産業保健学部 学校推薦型選抜

令和3年度産業保健学部学校推薦型選抜

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 産業医科大学産業保健学部は、働く人々の健康と安全を守るため、看護、作業環境管理、労働安全衛生マネジメント等に関する教育と研究を行っています。本学部の目的は、医療および産業保健分野において、必要な知識、技術およびチームワーク精神を身につけ、豊かな人間的感性および科学的洞察力を備えた人材を育成することです。
 以上の目的を十分に理解し、それを遂行し得る学生を全国から募集します。
 各学科の「求める学生像」及び「大学入学までに身につけておくべき教科・科目等」は、次のとおりです。

(1)看護学科

<求める学生像>

(1)本学の設置目的を十分に理解し、それを遂行する情熱を持っている。 (2)次世代を担う高度な看護職を目指し、人々が健康に働き、生活できる社会を創生することに意欲を持っている。 (3)働く人々の心身の健康をサポートし、社会が求める看護師や保健師を目指している。 (4)努力を惜しまず、積極的に学ぶ姿勢を持っている。
(5)自分の考えを適切に表現できる能力を有し、人間愛に徹した幅広い人間性・倫理観・柔軟性と協調性を備え、周囲の人と良好なコミュニケーションをとることができる。

<大学入学までに身につけておくべき教科・科目等>

(1)高等学校教育科目全般における基礎的な知識・技能を有している。特に、入学後の修学に必要な国語・英語を中心に、数学・理科などバランスのとれた基礎学力を有している。 (2)国語と英語については、正しく読み取ることのできる読解力と基本的な文章力を有している。 (3)理科については、 看護を科学的に実践できるための基盤となる生物・化学を中心とした基礎知識を有している。

(2)産業衛生科学科

<求める学生像>

(1)本学の設置目的を十分に理解し、それを遂行する情熱を持っている。 (2)働く人々の健康と安全を守るために、安全で快適な職場を創りだすことに意欲を持っている。 (3)努力を惜しまず、積極的に学ぶ姿勢を持っている。 (4)相手を思いやる豊かな人間性・倫理観とコミュニケーション能力を有し、他者と協調し信頼関係を築くとともに、自分で考えて行動できる。

<大学入学までに身につけておくべき教科・科目等>

(1)高等学校教育科目全般における基礎的な知識・技能を有している。特に、入学後の修学に必要な数学・理科を中心に、国語・英語などバランスのとれた基礎学力を有している。 (2)数学については、基本的な概念や定理を理解し、事象を論理的に考察し数学的に処理する能力を有している。 (3)理科については、化学及び、物理あるいは生物を修得し、科学的な思考ができる能力を有している。

募集人員

  • 看護学科 35名以内
  • 産業衛生科学科 5名以内

推薦の対象 学校長

学校長が学業、人物、健康ともに優良と認め、責任をもって専願で推薦できるもので、次の要件を全て満たす者とします。

1 高等学校または中等教育学校を令和3年3月卒業見込みの者および令和2年3月に卒業した者

2 調査書の全体の学習成績の状況が 3.7 以上である者

3 合格した場合は、入学を確約できる者

(注) 学校長が1校につき推薦し得る人員は、下記のとおりとします。

出願資格 看護学科 産業衛生学科
令和3年3月卒業見込みの者 4名以内 2名以内
令和2年3月に卒業した者 1名 1名

選抜方法

大学入学共通テストを免除し、学校長の推薦書、調査書、志望理由書(特別活動記録を含む)および本学の実施する小論文・面接の評価を総合して合格者を決定します。

出願期間

令和2年11月1日(日)から11月7日(土)までの間(出願締切日:消印有効)

小論文・面接の期日・場所および時間

期日・場所 教科等 時間
令和2年12月2日(水)
本学
小論文※ 120分間
面接 1人 約15分間

※看護学科では、和文および英文の課題について、読解力・思考力・表現力を問う内容となっています。
※産業衛生科学科では、英文の課題について、読解力・思考力・表現力を問う内容、および自然科学を題材とした総合的な文章問題について、論理的思考力や計算力を問う内容となっています(必ずしも物理、化学や生物分野特有の知識を問うものではありません)。

合格者発表

令和2年12月11日(金)

入学手続期間

令和2年12月16日(水)から12月17日(木)まで

入学検定料

30,000円

文責:入試事務室 更新日:令和2年7月30日