トップページ > 関連施設 > 国際センター > 国際交流関連情報 > 国際センター NEWS > 2021 第6号 <No.157> WHO指定協力機関 オンラインワークショップ開催(2021年11月9日配信)

2021 第6号 <No.157> WHO指定協力機関 オンラインワークショップ開催(2021年11月9日配信)

925日、モンゴル国立医科大学 (MNUMS) を会場とし、韓国カソリック大学主催の職業性呼吸器疾患に関するWHO指定協力機関(WHOCC)オンラインワークショップが開催されました。コースリーダーは、韓国カソリック大学(CIMC)のMyong教授が行い、産業生態科学研究所 森本 泰夫 所長(呼吸病態学 教授)が職業性呼吸器疾患の診断に関する講義を行いました。MNUMSに集まった医師らと活発な意見交換を行い、有意義なワークショップであったとの報告がありました。

【プログラム】

時間: モンゴル時間(韓国と日本は+1時間)

Time

Event

Speaker

8:50~09:00

Opening ceremony

Dr. Hassan, Mohd Nasir / WHO WPRO

Prof. Solongo Bandi / MNUMS

Prof. Jung-Wan Koo / CIMC

Prof. Yasuo Morimoto / UOEH

9:00~9:30

Current situation of mongolian artisan Gold miner

Dr. Densenbal Dansran

MNUMS

9:30~11:00

Diagnosis of occupational lung disease - focus on pneumoconiosis

Prof. Yasuo Morimoto

UOEH

11:00~11:40

Management of Pneumoconiosis

Prof. Jongin Lee

CIMC

11:40~12:00

Q&A

 

12:00~13:00

Coffee break

13:00~13:50

Cause of Occupational Cancer

Prof. Jeong-ok Kong

CIMC

13:50~15:00

Management of Hazardous materials in workplace, prevention of exposure including respiratory protective equipment

Prof. Jun Pyo Myong

CIMC

15:00~15:20

Q & A

15:20~15:30

Closing ceremony

ワークショップの様子

2021-09-25.png  WHOCCモンゴル20210925.jpg