救急医学 診療案内

医療関係者へ

産業医科大学病院救急部での診療方針

1. エビデンスに基づいた医療を提供します。

より確かな医療を実施します。救急や重症患者管理では、人材、医療費、設備等の資源が限られています。そのような状況でも、効率の良い、最小の介入で、最大の効果を示す、質の高いエビデンスに基づいた医療を提供します。

 

2. 大学病院としての高度な医療を提供します。

心筋梗塞、脳卒中などの疾患だけではなく、ショック、高エネルギー外傷による多発外傷などにも24時間対応し、全ての診療科が対応できる大学病院として、救急初療から根治治療、さらには術後管理まで、地域で最高の高度な医療を提供します。

—なお、現在は体制、施設の関係から1次救急患者の診療は一部制限をさせて頂いております—

 

3. 安全で質の高い医療

救急はリスクと隣り合わせです。患者さんにより適切な医療を実施できるようにするとともに、医療スタッフがより安心して働ける環境を作ります。

 

4. 教育を重視し、次世代を育成し、より質を高めます。

大学病院であり、学生、研修医のみならず、若手医師、次世代を担う救急医、看護師、救命士を育成します。また、大学・病院職員、一般市民への救急初療の普及にも努めます。

 

5. 無理な勤務はさせません

勤務時間を徹底し、女性が結婚しても、育児を行っていても働ける環境を提供します。

 

6. 最新の臨床研究を行います。

当院での研究だけではなく、日本全国の多施設とも共同研究を行い、All-Japanとしての質の高い臨床研究を行い、世界に発信します。

 

市民の方へ

お手数ですが、産業医科大学病院 救急科のホームページをご覧下さい。

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.