本文へスキップ

年会長挨拶

第23回日本免疫毒性学会学術年会の開催に向けて

第23回日本免疫毒性学会学術年会 年会長 森本 泰夫
(産業医科大学 産業生態科学研究所 呼吸病態学) 

 第23回日本免疫毒性学会学術年会を平成28年9月5日(月)から7日(水)にかけて北九州市の国際会議場で開催します。九州では、初めての開催であり、九州の玄関口である北九州で開催できることは、喜びひとしおであります。今回のテーマは、"社会に実践する免疫毒性学"であります。従来のテーマのように新たな研究分野の開拓とは異なり、実社会での有用性に根差したテーマとしています。まず、学術年会に先立って市民公開講座を行うことを企画しています。公開講座のテーマは、低炭素社会の実現に向けた試みとして、工業用ナノ材料の有害性評価手法の確立です。これは、経済産業省のプロジェクトとして行われており、幅広い特性により様々な用途に使用されることが期待されている工業用ナノ材料の有害性評価として比較的簡易に行えるスクリーニング検査手法の確立を目指した講演を行います。今後、様々な分野で使用されることが期待されている工業用ナノ材料が市場に出回る前に、安全性を確認することは、社会に直接的に貢献する科学の実践であると考えます。また、シンポジウムにおいては、微小粒子による肺生体影響評価とその社会実現をテーマとしてナノ粒子を含む微細粒子の生体影響に関して社会還元を目指した研究、または今後目指す研究を取りあげ、研究の方向性など大いに議論していただきたいと考えています。教育講演に関しては、膠原病の治療薬である免疫抑制剤の有害事象、薬剤性肺障害、アジュバンドによる自己免疫など臨床医の立場から講演してもらう予定です。試験法ワークショップのテーマは、免疫抑制剤における有害性転帰経路、特別講演もナノ粒子の免疫毒性に関する内容で講演を行います。一般講演、ポスター講演、年会賞、学生・若手優秀発表賞の設定も例年通り企画していく予定です。
 北九州市は、近年エコタウンとして、リサイクル事業などのエコ活動を活発に推進している都市ですが、最近のトピックは、平成27年7月に、ユネスコより世界文化遺産に登録された明治日本の産業革命遺産のある都市として活気づいています。遺産の中でも中核的な遺産である官営八幡製鉄所関連施設が北九州市に点在しており、一見の価値があると思います。他の観光として、次世代エネルギーパーク、北九州のシンボル的存在である小倉城、バナナのたたき売りやレトロ感漂う門司港、スペースワールドなど多くの施設があります。また、夜景も好評で、特に工場夜景は想定外の魅力を醸しだし、多くの観光客が集まっています。食事に関しても、玄界灘に面しており海産物が非常に豊富で美味であると好評です。ぜひ、学会のみならず、北九州市自体を満喫していただきたいと考えます。

バナースペース


第23回日本免疫毒性学会学術年会
チラシはこちら →  PDF  

第23回日本免疫毒性学会学術年会 事務局

産業医科大学 産業生態科学研究所 呼吸病態学内
〒807-8555
北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1

TEL 093-691-7466
FAX 093-691-4284
mail

文責:呼吸病態学 更新日: 2016/8/5