広域・発達看護学 臨床研究


v2_lis013.gif 広域・発達看護学講座で行っている臨床研究について



患者さま、一般の方、学生の方へ


 当講座では下記に示します治験・臨床研究を行っており、参加して頂いている患者さま、学生の方には個別に研究内容のご説明および参加の同意を行っております。
 研究内容についてお知りになりたい方、また下記の臨床研究の対象者で不参加を希望される方は下記までお問い合わせください。
 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

【お問い合わせ先】
産業医科大学 産業保健学部 広域・発達看護学講座
電話:093-691-7447
Email:j-4kango@mbox.health.uoeh-u.ac.jp



(1)妊娠中に診断された子宮頸部高度扁平上皮内病変(HSIL)の検討


研究期間 2017年10月~2018年9月
代表実施者:松浦 祐介



(2)紙面による事例提供のない対話中心型看護過程演習の効果と課題


研究期間 2018年2月~2018年11月
代表実施者:森田 祥子

 

(3) 遠隔再発・遠隔転移を来した子宮間葉系腫瘍の実態調査

 

研究期間 2018年5月 ~ 2019年4月

代表実施者:松浦 祐介

 

(更新日:2018年2月1日)


 

logo.png

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.