広域・発達看護学 研究業績


v3_arr004.gif 著書

  • 松浦祐介:初回治療で完全寛解が得られなかった場合の対応は?卵巣がん治療ガイドライン 2015年版, 金原出版株式会社.100-101,2015
  • 正野逸子,本田彰子編著.本田彰子,正野逸子,荒木晴美,炭谷康子,菊池和子,上野まり,野元由美,平山香代子,赤沼智子,王麗華,栗本一美,生野繁子,伊沢美智子,中山優季,遠藤貴子,宇野さつき:看護実践のための根拠がわかる在宅看護技術.メヂカルフレンド社.2-1127-59,338-352.2015
  • 正野逸子,白木裕子編著.正野逸子,荒木晴美,鷹居樹八子,野元由美,稲富武志,田畑廣子,白木裕子,古賀裕美子,稲富武志,加賀美由旗,河邊みち子,斉藤律子,末次香代子子:在宅医療処置の基礎と居宅ケアプラン,日総研出版.8-24,4252,112-123,138-148-,2014
  • 正野逸子,本田彰子編著.本田彰子,正野逸子,荒木晴美,炭谷康子,菊池和子,上野まり,野元由美,平山香代子,赤沼智子,王麗華,栗本一美:関連図で理解する在宅看護過程.メヂカルフレンド社.102-119,120-137.2014
  • 松浦祐介:子宮頸癌トータルマネジメント3章,3.医療経済効果.子宮頸癌トータルマネジメント,メディカルビュー社.38-39.2014
  • 安酸史子監修,正野逸子,生野繁子,中嶋恵美子,北川明編著.ケアリング・アイランド九州沖縄構想14大学.室屋和子他著:ケアリングに基づく看護技術支援.メヂカルフレンド社.1-255. 2013

v3_arr004.gif 論文


■ 2018年

  • Asazawa K, Jitsuzaki M, Mori A, Ichikawa T, Shinozaki K : Supportive Care Needs and Medical Care Requests of Male Patients during Infertility Treatment. Open Journal Nursing8 (4): 235-247, 2018
  • Asazawa K, Jitsuzaki M, Mori A, Ichikawa T, Shinozaki K : Validity and Reliability of the Japanese Version of the Fertility Quality of Life (FertiQoL)Tool for Couples Undergoing Fertility Treatment. Open Journal Nursing 8 (9): 616-628, 2018
  • Asazawa K, Jitsuzaki M, Mori A, Ichikawa T, Shinozaki K, Porter SE: Quality-of-life predictors for men undergoing infertility treatment in Japan. Japan journal of nursing science : JJNS  https://doi.org/10.1111/jjns.12248, 2018
  • 村上緑、栗田智子、網本頌子、植田多恵子、鏡誠治、川越俊典、松浦祐介、蜂須賀徹:Cadaverいた腹腔鏡下手術トレーニングの験と今後への課題日本産科婦人科内視鏡学会雑誌34 (1)301-3042018
  • 有田浩順,山本拓也,中村恵美:子どもの口腔ケア】 病気をもつ子どもに対する口腔ケアの実際 化学療法を受ける子どもの口腔管理.小児看護,41(1):56-622018 

  • 本田智子:授乳が与える褥婦の睡眠への影響.産業医科大学雑誌,402):191-1992018
  • 庄司 寛子, 児玉 豊彦:就労継続支援B型施設を利用する精神障がい者が希望する看護ケア.日本精神保健看護学会,27巻2号:29-27,2018
■ 2017年
  • Kashimura M, Matsuura Y, Kawagoe T, Toki N, Hachisuga T:New diagnostic criteria of colposcopy for uterine cervix neoplasia.J Obstet Gynaecol Res,43 (2);339-344,2017
  • Jitsuzaki M Time-dependent Changes in Infertile Couples' Levels of Patient Satisfaction during a6-months Period after the Initiation of Outpatient Treatment. Journal of Reproductive Psychology, 3 (2): 6-15, 2017

  • Sho THachisuga TKoi CKurita TKagami SKawagoe TMatsuura YYoshimura KHisaoka M17β-Estradiol induces proliferation of endometrial NK cells (CD56+) in postmenopausal women. Climacteric20 (6)571-5762017
  • 松浦祐介、小原光祥、藤原仁、岡春子、島尻正平、蜂須賀徹、牛嶋公生:外陰部に発生した顆粒細胞腫の1例.日本臨床細胞学会雑誌,56 (3)149-1532017
  • 野元由美ICU退院児の在宅移行支援の現状と課題 訪問看護ステーションへのアンケート調査からの考察, 日本看護福祉学会誌, 22(2); 57-66, 2017

