核医学部門

核医学検査とは

放射線を放出する少量の薬剤(放射性医薬品という)を(多くは)静脈注射により体内に投与すると、その放射性医薬品が特定の臓器に集積しその後排泄されていきます。この様子をガンマカメラも用いて画像化することにより、臓器の働きの画像を描き出す検査です。薬剤投与後はガンマカメラ上に 20 〜 30 分間横になるだけで写真が撮れるため、患者さんにとって苦痛の少ない検査となっています。
 

当院設置のガンマカメラ

 

放射性医薬品とは

放射性医薬品は放射線を放出する薬剤であり、体の外から見えない病気の場所や臓器の状態を、放射線という信号を出すことによって知らせてくれます。放出される放射線による被曝については、 1 回の検査あたり 0.2 〜 8 ミリシーベルト( 1 年間に受ける自然放射線が約 2.4 ミリシーベルト)となっており、人体への影響も心配はありません。また放射性医薬品による副作用もごくまれにしか起こらず( 10 万人あたり 2.1 〜 2.5 人)、安全な薬剤ということができます。
 

CT、MRI、超音波などの検査との違い

CT や MRI 、超音波検査が主に臓器の形や大きさなどの形態を調べるのに対して、核医学検査は主に臓器の働き具合(機能)を調べる検査です。形態画像と機能画像を組み合わせて行うことで、治療の方針を決定したり効果的な治療が行われているか判断したりすることができます。
 

産業医科大学での核医学検査

核医学部門では現在 3 台のガンマカメラおよび1台のPET-CTを用いて検査を行っています。心筋血流シンチにおける QGS 解析や脳血流シンチにおける統計画像解析、各種シンチグラフィにおけるSPECT (断層写真の作成)等も行っています。

■当院で施行されている主なRI検査

1) 骨シンチグラフィ
転移性骨腫瘍の検出、骨の炎症や骨折、その他の骨疾患の検出
2) ガリウムシンチグラフィ
悪性腫瘍の検出、炎症性病巣・肉芽腫性病巣の検出等
3) 心臓核医学検査
負荷心筋血流シンチ;虚血性心疾患の検出、心筋梗塞の描出等
心筋脂肪酸代謝イメージ;虚血性心疾患における脂肪酸代謝の低下の検出
心筋交感神経イメージ;虚血性心疾患の虚血後の除神経評価、拡張型心筋症の重症度と予後評価等
急性心筋梗塞シンチグラフィ;心筋梗塞の存在、大きさ、部位診断
4) 脳核医学検査
脳梗塞、認知症、パーキンソン症候群、てんかん、脳腫瘍、外傷等さまざまな病気で起こる脳の血流異常をイメージング
5) 脳受容体シンチ
脳内の中枢性ベンゾジアセピン受容体の分布を画像化することにより、てんかんの焦点を検出
6) ダットスキャン
線条体におけるドパミントランスポーター(DAT)の分布を可視化することで、ドパミン神経の変性・脱落を伴うパーキンソン病(PD)を含むパーキンソン症候群(PS)の早期診断や、レビー小体型認知症(DLB)の診断精度の向上、治療方針の決定に寄与する診断技術
7) 肺換気・血流シンチ
肺の局所の血流、換気を画像化することにより肺機能の評価が可能
8) 腎シンチグラフィ
腎臓の血流を画像化することにより、レノグラムを作成、分腎機能の評価
9) 甲状腺シンチグラフィ
123I 、 99mTc 甲状腺シンチグラフィ:甲状腺摂取率を測定し、甲状腺機能の評価、甲状腺結節の機能評価
201Tl 甲状腺シンチグラフィ:甲状腺悪性腫瘍の評価(リンパ節転移や遠隔転移の有無、再発の有無等)
10) 副腎シンチグラフィ
副腎皮質シンチグラフィ;クッシング症候群や原発性アルドステロン症の診断、鑑別、偶然腫の鑑別等
副腎髄質シンチグラフィ;褐色細胞腫や神経芽細胞腫の診断および転移の評価
11) PET-CT
悪性腫瘍の大きさや場所の特定、良性・悪性の区別、転移状況や治療効果の判定、再発の診断、てんかんの病巣診断、虚血性心疾患におけるバイパス手術検討のための心筋バイアビリティ診断、心サルコイドーシスの診断
12) その他
副甲状腺シンチ、肝シンチ、唾液腺シンチ、骨髄シンチ、脳槽シンチ、メッケル憩室シンチ、出血シンチ、循環血液量測定、精巣シンチ、センチネルリンパ節の検索等の検査を行っています
 

産業医科大学でのアイソトープ治療

アイソトープ治療とは、物質を構成する元素のうち放射線を出す性質のあるもの(ラジオアイソトープ(RI);放射性同位元素)を体内に投与する一種の放射線治療です。古くから甲状腺疾患に対するヨウ素131内服療法は行われていましたが、近年、新たに骨転移の疼痛治療に対する塩化ストロンチウム89(メタストロン®)治療、悪性リンパ腫に対するイットリウム90(ゼヴァリン®)治療、去勢抵抗性前立腺癌に対する塩化ラジウム223(ゾーフィゴ®)治療が開発され、保険適応となっています。当院で施行されている治療は、現在ストロンチウム89(メタストロン®)治療です。他薬剤も準じ導入が予定されています。適切な管理指導のもとでおこなえば侵襲が低く非常に有効な治療です。詳細は放射線治療専門医や核医学専門医にお問い合わせください。
 
[ホームへ]
文責 : 産業医大放射線科学教室 林田佳子    最終更新日 : 2017/8/1