産業医科大学医学部 第2内科学 産業医科大学
ホーム サイトマップ
 
Main Menu
ご挨拶
患者様へ
医療機関の皆様へ
研究室紹介
現在進行中の研究
後期臨床修練医(専修医)募集
関連施設
お問合せ/各種お知らせ
医局行事紹介
業績集

産業医科大学第2内科学教室便り 2012年度 第6号

医局員・非常勤医師・大学院生募集 !

医局紹介プロモーションDVD

医生ヶ丘循環器病診連携勉強会

腎臓病教室



産業医科大学第2内科学教室便り

トップページ > 産業医科大学第2内科学教室便り

巻頭言

マネージメントが増えました、若松病院で透析を始めました、病院建替えの検討が始まりました。
第2内科学教授 尾辻 豊 

 2016 年度の御挨拶を申し上げます。教育に関して産業医科大学は国家試験の成績が芳しくなく、111 人受験し101 人合格という結果となりました。全国80 医学部の中では標準的な成績ですが、産業医大 の目標には届かなかった結果です。医学部長・教務部長を中心に教育を大きく改革させる動きが始まる と思います。院内のマネージメントが増えてきて、会議がとにかく多いです。医療安全に関する会議は 内容が濃く、90 分ぐらいですが終わった時はヘトヘトです。時代の要請で完璧を期さないといけなく なり、今後の医療活動は全てのメディカルスタッフにとって非常に厳しくなると思います。病院の建て 替えも見据えて診療の効率化が大きな課題になっています。やるべきことは多く、どこから手をつけれ ば?という感じです。このような中で今年は若松病院の外来透析が始まりました。長らく「侵襲的診療 のない循環器・透析のない腎臓」という課題をどうやって克復すべきか?悩んでおりましたが、ようや く片一方の問題はクリアしました。以前から循環器グループの医師全員に透析を行えるようになって欲 しいと思っておりましたので、若手医師に人気の施設となると思います。

 腎臓グループは医生ヶ丘の大学病院や若松病院で診療に頑張っているのは言うまでもありませんが、 2015 年は日本透析医学会総会で4 題、日本腎臓学会総会で4 題、米国腎臓学会で1 題など、多数の学 会発表を行いました。日本腹膜透析医学会で久間先生がYIA 賞、福岡県医学会総会で眞田先生がポス ター優秀賞を受賞されました。中野先生が腎臓専門医、中俣先生が透析専門医を取得し、久間先生は WNT10A 発現線維芽細胞と急性間質性腎炎との関連についての論文をPLoS One に発表、松本先生が 新しい腹膜透析液の主成分であるicodextrin の生体適合性についての論文をLife Sciences に発表し、 それぞれ医学博士となりました。昨年は腎グループへの新加入も3 名あり、ますますグループに活気が 出てきています。臨床におきましても、腎生検件数が116 件、新規透析導入数81 件、バスキュラーア クセス関連手術数101 件、シャント造影・PTA 数98 件と、過去最多レベルの状況が続いています。ま た、保存期腎不全患者を対象に腎臓病教室を行っています。医師に加えて看護師、栄養士などのチーム で、患者さんの腎不全リスクに立ち向かっています。不整脈グループも躍進を続けています。3 名の不 整脈専門医を中心として、デバイス治療は例年同様、盛んに行っています(135 件)。アブレーション も全ての頻拍性不整脈について症例数も伸びて過去最多の93 件となり、良い治療成績を収めています。 学術面でも多くの国際多施設共同研究への参加や単独臨床研究の論文発表を行い、エビデンスの構築に 寄与すると共に、デバイス患者の社会復帰への取り組みや、産業医学実務研修センターとの共同研究を 通じて、大学の使命にも貢献しています。心カテクループでは、心臓カテーテル検査、カテーテル治療 の年間件数も順調に伸びています。緊急治療や下肢血管の治療件数がさらに増加しており、総カテーテル治療数は278 例で昨年に引き続き過去最高を記録しました。治療成績もとても良好です。特にプレッ シャーワイヤーや血管内イメージングガイドの治療を先進的に行っており、11 月にはOCT(血管内イ メージング)のワークショップを開催し当院に全国から若手医師が沢山訪れました。全国の主要施設に も冠動脈イメージングの指導のため訪問しており、日本心血管インターベンション治療学会研修施設と して中心的な役割を担っています。心臓リハビリテーションも順調に行っています。また研究面におい ても、引き続き多くの多施設共同研究に代表施設として参加しています。今年はOCT で行った研究 (OPINION)の結果がインターベンション分野ではヨーロッパ最大の学会であるEuroPCR(本年5 月 開催)におけるLate breaking trial として報告されました。ACC やESC 等の国際学会や日本循環器学会、 日本心臓病学会、日本心血管インターベンション治療学会でも多く発表を行いました。今年4 月からは スタッフが一人増員し、大学院生も計3 名となりさらにグループの活気が出てきています。心エコーグ ループでは、通常のエコー検査だけでなく、負荷エコーや経食道エコーを幅広く活用し、弁膜症や心不 全の診断・治療に積極的に取り組んでいます。また、日本循環器学会総会や海外学会で多数の学会発表 を行うなど、臨床研究に精力的に取り組んでいます。永田先生が3 次元エコーによるストレイン解析が 大動脈弁狭窄症の予後予測に有用であることを論文として発表し医学博士となりました。これまでエ コーグループを率いてこられた竹内先生が教室を移動されましたが、新たに尾上先生が大学院生として グループに加わり、少し若くなったメンバーで元気よく診療と研究に取り組んでいます。若松病院循環 器内科・腎臓内科ですが、三階病棟の一角を人工透析室に改築し、本年5 月より外来血液透析を開始し ました。10 床のベッドと小規模ではありますが、侵襲的検査・治療ができないという今までの弱点を 一つクリアできる事になります。また心大血管リハビリテーションと睡眠時無呼吸診療に関しても着実 に数字を伸ばしています。特に心リハに関しては開設当初から数えて延べ8700 件を超え県内有数の心 リハ施設に成長しています。睡眠時無呼吸のポリソムノグラフィー検査に関しては、昨年夏からは月 10 件ペースで行っており、それにつれてCPAP 導入症例も着実に増加しています。また若松近隣の開 業医の先生方からの御紹介も増えてきました。

