学生・研修医の方へ

産業医科大学卒業者はもちろんのこと、他大学卒業者も積極的に受け入れています。


レベルの高い放射線科専門医や、放射線科専門医の資格を持った産業医を目指す若い医師にとって最適な研修場所です。


日本医学放射線学会の研修ステム
現在、日本医学放射線学会では放射線科専門医の資格は2段階になっており、図のように初期の3年間は診断・治療に区別なく研修を行い、卒後6年目で専門医を取得します。その後さらに2年の研修を行って卒後8年目に診断専門医もしくは治療専門医を取得することになります。本人の希望に応じてIVR学会・脳血管内治療学会・核医学会専門医の受験資格も取得可能です。また、その過程で大学院に進学し学位取得を目指すこともできます。

 

放射線科学教室の特徴

 
診断、放射線治療、インターベンショナルラジオロジー(IVR)のいずれの領域においても高度な診療を幅広く行っています
カンファレンスや勉強会が充実しています
入局後は、画像診断医、放射線治療医、IVR医などいろいろな選択肢があります
研究体制も充実しており、ハイレベルの指導が受けられます
本人の意志を尊重し旧来の医局人事は行っていません
 
画像診断・核医学では単純X線写真、消化管透視、CT、MRI、核医学などの検査施行を行い、得られた検査画像の読影(評価)を行います。放射線科医は得られた画像情報の解析・評価を行って主治医に報告することで、疾病の発見・治療方針決定に重要な役割を果たしています。IVRでは血管造影手技を利用した悪性腫瘍や動脈瘤などの治療を行います。
放射線治療では、放射線や温熱療法を利用した腫瘍性疾患の治療を主に行っています。
 
当科では医局員を募集しています。質問などある場合は、医局長まで遠慮なく問い合わせて下さい。
また他大学卒業生には常時見学を受け付けていますので、お気軽に大学代表電話(093-603-1611)から電話交換から放射線科 医局長 村上までご連絡ください。
 

カンファレンス・輪読会

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日


金曜日
輪読会、病棟カンファレンス
輪読会、放射線科症例カンファレンス 、抄読会、研究カンファレンス
神経放射線カンファレンス、輪読会、肺癌カンファレンス、放射線治療カンファレンス
乳癌キャンサーボード(月1回)、肝癌キャンサーボード(月1回)、消化器癌キャンサーボード(月1回)、院内消化管画像カンファレンス(4カ月に1回)
婦人科カンファレンス、放射線治療カンファレンス、頭頸部カンファレンス
呼吸器カンファレンス(月1回)
 
[ホームへ]

文責 : 産業医大放射線科学教室 村上 優    最終更新日 : 2017/8/1