栄養部

概要 

 栄養部は、診療支援部門に属し、給食・栄養管理、栄養指導を柱に業務を行っています。食事は「治療の一環である」という考えの基、患者様1人1人の病態に合った食事の提供を行っています。嗜好調査や病棟訪問による聞き取り調査やアンケート調査を実施し、1人でも多くの患者様に「美味しい」と言って頂ける食事が提供できるよう日々努力しています。また、2012年度からさまざまな職種(医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・リハビリテーション部職員等)が協力し合い、個々の患者様に合った栄養管理を行う栄養サポートチーム(NST)を立ち上げ、活動を進めています。


特徴

<給食管理業務>
 医師の指示のもと、個々の患者様の病態に合わせた食事の提供をしています。
 低栄養・食欲低下・アレルギー等がみられる患者様には、管理栄養士が病棟訪問を行い、患者様が少しでも食事が食べられるように工夫しています。
 その他、行事食・地元若松産の食材を使った料理等の提供も行っています。

 

 写真1.jpg

 写真2.jpg


<栄養管理業務>
 入院時に栄養状態の評価を行い、栄養管理計画書を作成しています。
 低栄養の患者様に対しては、医師、看護師などからの情報を基に、食事の検討を行い、主治医と相談の上、患者様に合った食事が提供できるよう可能な限り対応しています。また、病棟から依頼のあった患者様に関してはNSTが対応し、よりよい栄養管理が出来るように努めています。


<栄養指導業務>
 入院・外来の患者様に対し、個人指導(月~金)と集団指導(糖尿病教室、減塩教室)を行っています。
 2013年5月より糖尿性腎症予防の栄養指導を行っています。全て予約制のため、主治医からの事前予約が必要特徴となります。

 

 

 ●栄養部 スタッフ