 2014年4月から副院長(体制整備・人材育成担当)を拝命しており、この仕事がドンドン増えて きます。前述の医療安全もしかり、産業医大病院にどうやって優秀な研修医にたくさん集まってもらえ るか?も大きな課題です。今年度に向けて昨年行われたマッチングではフルマッチしたのですが、卒業・ 国試で3 名の研修医枠が欠員となりました。不可抗力に近いですが、改善するところがないか?考えて います。少子高齢化で税収が減る中ですが、病院建替え(2020 年ぐらいを想定)のためにも頑張らね ばなりません。開学当初、有田焼きの赤煉瓦を使って病院建築されたそうですが、大震災復興・東京オ リンピックに向けて建築需要・価格がうなぎ上りの中での建て替えとならざるを得ません。やるべきこ とは山積していますが、やれることを一つずつして行くつもりです。とは言っても、人生を楽しむこと も大事で、健康管理が最重要です。これを兼ねて卓球をけっこうやっています。昨年は40 回練習しま した。1 回2 時間弱です。今年は50 回が目標です。学生とも年間10 回程度卓球をして、レギュラーク ラスにはなかなか勝てませんが、私に勝つことを目指している学生もいます。石田卓球という名門のと ころでコーチに習っていますが、すごくゆっくりとですが上達するように感じます。あるいは錯覚かも しれません。今後もベストを尽くす所存ですので、同門の皆さまからのいっそうのご支援・御鞭撻のほ どよろしくお願い申し上げます。


産業医科大学第2内科学教室便り 2015年度 第9号

ご覧になるには最新のAdobe Readerが必要になります。お持ちで無い場合は、こちらよりダウンロードしてください。
の隣りに記述しております数字はファイルのおおよその容量になります。数値が大きいほどダウンロードするのにお時間がかかります。
0 目次 735KB
1 巻頭言 1,044KB
2 同門会ご挨拶 1,590KB
3 医局一年の歩み 集合写真 新任・昇任スタッフの自己紹介
2,462KB
4 産業医科大学若松病院からの新任挨拶 1,441KB
5 新入教室員自己紹介 1,422KB
6 新研修医便り 学外研修報告会と実技講習会 1,909KB
7 外来・病棟この一年(平成27年度) 1,693KB
8 学生教育について 1,438KB
9 研究室一年の歩み(平成27年度) 2,014KB
10 訪問研究医便り 1,639KB
11 OB会員の先生方からの便り 1,710KB
12 教室職員紹介 786KB
13 関連施設便り 3,782KB
14 医局関連行事(学会、研究会、病診連携会、大学院講義など) 5,345KB
15 2015年度業績集
  1 論 文 1,551KB 1.原著(英文)、2.原著(和文)、3.著書、4.総説(英文)、5.総説(和文)、6.その他の著作
  2 学 会 1,589KB 7.国際学会、8.国内学会(総会)、9.国内学会(地方会)
  3 研究会 1,500KB 10.研究会(国際)、11.研究会(全国)、12.研究会(地方会)
  4 受 賞 1,410KB 14.受賞
  5 紹 介 1,410KB 15.紹介記事、インタビュー記事、テレビ出演など
  6 研究費 1,430KB 16.研究費獲得
16 あとがき 1,269KB

>> 過去の教室便りはこちらをご覧下さい。

産業医科大学医学部第2内科学講座 更新日:2016年7月1日 文責:穴井 玲央


ページのトップへ
Copyright (C) 2007 産業医科大学医学部 第2内科学. All Rights Reserved.