心臓リハビリテーション室

心リハ1.jpg 産業医科大学若松病院心臓リハビリテーション室は、20125月に、北九州市若松区で唯一心臓リハビリテーションが受けられる施設として開設いたしました。心臓リハビリテーション室では、心臓病の患者様の再発や再入院を予防し、快適で生き生きとした社会生活への復帰を目標に、医師・看護師・理学療法士・作業療法士、臨床検査技師などの医療チームで心臓リハビリを行っています。地域の皆様に信頼される、心臓リハビリを目指します。

  

主な対象疾患

急性心筋梗塞

狭心症(風船・ステント治療後も含む)

心不全

心臓術後(冠動脈バイパス術、弁膜症手術など)

大動脈の疾患(大動脈瘤、大動脈解離の手術後など)

閉塞性動脈硬化症

 

診療スタッフ

循環器内科医

リハビリテーション科医

看護師

理学療法士(心臓リハビリテーション指導士)

臨床検査技師(心肺運動負荷試験)

臨床工学技士

薬剤師(服薬指導)

管理栄養士(栄養指導)

 

 心臓リハビリは、当院循環器内科入院、または外来受診患者様が対象で、医師の処方が必要となります。

 心臓リハビリ前に、心肺運動負荷試験や歩行テストなどを行い、適切な運動の強度を決定します。

 

     心リハ2.jpg

 

 毎週カンファレンスを行い、患者様の治療効果と治療方針の確認を行います。

 

心臓リハビリの流れ

(1)  問診

(2)  バイタルチェック(血圧・心拍数・体重など)

(3)  心電図装着

(4)  いすに座って行うストレッチ体操、軽めの散歩:10分

(5)  有酸素運動(自転車こぎ):25分

     最初は軽めの負荷(ペダルの重さ)から開始し、徐々に負荷を上げていきます。

       心リハ3.jpg 

(6)  筋力トレーニング:15分

軽めのダンベルなどを使い、上肢・下肢の筋力を鍛えます。 

     心リハ4.jpg 

(7)  整理体操(マット上でのストレッチ):10分

※運動中は、医療スタッフの監視の下、心電図モニターを確認しながら安全に運動を行います。

※患者様個々に合わせた日常生活や食事、服薬等に関する指導も行います。

※入院患者様では、病状に応じて病室等で個別にリハビリを行うことがあり、その場合は上記の限りではございません。

 

心臓リハビリの効果

(1)  運動能力の増加により、体を動かすのが楽になります。

(2)  狭心症や心不全の症状が軽くなります。

(3)  不安症状やうつ状態が改善します。

(4)  血管が広がる能力や自律神経の働きが良くなります。

(5)  心筋梗塞の再発や突然死が減ります。

(6)  善玉コレステロールが増加し、中性脂肪が減少するなど、動脈硬化の原因となる因子を是正します。

 

心臓リハビリ時間

原則として、入院中は土・日・祝日を除いて毎日(月~金)の午後に行います。外来通院の場合は、週1~3回を目安に行います(完全予約制)。

 

 

産業医科大学若松病院にて心大血管リハビリテーションの処方のあった心大血管疾患患者さんへのお知らせ

当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた情報の記録に基づき実施する研究です。このような研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(平成261222日)」により、対象となる患者さんのお一人おひとりから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開するとともに、参加拒否の機会を保障するものとされています。この研究に関するお問い合わせ、また、ご自身の診療情報が利用されることを了解されない場合は、以下の問い合わせ先にご連絡ください。利用の拒否を申し出られても何ら不利益を被ることはありません。

1.    研究課題名心大血管疾患患者に対する各評価指標の臨床的有用性および長期外来心大血管リハビリテーションの効果に関する包括的研究

2.    研究期間:平成286月〜平成313

3.    研究機関:産業医科大学若松病院

4.    実施責任者:リハビリテーション科 准教授 岡崎哲也

5.    研究の目的:心大血管疾患に対する心大血管リハビリテーション(リハビリ)の効果は、近年多く報告されております。しかし、本邦における長期の心大血管リハビリの効果に関しては明らかではありません。退院後、週1回程度の外来心大血管リハビリにて心大血管疾患患者さんの身体機能・能力が改善し、再発や再入院の頻度が減少することをしばしば経験しておりますが、その効果は明らかではありません。そのため本研究では、当院における心大血管疾患患者に対する長期の外来心大血管リハビリの効果を検討することとしました。また、心大血管疾患患者さんに対して治療効果を判定するために様々な評価指標が用いられておりますが、それらの臨床的意義や有効活用方法を示す報告は少ないため、本研究ではそれらも合わせて検証を行います。本研究によって長期の外来心大血管リハビリの効果を明らかとし、心大血管リハビリにおける適切な評価指標の選択につなげていきたいと考えています。

6.    研究の方法:平成245月から平成283月までに心大血管リハビリテーションの処方のあった心大血管疾患患者さんを対象とし、診療録を調査します。年齢は20歳以上の成人で性別は問いません。

7.    個人情報の取り扱い:プライバシー確保のために個人データはいかなる形でも本研究の研究者以外の外部の者に触れられないように、研究者の道義的責任に基づき厳重に保管します。個人名および個人データの公表はいかなる形でも行いません。データは、被験者が特定できないように管理します。この研究によって得られた成果を学会や論文などに発表する場合には、個人を特定できる氏名、住所などの個人情報は一切使用いたしません。

8.    問い合わせ先:産業医科大学若松病院リハビリテーション部 寺松寛明TEL093-761-0090(内線6164

9.    その他:謝礼はございません。