開学40周年の記念日に感謝を込めて

   

産業医科大学は、2018年(平成30年)428日に開学40周年の記念日を迎えることとなりました。

 

本学は、1978年に設立され、「産業医」及び「産業保健専門職」を養成する唯一の医科大学として発展してまいりました。

これまで、医学一般についての教育・研究・診療を基に、産業医学及び産業保健に関する特色ある教育・研究を実施し、この間に優秀な人材を数多く社会に輩出するとともに、教職員の活躍で、本学の国内外での評価は確かなものとなっています。

また、併せて、関連分野に関する研究を進め、病院は特定機能病院として、地域における中核病院としての役割を担ってきております。

 

開学から40年の間に、働く人の就業形態が多様化し、労働条件、職場環境も著しく変化しており、「働き方改革」も進められています。

このような中で、「社会の活力の基盤である働く人々の健康確保」は益々重要になり、本学に対する期待や果たすべき役割は一段と大きくなってきています。

 

現在、開学40周年記念事業について検討を進めておりますが、40周年を迎えることができましたのも、これまで、多くの方のご指導やお力添えがあってのことと存じます。 

これまで本学に賜りました関係者の方々からの多くのご支援とご協力に対して、心より感謝申し上げます。

 

開学40周年を機に、一つの節目を迎え、これからも、本学を巣立った卒業生、教職員及びOBとともに、力を合わせて、本学の強みを生かし社会的使命を果たすため、更なる飛躍を目指したいと考えておりますので、引き続き、一層のご支援及びご協力をお願いしたいと思います。

 

 

理事長 森山  寛    学長 東  敏昭

 

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.