福島原発にかかるJヴィレッジ等への医師派遣について

 DSC_2436.JPG

産業医科大学は、厚生労働省の要請を受け、引き続き9月から12月末まで、Jヴィレッジ等において、福島原発における作業員に対して、健康管理を行なうために医師派遣をすることとしました。

 

  産業医科大学は、政府からの要請を受け、5月15日から、東京電力(株)福島第一原子力発電所及び第二原子力発電所に対し、作業員の健康管理及び急患発生時の初期対応のため、医師の派遣を行ってきました。

今後は、作業の長期化により、一層の健康管理が必要となることから、厚生労働省の要請を受け、引き続き、12月末までJヴィレッジ及び必要に応じて福島第一原子力発電所に医師を派遣することとしました。

                                                                                             (企画広報課)

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.