■ 2016年

  • 正野逸子,鷹居樹八子,戸井間充子,藤本照代:慢性期疾患患者のいる家族の悪循環.日本看護福祉学会誌,21(2):29-42,2016
  • 川越俊典,卜部理恵,植田多恵子,栗田智子,鏡誠治,蜂須賀徹,松浦祐介:腹腔鏡下早期子宮体癌根治手術後の再発の一例.日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,31 (2);417-422,2016
  • 植田多恵子,荒牧聡,卜部理恵,栗田智子,鏡誠治,川越俊典,松浦祐介,蜂須賀徹:内腸骨動脈バルーン閉塞法を併用して子宮鏡下に摘出した胎盤ポリープの一例,日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,31 (2) ;429-433 ,2016
  • 櫻木俊秀,栗田智子,中川瞳,東鉄兵,村上緑,愛甲悠希代,植田多恵子,卜部理恵,鏡誠治,川越俊典,松浦祐介,蜂須賀徹:腹腔鏡下で二期的手術を行った若年型顆粒膜細胞腫の1例.日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,32;285-289,2016
  • Mina Jitsuzaki:Associations among the Levels of Desire for Children, Awareness of Mutual Support, and Patient Satisfaction in First-time Patient Receiving Outpatient Infertility Treatment. Journal of Reproductive Psychology, 2(2): 6-14, 2016
  • 廣渡加奈子,中村恵美:小児看護学実習前の学生が認識する小児病棟における危険因子;学生のレディネスを踏まえた医療安全教育の基本資料.産業医科大学雑誌,38(3):251-259,2016
  • 中村恵美:子育てに対する父親の思いの変化:フォーカス・グループ・インタビューによる父親の語りから.小児保健研究,75(2):254-260,2016

■ 2015年

  • 正野逸子,戸井間充子,藤本照代,鷹居期八子:ターミナル期の患者を抱える家族の悪循環.日本看護福祉学会誌,20(2):1-15,2015
  • 松浦 祐介, 岡 ハル子, 山縣 数弘, 菊池 譲治, 井上 功, 大久保 信之, 土岐 尚之, 川越 俊典, 蜂須賀 徹, 柏村 正道北九州市における子宮頸がん検診の現状と課題,  日本臨床細胞学会九州連合会雑誌 46巻 11-16, 2015
  • 植田多恵子,遠山篤史,中川瞳,東鉄平,愛甲悠希代,朝永千春,卜部理恵,栗田智子,鏡誠治,川越俊典,松浦祐介,蜂須賀徹:70歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下付属器切除術の安全性の検討.日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,30;400-403,2015
  • Kurita T,Matsuura Y,Koi C,Kagami S,Kawagoe T,Hachisuga T:The relationship between positive peritoneal cytlogy and the prognosis of patients with uterine cervical cancer.Acta Cytologica,59;201-206,2015.
  • 卜部理恵,遠山篤史,西村和朗,植田多恵子,栗田智子,鏡誠治,川越俊典,松浦祐介,蜂須賀徹:類内膜腺癌を合併したポリープ状異型腺筋腫(APA)の1例.日本臨床細胞学会九州連合会雑誌,46;49-52,2015.
  • 奥島美香, 繁田実,實崎美奈:妊孕性温存治療を受けた未婚女性の意思決定への支援 初診時より治療終了まで看護介入した40歳乳がん患者の一事例.日本生殖看護学会誌,12(1):25-32,2015.
  • 阿南あゆみ,永松有紀,長聡子,佐藤亜紀,松岡智恵子,豊福佳代,實崎美奈,中村恵美,廣渡加奈子,藤木久美子,仲前美由紀,児玉裕美,萩原智子:産業医科大学産業保健学部看護学科の総合技術演習Iの展開 シミュレーション教育の導入.産業医科大学雑誌37(4),305-312,2015

