産業医学実務講座「企業経営と産業保健」を1月20日に開催

 

 産業医実務研修センターでは、産業医に必要な修練のための産業医学実務講座を年2クール(6月~8月、1月~3月)開講しています。その中でクール毎に企業の経営層の方を講師としてお招きし、「企業経営と産業保健」をテーマとした研修カリキュラムを提供しています。

 今回は、平成29年 1月20日(金)13時から産業医実務研修センター3階305講義室において、コニカミノルタ株式会社常務執行役人事部長若島司氏によるご講演が行われ、約50名が受講しました。

 コニカミノルタ株式会社は、2015年から開始された「健康経営銘柄」に2年連続選ばれています。「健康経営銘柄」とは、東京証券取引所の上場会社の中から、従業員等の健康管理を経営的な視点で考えて戦略的に実践している企業を経済産業省と東京証券取引所が共同で業種区分毎(1区分で1社)に選定して紹介するものです。

 ご講演では、主に「健康経営」の取り組みや、成果と課題などについてお話いただき、受講者は熱心に聴講されていました。

また、ご講演後には多くの質問等が寄せられ、盛会裏に終了しました。

(産業医実務研修センター)

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.