平成25年3月まで福島原発への支援活動を継続します。

 

 産業医科大学は、政府からの要請を受け、約1年半に亘り、東京電力(株)福島原発に対し、作業員の健康管理等のため、医師の派遣を行ってきました。 

  平成24年10月からも、引き続き、福島第一原発等において作業に従事する労働者の健康管理等の予防対策を行うため、平成25年3月末日までの間、計画的に医師派遣を行うこととしましたので、お知らせします。

 

  なお、10月以降につきましても、産業保健サービス(健康管理業務等)の提供等を行うとともに、予防対策の提言なども行っていく予定です。  

 

 

    

(平成24年9月25日記者発表:総務課) 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.