IVR部門

血管造影検査とは

血管内に造影剤を注入しながら、連続的にX線撮影を行うことにより、血管の形態や流れを評価する検査法です。体表から目的となる血管を穿刺できる場合には、直接造影が可能ですが、一般にはカテーテル(直径1.5mm前後のテフロンなど樹脂製の管)を用いたセルジンガー法が用いられます。動脈造影の場合、上肢から行う場合もありますが、安全性が高くよく用いられるのが、大腿動脈からカテーテルを挿入する方法で、頭部や四肢を含めあらゆる臓器、部位の選択的な血管造影が可能です。

血管造影装置として、旧来は通常のX線フィルムで撮影をおこなっていましたが、最近ではほとんどの施設でDSA(ディジタルサブトラクションアンジオグラフィ)装置が用いられています。これは造影剤注入の前後で画像を撮影、ディジタル変換を行い、コンピュータ上で引き算をすることにより、血管のみを描出することができます。リアルタイムで画像が得られ、高い濃度分解能を持ち、検査時間の短縮、造影剤使用量の低減、被爆量の低減が可能になりました。
 

最近の血管造影検査の動向

かつての血管造影検査は診断部門の一分野としての役割が主でしたが、CTやMRI装置・撮影技術の進歩により、血管の形態評価については、かなりの部分がこれらによって可能になっています。また腫瘍などの循環動態についてもダイナミックの造影を用いることにより、評価が可能です。ミリ単位より細い血管の描出、高い時間分解能はいまだ血管造影の独擅場ではありますが、臨床的な必要性と、検査の侵襲性を考慮して、診断目的の血管造影検査は省略される場合が多くなってきました。実際に動脈瘤や閉塞性動脈硬化症などの血管性病変であっても、CTやMRIでかなりの情報が得られるようになっています。一方で最近重要性が増してきているのが、いわゆるIVRのための血管造影検査です。
 

IVRとは

インターベンショナルラジオロジーの略ですが、日本では画像下治療とも呼ばれています。たとえば消化管出血の場合には、出血している血管までカテーテルを挿入できれば、塞栓物質を注入することにより止血・治療が可能です。全身状態や出血部などを考慮しなければなりませんが、カテーテルや塞栓物質の改良により、喀血や外傷による出血のほか、最近では動脈瘤なども治療可能になっています。塞栓物質のかわりに抗癌剤を注入(局所化学療法)すれば、副作用をある程度おさえて、治療効果を増すことも可能で、放射線治療との併用なども行っています。

逆に動脈硬化などの血栓あるいは塞栓で、血管が狭くなった、あるいは閉塞した場合には、専用のカテーテル(あるいはステントと呼ばれる拡張性のある金属)で拡張、再開通させることもできるようになっています。対象部位にもよりますが、かつては手術しか治療法のなかった血管病変でも、血管造影検査と同じ手技を用いて、侵襲性をある程度低くおさえて治療が可能となりました。このように様々な疾患、臓器にIVRを行う機会が増しています。特に、超急性期脳梗塞において、経カテーテル的な血栓除去術も開始しております。

 

当院での血管造影装置について

2台の血管造影装置が導入されています。ともにフラットパネルを検出器として使用した最新の回転DSA装置です。従来のDSA装置と比較して、空間分解能の向上、広いダイナミックレンジ、画像の歪みがないなどの利点をもっています。これらを生かして、より精度の高い3次元画像が作成でき、診断はもとより、数々のIVR支援のための工夫がされています。

DSA 1 DSA2
 
[ホームへ]
文責 : 産業医大放射線科学教室 大成宜弘/掛田伸吾    最終更新日 : 2017/8/1