教授(産業生態科学研究所 精神保健学研究室)

所属・職名等

産業生態科学研究所 精神保健学研究室 教授1名

(令和2年度から「産業精神保健学研究室」に名称変更予定)

専門分野   産業精神保健学分野、特に職場の心理的ストレス対策、ストレスマネジメント
 業務内容

(1) 産業生態科学研究所「精神保健学研究室」の研究指導

(2) 医学部および産業保健学部における関連分野の講義や実習、同研究所の産業医学基本講座に

   おける講義や実習、卒後の産業保健職の教育業務など

(3) 大学院(産業衛生学専攻)における教育および研究指導

(4) 産業現場における労働者の健康に関する新しい課題に対応した精神保健学に関する研究の推進

(5) 産業医科大学が推進する社会貢献や国際交流等の活動 

 応募資格

(1) 大学および大学院設置基準に規定する教授の資格を有する者

(2) 博士の学位を有し、10年以上の教育・研究歴を有する者

(3) 産業精神保健に関する深い学識を持つ医師である者

(4) 職場の心理的ストレス対策に関する教育および研究に情熱を持ち、産業医学に関する研究の発展

     および研究成果の実践への応用を推進できる者

(5) 優れた産業医の育成に貢献できる者

     産業保健の実務に従事した経験を有していることが望ましい

(6) 本学医学部卒業生については、専門的な産業医を2年以上経験していることが望ましい

労働条件等

(1) 勤務形態:専門業務型裁量労働制(勤務時間は、職員の裁量に委ねるものとし、1日の勤務時間は

                    8時間とみなす)

(2) 任    期:教授の任期は5年、再任は4回限り(定年65歳)

                   ただし、契約期間を通算した期間が10年を超えるときは、申込みにより期間の定めのな

                   い労働契約(無期労働契約)へ転換することができる

公募締切日 令和元年11月30日(土曜日)当日消印有効
提出書類
(1) 推薦書(所定様式)  :3部(正1部、コピー2部)
(2)

教員個人調書(履歴書、教育・研究・社会活動業績書)(所定様式)

 :1部 ※

(3)

 

(4) 

インパクトファクター(IF)(2019年6月発表分)集計表 

(所定様式) 

学位記・免許証等の写し 

 :1部 ※

 

 :各1部

(5) 論文の別刷(主要論文10編:コピーまたはPDFファイルの印刷可)  :各3部
(6) 将来の抱負(所定様式)  :1部 ※

 

 ※ (2)・(3)・(6)については、印刷したもの1部以外に下記ファイル形式で保存したCD-ROMを

     添付のこと

   (2)・(6) :ワードファイル(MSワード2003以上)およびPDFファイル

   (3) : エクセルファイル(MSエクセル2003以上)およびPDFファイル 

 

なお、所定様式については、下記をクリック、ダウンロードしてご利用ください。

募集要項PDF形式

推薦書・教員個人調書PDF形式 

推薦書・教員個人調書Word形式

インパクトファクター(IF)集計表PDF形式

インパクトファクター(IF)集計表Excel形式

 選考方法 産業生態科学研究所教授選考委員会による提出書類の審査を経て、産業生態科学研究所教授会構成教授を対象として「産業精神保健分野における産業医学の振興と優れた産業医の育成について(仮題)」を演題に20分程度の口演発表と10分程度の質疑応答の機会を設けさせていただきます。
採用予定日  令和2年4月1日(水曜日)
提出先
及び
照会先

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号

 

 学校法人 産業医科大学

   総務部人事課 「産業生態科学研究所 精神保健学研究室担当教授候補者選考委員会」

 

書類は、書留郵便で郵送されたものに限り、受け付けます。封筒の表に 「産業生態科学研究所 精神保健学研究室担当教授候補者応募書類在中 」と朱書きしてください。

その他

お送りいただきました選考関係書類は、選考後お返しいたしません。


Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.