産業医学実践研修

 

産業医としての総合的な実践能力向上のための研修です!


 

 

◇平成29年度 産業医科大学 『産業医学実践研修』のお知らせ◇

  

  「産業医学実践研修」は産業医として、多様化する事業場のリスクやニーズに的確に対応し、労働者の健康保持増進に貢献するための実践能力向上を目指した研修です。 
  産業医科大学において、長年にわたる産業医養成の取組みで構築された実践的な研修を提供します。
 
 
 産業医学実践研修では、従来の「集合型研修」に加え、「ラーニング」による研修も提供しています。
 
 
 【集合型研修コース】  
 
  平成29年度「産業医学実践研修」(集合型研修)は、全13プログラム(計16回)で構成されており、
  6月から
2月まで順次開催します。
    
  詳細が決まりましたら、ホームページ等でお知らせいたします。
  
                     集合型研修コースは、こちら 
 
 
 ラーニングコース】 (通年開講)
 
  -ラーニングコースは、申込み不要で、 いつでも何度でも受講が可能です。
  現在、1プログラム 2部の学習を配信しています
               
                         ラーニングコースは、こちら 

 

 

 

 

                                                                                                                             

 

 【Ⅰ 集合型研修コース 

 

 お知らせ 

 

 ○平成29年8月21 

   

  • 10月開催研修会 受付期間:8月21日(月)~9月8日(金) 

 

 

  • 11月開催の研修会受付期間は9月19日(火)~10月6日(金)の予定です。 

 

 

            産業医学実践研修 申込み」については、こちら

 

 

    「産業保健の統括マネジメント研修」は登録制です。

    平成29年度研修会の案内送付を希望される方は登録を行ってください。

    

        「産業保健の統括マネジメント」登録フォームは、こちら

 

 

  

研修会をさがす

 

研修テーマでさがす

 

開催地でさがす

 

開催月でさがす

 

 

研修テーマでさがす

 

 プログラム番号

 研修テーマ

 開催地

 開催月

 プログラム1  産業保健実務スキルアップセミナー

大阪

7月

東京

11月

 プログラム2  産業保健プログラムの企画・実践力の向上のためのケースメソッド研修

東京

6月

大阪

10月

 プログラム3  産業保健の統括マネジメント

東京

12月

 プログラム4  ワンランク上の労働衛生教育

大阪

7月

 プログラム5  健康管理等の実地研修シリーズ

山形

10月

 プログラム6  使える!労働安全衛生マネジメントシステムの知識と活用法

東京

7月

 プログラム7  化学物質による健康障害を防止するための知識

東京

11月

 プログラム8

 産業医に必要なメンタルヘルス対策のための基礎的研修

東京

6月

大阪

2月

 プログラム9  産業医が知っておくべきセルフケア -一次予防を中心に-

大阪

10月

 プログラム10  海外勤務者の産業保健活動

東京

2月

 プログラム11

 ケースで学ぶメンタルヘルス不調者の支援に必要な労務および社会制度に

 関する知識と応用

東京

2月

 プログラム12  ストレスチェック制度の理解と運用

調整中

2月

 プログラム13  治療と就業生活の両立支援

東京

1月

 

 

 

 

開催地でさがす

 

 開催地

研修テーマ 

 プログラム番号

 開催月

 山形

 健康管理等の実地研修シリーズ

 プログラム5

10月

東京

 産業保健実務スキルアップセミナー  プログラム1-②

11月

 産業保健プログラムの企画・実践力の向上のためのケースメソッド研修  プログラム2-①

6月

 産業保健の統括マネジメント  プログラム3

12月

 使える!労働安全衛生マネジメントシステムの知識と活用法  プログラム6

7月

 化学物質による健康障害を防止するための知識  プログラム7

11月

 産業医に必要なメンタルヘルス対策のための基礎的研修  プログラム8-①

6月

 海外勤務者の産業保健活動  プログラム10

2月

 ケースで学ぶメンタルヘルス不調者の支援に必要な労務および社会制度に
 関する知識と応用
 プログラム11

1月

 治療と就業生活の両立支援  プログラム13

1月

大阪

 産業保健実務スキルアップセミナー  プログラム1-①

7月 

 産業保健プログラムの企画・実践力の向上のためのケースメソッド研修  プログラム2-②

10月

 ワンランク上の労働衛生教育  プログラム4

7月

 産業医に必要なメンタルヘルス対策のための基礎的研修  プログラム8-②

2月

 産業医が知っておくべきセルフケア -一次予防を中心に-  プログラム9

 10月

調整中

 ストレスチェック制度の理解と運用  プログラム12

2月

 

  

 

 

開催月でさがす

 

開催月

研修テーマ 

 プログラム番号

 開催地

 6月

 産業保健プログラムの企画・実践力の向上のためのケースメソッド研修

 プログラム2-①

東京

 産業医に必要なメンタルヘルス対策のための基礎的研修  プログラム8-①

東京

7月

 産業保健実務スキルアップセミナー  プログラム1-①

大阪

 ワンランク上の労働衛生教育  プログラム4

大阪

 使える!労働安全衛生マネジメントシステムの知識と活用法  プログラム6

東京

10月

 産業保健プログラムの企画・実践力の向上のためのケースメソッド研修  プログラム2-②

大阪 

 健康管理等の実地研修シリーズ  プログラム5

山形

 産業医が知っておくべきセルフケア -一次予防を中心に-  プログラム9

大阪

11月

 産業保健実務スキルアップセミナー  プログラム1-②

東京

 化学物質による健康障害を防止するための知識  プログラム7

東京

12月

 産業保健の統括マネジメント  プログラム3

 東京

 1月

 ケースで学ぶメンタルヘルス不調者の支援に必要な労務および社会制度に関する知識と応用  プログラム11

 東京

 治療と就業生活の両立支援  プログラム13

 東京

 2月

 産業医に必要なメンタルヘルス対策のための基礎的研修  プログラム8-②

 大阪

 海外勤務者の産業保健活動  プログラム10

 東京

 ストレスチェック制度の理解と運用  プログラム12

 調整中

 

 

 

 

 

 

 

  

                                                                                                                             

 

【Ⅱ ラーニングコース】 (通年開講)

 

 産業医学実践研修のラーニングは受講料無料です。

 申込み不要で、いつでも何度でも受講することができます。

 ただし、修了認定書、日本医師会認定産業医の単位シール等発行の対象ではありません。 

  

 

 〔現在開講しているプログラム〕

  プログラム

講師

研修時間 

  職場における感染症対策

 1

 慶應義塾大学 大学院

      教授 鎌倉 光宏 

 約33分

 2

 産業医科大学 保健センター 

  副センター長 立石 清一郎 

 約23分

 

 規約に同意の上、各学習頁にお進みください。      規約・学習頁に進む

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ等
〒807-8555
 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
 産業医科大学 卒後支援課 産業保健推進係

TEL: 093-691-7464, FAX: 093-691-7485, e-mail: mentalex@mbox.med.uoeh-u.ac.jp

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.