平成29年度 産業医科大学 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 878 403 507 803 1123 1572 3621 3866 2057 242
2017年度、当院はのべ15,072名の入院診療を行いました。年齢も、0歳から90歳以上まで幅広く、 受診していただいております。
北九州医療圏唯一の特定機能病院として、今後も科学的根拠に基づく安全かつ質の高い医療を提供します。

※昨年度の退院患者数よりも減少していますが、全国的に入院患者が減少している傾向が影響しています。
※年齢は入院時の年齢を基に集計しています。
※入院後24時間以内の死亡された症例や生後1週間以内に死亡された症例は、厚労省の公開ルールで集計対象外となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
膠原病リウマチ内科、内分泌代謝糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 179 15.4 17.16 12.85 55.54
070470xx99x4xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2-4あり 125 5.77 13.17 0.8 58.46
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 53 7.36 13.72 0.0 62.15
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 37 14.78 11.16 0.0 56.35
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 5.56 5.76 0.0 58.69
膠原病リウマチ内科では、
関節リウマチに対して生物学的製剤やJAK阻害剤などを導入する際には短期入院していただき、リスクの管理、適応と製剤決定、リウマチ教室などを行っております。
また、「全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患」は、全身性エリテマトーデスをはじめとした膠原病や血管炎症候群などを含みますが、生物学的製剤などもいくつか使用可能となり、治療選択も多様化してまいりました。

内分泌代謝糖尿病内科では、
2型糖尿病の教育目的での入院が多く、他にも多くの内分泌疾患に対応しております。
「副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍」はクッシング症候群、アルドステロン症などを含みます。
循環器内科、腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 145 5.97 4.62 2.76 70.83
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 133 6.77 5.30 1.5 65.35
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 111 3.87 3.03 2.7 68.09
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 3.45 3.19 0.0 71.03
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 46 8.63 7.35 4.35 54.93
循環器内科、腎臓内科では、虚血性心疾患に対する心臓カテーテル検査(左心カテーテル、右心カテーテル、血管内超音波検査等を含む)および、カテーテルインターベンション、頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術、慢性腎不全に対する内シャント術が上位5疾患でした。他に、徐脈性不整脈に対するペースメーカー移植術、慢性腎炎、慢性腎不全に対する腎生検、閉塞性動脈疾患や急性心筋梗塞、弁膜症、心不全、ネフローゼ症候群等の疾患治療が上位を占めていました。循環器病、腎臓病の幅広い分野に対応出来ており、かつ様々な疾患への素早い心腎連携治療も可能となっているのが特徴です。
消化管内科、肝胆膵内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 164 8.83 11.44 3.05 71.0
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 90 8.39 10.61 7.78 75.93
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 7.21 14.08 0.0 69.41
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 16.29 13.61 0.0 69.41
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 33 8.18 8.73 0.0 72.0
消化管内科、肝胆膵内科では、消化器疾患を中心に専門分野を消化管疾患と肝胆膵疾患に大きく分けて、各領域の専門医が診療にあたっております。
肝・肝内胆管の悪性腫瘍や肝硬変の多くは、B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎、アルコール性肝疾患、非アルコール性脂肪性肝疾患が原因となっており、ウイルス性肝炎の治療や、肝細胞癌や胆管細胞癌に対しラジオ波焼灼療法やエタノール注入療法などの経皮的治療、肝動注化学塞栓療法、全身化学療法などを行っています。胆管結石、胆管炎、胆嚢炎、肝膿瘍などに対しては内視鏡的に胆管ドレナージ術や排石術、また経皮的ドレナージ術を行っております。膵腫瘍に対しては内視鏡的に穿刺吸引細胞診による病理診断を行い、診断の確定後に治療導入を行っています。胃の悪性腫瘍に対して内視鏡的切除術を行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 7.78 6.18 5.19 0.0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 40 6.55 5.94 0.0 3.6
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 33 15.82 11.49 6.06 0.0
130170xxxxxxxx 血友病 24 6.29 12.32 0.0 12.42
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 3.05 3.71 0.0 6.05
「妊娠期間短縮・低出生体重に関連する障害(出生体重2500g以上)、手術なし処置等なし、副傷病なし」
2500g以上でお生まれになった赤ちゃんで、先天的な病気や、呼吸障害、予期せぬ異常があったため治療が必要になった赤ちゃんを示しています。赤ちゃんが入院する NICU(neonatal intensive care unit; 新生児集中治療室)では早産児の全身管理や人工呼吸器などを使用した呼吸障害の治療はもとより、低体温療法、NO吸入療法、 血液浄化療法など高度な治療を幅広く行っています。一方、GCU(growing care unit;新生児治療回復室)では退院後の赤ちゃんとの生活へスムーズに移行できるような 環境づくりと多職種による育児支援を積極的に行い、家族が暮らす地域との連携を積極的に図っています。また、院外の分娩施設で、出生後の赤ちゃんの具合が悪い ときは当院の医師が診察に行き、赤ちゃんの搬送を行ったり、未熟児網膜症の治療のため県外から赤ちゃんを受け入れたりしています。

