トップページ > 大学紹介 > 法人概要 > 急性期診療棟 の 新築工事を開始いたします(大学病院の施設拡充計画)

急性期診療棟 の 新築工事を開始いたします(大学病院の施設拡充計画)

 将来にわたり、高度急性期医療の中核を担い、指導的役割を果たす基幹病院として、更なる機能強化を図ります。

  病院コンセプト図.png

 コンセプト

    急性期医療の機能強化⇒効率的な部門連係と迅速な動線の確保

 ・成長と変化への柔軟な対応

  ⇒既存棟との連携を考慮・機能拡張の確保・省エネに配慮した計画

 ・医療環境の充実⇒患者・スタッフの安全を守り、心地いい施設づくり

 ・大学病院機能を特化⇒臨床研究・実習及び生涯教育の視点からの施設計画

 ・災害に強く、サスティナブルな建築

  BCP(事業継続計画)を支援し、ライフサイクルコストを低減する施設計画

建物概要

  構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 免震構造

 ・階数:地上5階建て

  床面積:約21,782

フロア構成

   フロア図1.jpg

   

各フロアの紹介

エントランスホール.jpg




エントランスホール(1階)




  総合周産期母子医療センター(NICU)(2階)

  NICU(15床)、MFICU(6床)、GCU(6床)とし、
  急性期女性病棟(うち産科病棟12床)を併設する計画
    とします。

NICU.jpg

面会室.jpg




WEBカメラ面会室(2階)

NICU、GCUの面会はWEBカメラによる面会専用室を2室設置し、ご家族の面会も可能とする計画とします。
(GCUは窓越し面会を1室設置)





手術室(3階)

手術室①.jpg

手術室②.jpg


・手術室は17室とし、将来の手術件数の増加に備え、増設スペースを1室確保します。
・ハイブリット手術室は3室設置(MRI、CT、アンギオ
 (将来設置))する計画とします。
・手術室は回収廊下を設置しない中央ホール型とします。一般手術室はポッド型に配置し、面積効率が高く、手術を受ける患者さんの心理面にも配慮した計画とします。

                
   
     集中治療室(3階)

  ICUは10床を整備し、そのうち2床を陰圧個室とします。
  スタッフステーションを中央に配置した見守りやすい
  ホール型とします。

集中治療室.jpg

リフレッシュルーム.jpg




スタッフリフレッシュルーム(4階)

スタッフの憩いやコミュニケーションの場となるリフレッシュルーム、屋外リフレッシュスペースを設置します。



急性期病棟(4階、5階)

・1看護単位、4床室4室、個室26室の計42床で構成します。
・5階病棟はH型の1フロア2看護単位で計画します。2つの病棟の効率性を高めるようにステーションリンクを設け、スタッフエリアを集約し、動線の短縮、業務の効率化を図ります。

スタッフステーション.jpg

建設位置

配置図.jpg

急性期診療棟の工事進捗状況

急性期診療棟ニュースレター10月号.jpg

これまでの急性期診療棟の工事についてはこちらから