省エネに向けての取組み

 産業医科大学は、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)における、「第1種エネルギー管理指定工場等」に指定されており、エネルギー管理体制を整備し、省エネに努めるよう求められています。本学では、エネルギー消費原単位を前年度から1%以上削減することを目標としています。

  

 

 本学では、更なるエネルギーの削減を図る為、エネルギーサービス事業者の提案による、省エネを目的とした設備更新や機器の導入を検討しています。このエネルギーサービス事業により、一次エネルギーについては、削減率16.3%、CO2排出量については、3,126(t-CO2/年)削減する目標としています。

 
 ■主な実施予定項目
   高効率ボイラへの更新
   冷水ポンプ等インバータ導入
   冷凍機更新
   照明のLED化
   エネルギーマネジメントシステム装置導入による運転制御の最適化

 

 
 ■事業スケジュール
   1. エネルギーサービス事業事業者募集公告         平成30年1月
   2. エネルギーサービス事業優先交渉権者の選定      平成30年3月
   3. エネルギーサービス事業契約の締結             平成30年9月(予定)
   4. エネルギーサービス事業の開始                平成31年4月(予定)

 

 

 

 guraf.jpg

 

 

                                                                                                                           最終更新:2018年6月

                                                                                                                           文責:総務部 施設課 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.