■ 2014年

  • 藤本照代,戸井間充子,正野逸子,鷹居期八子:個人システムを通して介入する家族へのシステムアプローチーターミナル期の感謝をキーパーソンとした事例を通して-.家族看護24,12(2):148-158,2014
  • 戸井間充子,正野逸子,藤本照代,鷹居期八子.病を体験している家族のライフステージごとの悪循環.日本看護福祉学会誌,19(2):115-132,2014
  • Urabe Rie, Hachisuga Toru, Kurita Tomoko, Kagami Seiji, Kawagoe Toshinori, Matsuura Yusuke, Shimajiri Shohei, Prognostic significance of overexpression of p53 in uterine endometrioid adenocarcinomas with an analysis of nuclear grade The journal of obstetrics and gynaecology research 40(3),812-819, 2014
  • Sho T,Hachisuga T,Nguyen TT,Urabe R,Kurita T,Kagami S,Kawagoe T,Matsuura Y,Shimajiri S:Expression of estrogen receptor-α as a prognostic factor in patients with uterine serous carcinoma.Int J Gynecol Cancer,24:102-106,2014
  • Kurita T, Nakajima K, Koi C,Matsuura Y,Hachisuga T.Management of a primary retroperitoneal mucinous cystadenocarcinoma : case report. Eur J Gynaec Oncol,35:163-166,2014
  • 森博士,栗田智子,鏡誠治,松浦祐介,蜂須賀徹.当院における全腹腔鏡下子宮全摘出術(TLH)の工夫.福岡産科婦人科学会雑誌,37(1):7-11,2014
  • 網本頌子,卜部理恵,植田多恵子,栗田智子,鏡誠治,川越俊典,松浦祐介,蜂須賀徹.卵管癌肉腫の一例.日本臨床細胞学会九州連合会雑誌,45:99-102,2014
  • 松浦祐介,岡ハル子,山縣数弘,菊池譲治,井上功,大久保信之,土岐尚之,川越俊典,蜂須賀徹,柏村正道.北九州市における子宮頸がん検診の現状と今後の展望.産業医科大学雑誌,36:205-215,2014
  • 久保陽子,高木幸子,野元由美,前野有佳里,川口貞親:日本の病院における救急外来での外国人患者への看護の現状に関する調査.厚生の指標,61(6):17-25,2014
  • 中村恵美,廣渡加奈子:長期入院していた子どもの死を看取る過程での看護師の経験に関する文献検討.日本小児看護学会誌,23(3):100-106,2014

v3_arr004.gif 報告書等

  • 有田浩順,山本拓也,中村恵美:【子どもの口腔ケア】 病気をもつ子どもに対する口腔ケアの実際:化学療法を受ける子どもの口腔管理(解説/特集).小児看護,41(1), 56-62,へるす出版,2018
  • 奥島 美香, 繁田 実, 實﨑 美奈: 不妊治療従事者による里親・特別養子縁組についての情報提供のあり方 相談所・事業所へのアンケートからみえたこと. 日本受精着床学会雑誌 34 (2): 362-368, 2017
  • 正野逸子:多職種連携から地域ネットワークへ.日本看護福祉学会誌,21(1):1-5,2015
  • 實崎美奈,森明子:聖路加・テルモ共同研究事業"ルカ子ウィメンズヘルス・カフェ"開催報告 聖路加看護大学紀要,39:56-60,2013
  • 田代真理,有森直子,大橋明子,大畑美里,實崎美奈,高橋恵子,本田晶子,八重ゆかり,山田雅子,井部俊子:きぼうときずなプロジェクト 聖路加看護大学福島県災害支援プロジェクトの中間活動報告.聖路加看護大学紀要,38:34-38,2012

v3_arr004.gif 学会発表


■ 2018年

  • Matsuura Y, Aramaki S, Mori H, Koi C, Ueda T, Kurita T, Kagami S, Kawagoe T, Hachisuga TManagement of cervical high-grade squamous intraepithelial lesionsHSILduring pregnancy.第70回日本産科婦人科学会総会.仙台市.2018
  • 奥島 美香,八木 佳奈子,奥井 静,弥園 亜紀子,三本 由里子辻坂 晴美,北原 知美東 梨恵,繁田 実,實﨑 美奈: 生殖医療から里親・特別養子縁組の選択肢における支援生殖医療従事者がするべきことは?~. 16日本生殖看護学会学術集会,福岡県福岡市,2018

