診療受付時間]
8時30分~11時(形成外科を除く)
13時~14時30分(形成外科、一部専門外来)

[休診日]
土・日祝日、年末・年始(12月29日~1月3日)
開学記念日:4月28日
日本医療機能評価機構認定病院
Copyright(C) 2009 UNIVERSITY OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL HEALTH,JAPAN. All rights reserved.