Japanese only

  産業医科大学病院


   リハビリテーション部  


   のホームページへようこそ



Welcome to Department of Rehabilitation, University Hospital of Occupational and  Environmental Health,Japan                                                                                            

トップページ

リハビリ部の特色
リハビリ部の年報
スタッフ一覧
業務マニュアル
受付と診察
理学療法
作業療法
言語聴覚療法
週間スケジュール
関連諸会議等
患者の担当について
スタッフ学術活動業績
英文抄読会タイトル
PT・OTの臨床実習
リハビリ部内見取り図
リハビリ部合同勉強会Ambition
調査研究のお知らせ
見学希望について


理学療法


心臓リハビリテーション室


 心臓リハビリテーション(心臓リハビリ)では、心臓病の患者様の再発や再入院を予防し、快適で生き生きとした社会生活への復帰を目標に、医師・看護師・理学療法士・作業療法士、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師などの医療チームで行っています。地域の皆様に信頼される、心臓リハビリを目指します。

主な対象疾患
 ◎急性心筋梗塞
 ◎狭心症(風船・ステント治療後も含む)
 ◎心不全
 ◎心臓術後(冠動脈バイパス術、弁膜症手術など)
 ◎大動脈の疾患(大動脈瘤、大動脈解離の手術後など)
 ◎閉塞性動脈硬化症

診療スタッフ
 ◎循環器内科医
 ◎リハビリテーション科医
 ◎看護師
 ◎理学療法士
 ◎作業療法士
 ◎管理栄養士
 ◎薬剤師
 ◎臨床検査技師

 心臓リハビリは、当院循環器内科、心臓血管外科入院、または外来受診患者様が対象で、医師の処方が必要となります。心臓リハビリ前に、各種検査を行い、適切な運動の強度を決定します。
毎週月曜日にカンファレンスを行い、患者様の治療効果と治療方針の確認を行います。


心臓リハビリの流れ
 @ 問診
 A バイタルチェック(血圧・心拍数・体重など)
 B 心電図装着
 C 体操
 D 有酸素運動(自転車駆動):20分
     最初は軽めの負荷(ペダルの重さ)から開始し、徐々に負荷を上げていきます。
 E 筋力トレーニング
 F 歩行

 ※運動中は、医療スタッフの監視の下、心電図モニターを確認しながら安全に運動を行います。
 ※患者様個々に合わせた日常生活や食事、服薬等に関する指導も行います。
 ※入院患者様では、病状に応じて病室等で個別にリハビリを行うことがあり、その場合は上記の限りではございません。

心臓リハビリの効果
 @ 運動能力の増加により、体を動かすのが楽になります。
 A 狭心症や心不全の症状が軽くなります。
 B 不安症状やうつ状態が改善します。
 C 血管が広がる能力や自律神経の働きが良くなります。
 D 心筋梗塞の再発や突然死が減ります。
  善玉コレステロールが増加し、中性脂肪が減少するなど、動脈硬化の原因となる因子を是正します。

心臓リハビリ時間
 午後1クール:12:50〜14:00
 午後2クール:14:00〜15:10

 ※原則として、入院中は土・日・祝日を除いて毎日(月〜金)行います。外来通院の場合は、週1〜3回を目安に行います(完全予約制)。

心リハ室全景
体 操
自転車駆動、筋トレ
運動療法室物理療法室水治療法室
 トップページへ



<文責: 久原聡志  更新日: 平成27年6月19日>

運動療法室
物理療法室
水治療法室