  • Asazawa K, Jitsuzaki M, Mori A, Ichikawa T, Shinozaki K: Development of a Quality of Life Causal Model for Men Undergoing Fertility Treatment. European Society of Human Reproduction and Embryology, Barcelona, Spain, 2018
  • 児玉 豊彦, Xuto Piyanut, 大林 陽子, 太田 義勝, 杉浦 徳宏, 畑下 博世, 谷村 晋, 門脇 文子, 西出 りつ子, 村端 真由美, 石本 恭子, 山田 奈央, 新小田 晴美, 片岡 三佳, 成田 有吾, 宮田 千春, 中谷 三佳, 池田 智明.妊婦における携帯メールを利用したメンタルヘルス改善に向けた取り組み ランダム化比較試験,114回日本精神神経学会学術総会, 兵庫県神戸市,2018
  • 児玉 豊彦, 田村 裕子, 小森 照久, 片岡 三佳, 井倉 一政, 橋本 健志. 精神科通院患者における悩みの特徴および援助希求行動に関連する要因.114回日本精神神経学会学術総会, 兵庫県神戸市,2018 

■ 2017年
  • Matsuura Y, Yoshioka M, Hachisuga T:To increase the populations participation in uterine cervical cancer screening process - Uterine cervical cancer screening at the physical checkup of the company -.第69回日本産科婦人科学会総会.広島市.2017
  • 松浦祐介、吉岡真、中田光紀、原賀美紀、蜂須賀徹、森晃爾:職域検診における子宮頸がん検診の実態調査 -現状と課題-.第90回日本産業衛生学会.東京都.2017
  • 松浦祐介、蜂須賀徹:職域における子宮頸がん検診の現状と問題点.第58回日本臨床細胞学会総会.大阪市.2017
  • Matsuura Y, Yoshioka M, Nakata A, Haraga M, Hachisuga T, Mori K:Uterine cervical cancer screening at the physical checkup of the company in Japan.25th Asian & Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology.Hong Kong.2017
  • 朝澤 恭子, 森 明子, 實﨑 美奈, 市川 智彦: 不妊治療中の男性におけるQOLの関連要因.62回日本生殖医学会学術講演, 山口県下関市, 2017 
  • 松浦祐介、吉岡真、中田光紀、原賀美紀、蜂須賀徹、森晃爾:職域検診における子宮頸がん検診の実態調査 -現状と課題-.第26回日本婦人科がん検診学会.仙台市.2017
  • 松浦祐介、荒牧聡、森博士、厚井知穂、植田多恵子、栗田智子、鏡誠治、川越俊典、蜂須賀: ワークショップ1 「妊婦の子宮頸部細胞診-細胞採取器具、検体処理法、取り扱い-」 妊娠中に診断された高度扁平上皮内病変(HSIL)の検討 -綿棒による子宮頸部細胞診-.第56回日本臨床細胞学会秋期大会.福岡市.2017
  •  

■ 2016年

  • 松浦祐介、吉岡真、蜂須賀徹.子宮頸がん検診受診率向上への方策-スマートフォンを用いた子宮頸がん検診アプリの開発と職域検診への導入(第1報)-.第68回日本産科婦人科学会総会.東京都.2016
  • Matsuura Y, Oka H, Mitsuda N, Tsunenari N, Nakashima Y, Sato H, Fujiwara H, Obara K, Hachisuga T:Clinicopatholigic findings of patients with atypical squamous cells of undetermined significance (ASC-US) by Pap smear test.The 19th international congress of cytology.Yokohama.2016
  • Matsuura Y, Urabe R, Ueda T, Kurita T, Kagami S, Kawagoe T, Hachisuga T:Clinicopatholigicfindings of patients with atypical squamous cells.16th biennial meeting of the international gynecologic cancer society.Lisbon.2016
  • 松浦祐介、愛甲悠希代、卜部理恵、 植田多恵子、栗田智子、鏡誠治、川越俊典、蜂須賀徹、野口紘嗣、久岡正典:3年後に局所再発し、11年後に多臓器転移再発した外陰Paget病の一例.第52回日本臨床細胞学会秋期大会.別府市.2016
  • 中村恵美,樋口由貴子,廣渡加奈子,猿渡珠夏,高須ありさ,家迫知美:自閉症スペクトラム障害に関する看護師の学習ニーズ;看護経験の有無からの検討.第34回産業医科大学学会.2016
  • 樋口由貴子,中村恵美,樋口由貴子:自閉症スペクトラム障害がある子どもをもつ家族の思いと支援の現状.第34回産業医科大学学会.2016
  • 猿渡珠夏,高須ありさ,家迫知美,廣渡加奈子,樋口由貴子,中村恵美:自閉症スペクトラム障害をもつ患者との関わりにおける看護師の不安や困難感と家族への思い.第34回産業医科大学学会.2016
  • 茂呂田南美,中村恵美:小児看護におけるプレパレーションの実施評価に関する文献研究.第33回産医科大学学会.2016

