本文へスキップ

     産業医科大学 分子生物学講座

 

産業医科大学 医学部
分子生物学



ご挨拶





            分子生物学 教授
              岩井 佳子
     



平成25年4月1日より産業医科大学医学部分子生物学講座教授に就任しました。
医学の進歩により病気のメカニズムは、個体レベル、細胞レベル、さらに分子レベルで解明されつつあります。
疾患の原因を分子レベルで解明できれば、その分子を標的とした新しい治療薬の開発が可能となります。このように分子生物学は、基礎医学から臨床医学まで幅広い分野に応用されています。自ら問題を発見し、仮説を立て、証明するという論理的思考は科学の基本です。分子生物学を通して、自らのアイデアを証明する楽しさを知ってもらい、医師・研究者として必要な論理的思考力を身につけ、将来基礎医学・産業医学・臨床医学の分野で役立ててもらえるように、教育と研究に力を注ぎたいと思っています。




略歴

東京医科歯科大学医学部卒業
京都大学大学院医学研究科 博士課程修了、医学博士取得
京都大学大学院医学研究科 助手
ロックフェラー大学 客員研究員
東京医科歯科大学難治疾患研究所 特任講師
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 准教授を経て
現職(産業医科大学医学部 分子生物学講座 教授)に至る









産業医科大学 分子生物学

〒807-8555
福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号

TEL 093-691-7423

newpage2.htmlへのリンク