■ 2015年

  • 松浦祐介、岡春子、中島悠貴、恒成徳子、佐藤斉、藤原仁、小原光祥、川越俊典、蜂須賀徹:当院で経験した子宮頸部細胞診ASC-US症例の検討.第56回日本臨床細胞学会総会.松江市.2015
  • 松浦祐介、卜部理恵、植田多恵子、栗田智子、鏡誠治、川越俊典、蜂須賀徹、島尻正平:外陰部に発生した顆粒細胞腫の一例.第52回日本臨床細胞学会秋期大会.名古屋市.2015
  • Itsuko Shono,Sigeko Shono:Hospital Nurses’ Consciousness of Integrated Community Care System . The 2 International Conference on Caring and Peace in Tokyo. 2015
  • 児玉裕美,佐藤亜紀,岡田なぎさ,正野逸子:大学教員と外部認定看護師との協働企画による1年目看護師研修の効果.第35回日本看護科学学会.2015
  • 岡田なぎさ,児玉裕美,佐藤亜紀,正野逸子:1年目看護師へのシミュレーション研修の評価 -ピアカウンセリング効果と自己研鑚への動機づけの検討-.第35回日本看護科学学会.2015
  • 葛原誠,佐藤亜紀,正野逸子:看護学科における特別な学習支援を要する学生への教員のサポートの実際.第20回日本看護研究学会九州・沖縄地方会.2015
  • 古田景子,正野逸子:退院時における訪問看護師と病棟看護師の連携について~訪問看護師の視点から~.第33回産業医科学学会.2015
  • 上妻絵理,正野逸子:独居認知症高齢者が在宅で過ごすことを可能とする要因~主たる介護者との関連性~.第33回産業医科大学学会.2015
  • 上妻絵理,正野逸子:独居認知症高齢者が在宅で過ごすことを可能とする要因~地域住民とのつながり~.第28回日本看護福祉学会.2015
  • 炭谷康子,本田彰子,正野逸子,菊池和子,上野まり,赤沼智子, 栗本一美,平山香代子,王麗華,荒木晴美:介護専門員研修2での受講生の気づき~4側面のアセスメントシートと関連図を活用して~.第28回日本看護福祉学会.2015
  • 川上紗季,中園実花子,安永奏子,廣渡加奈子,中村恵美:小手術を受けた子どもの退院後の生活における「困りごと」.第33回産業医科大学学会.2015

■ 2014年

  • 松浦祐介、蜂須賀徹:看護系大学生の子宮頸がん予防に関する意識調査.第55回日本臨床細胞学会総会.横浜市.2014
  • 松浦祐介、岡ハル子、山縣数弘、菊池譲治、井上功、大久保信之、土岐尚之、川越俊典、蜂須賀徹、柏村正道:シンポジウム『子宮頸がん検診の現状と今後の展望』北九州市における子宮頸がん検診の現状と課題.第30回日本臨床細胞学会九州連合会学会.佐賀市.2014
  • Matsuura Y, Oka H, Yamagata K, Kikuchi J, Inoue I, Ohkubo N, Toki N, Kawagoe T, Hachisuga T, Kashimura M:Uterine Cervical Cancer Screening in Kitakyushu City : The efficacy of free coupons.15th biennial meeting of the international gynecologic cancer society.Melbourne.2014
  • 児玉裕美,岡田なぎさ,佐藤亜紀,正野逸子:1年目看護師を対象に看護大学教員が行う看護技術支援-「急変時の看護」のシナリオ研修の効果-.第34回日本看護科学学会2014
  • 佐藤亜紀,児玉裕美,岡田なぎさ,正野逸子:1年目看護師に対するアクティブラーニングの展開と効果-大学教員と認定看護師による協働研修-.第34回日本看護科学学会2014
  • 北川明,原田直樹,増満誠,安酸史子,松浦賢長,金城芳秀,二重作清子,山住康恵,砂川洋子,佐藤亜紀,日高艶子,吉武美佐子,當山裕子,金城祥教,福嶋龍子,梅﨑節子,岡村純,藤川真紀,正野逸子,宮林郁子:看護系大学における特別な支援を必要とする学生の行動特性確認リストの開発.第34回日本看護科学学会2014
  • 有吉優花,澁谷沙央梨,瀧川美土里,吉田ゆり,廣渡加奈子,中村恵美:障がいをもつ子どもの親の会に参加した父親の意識の変化.第32回産業医科大学学会.2014
          (更新日:2018年4月2日)

          logo.png

          Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.