「妊娠期間短縮・低出生体重に関連する障害(出生体重1500g以上2500g未満)、 手術なし処置等な し、副傷病なし」
 妊娠期間が37週未満で生まれた赤ちゃんは早産児、2500g未満で生まれた赤ちゃんは低出生体重児と診断されます。(なお、出生体重が1000g未満であれば超低出生体重児、1500g未満であれば極低出生体重児と診断されます)。早産児、低出生体重児は出生後に呼吸障害や低血糖などの問題が起こることが多いためNICU(neonatal intensive care unit; 新生児集中治療室)に入院して治療を受けます。短期間の点滴や酸素、人工的な呼吸補助を必要とすることありますが、多くの赤ちゃんが予定日頃までには退院できます。入院中もカンガルーケアや直接授乳の介助などを積極的に行い、お母さんと赤ちゃんが退院後の生活へスムーズに移行できるようにサポートを行っています。

「血友病」
血友病は凝固第VIII因子または凝固第IX因子の欠乏により、出血がおこりやすくなる病気です。小児料では血友病を中心とする出血性疾患のトータルケアに重点をおいており、整形外科、リハビリテーション料、歯科口腔外料とも連携し、北部九州血友病センターとして出血性疾患を多方面から診療しています。入院は24例で出血時や周術期の止血治療、自己注射の教育、リハビリテーションなどを行っています。自己注射の教育はかかりつけ医療機関と連携し、九州全域からの依頼を受けています。上記の24例には含まれていませんが、内科や外料、整形外料などに入院された血友病の方の処置や手術前後の上血治療も小児科で行っています。

「下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」
下垂体とは、頭蓋骨の中の脳の下にぶら下がるように存在する小さな内分泌器官で、様々なホルモンの働きをコントロールしている部位です。特に下垂体前葉は副腎皮質、甲状腺、性腺など数多くのホルモンの分泌を調節しており、下垂体機能低下症になると、結果的に成長障害(低身長)、疲れやすさ、低血糖など多彩な症状を呈します。近年、乳幼児健診や学校健診で成長障害を主訴に紹介を受ける症例が多くなっております。当科では、低身長など下垂体機能低下症が疑われる場合、入院の上、ホルモン分泌能をみる負荷試験を行い、頭部MRIで下垂体に異常がないか検査を行います。ほとんどの症例は3日間の検査入院後、外来で成長ホルモンや甲状腺ホルモンなど足りないホルモンを補充する治療を開始します。稀に下垂体機能低下症の原因として脳腫瘍が発見される場合がありますが、その際には腫瘍グループと連携し入院の上加療を行っています。下垂体が低形成の場合には、他病院と連携を行い、原因追及のため遺伝子検索を行っています。
消化器・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 62 7.40 7.40 1.61 56.47
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 55 9.22 9.69 0.0 65.71
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 16.16 15.61 0.0 70.59
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 41 16.29 17.27 2.44 66.02
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 32 10.0 10.15 3.13 63.47
呼吸器・胸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 183 13.97 12.35 7.1 71.68
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 49 7.53 4.49 0.0 60.49
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 46 6.70 3.59 0.0 71.28
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 38 13.61 11.99 0.0 66.63
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-5あり 29 18.48 18.99 0.0 71.07
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 90 19.16 25.09 90.0 73.40
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 56 20.84 23.14 92.86 69.96
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1なし 53 16.91 22.08 62.26 69.98
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-1あり 49 3.37 2.93 2.04 71.67
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 38 16.55 27.09 89.47 84.45
変形性関節症やリウマチ性関節炎の患者様を数多く診察しています。当院では、膠原病リウマチ内科(第1内科学講座)と緊密な連携をとりながら関節リウマチに対する最新の薬物治療を行い、必要な患者様に対して人工関節置換術を行っています。年数が経過し、人工関節のゆるみが生じた症例に対して人工関節再置換術を行っています。術後早期からリハビリを開始し、回復期リハ病院との連携も円滑に行っています。必要に応じて術前に自己血を貯血し、99%は他人からの輸血なしで手術ができています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 24 3.21 3.29 0.0 68.33
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 19 4.79 4.14 0.0 41.53
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 17 2.29 3.16 0.0 10.29
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 13 8.15 8.50 0.0 75.69
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 5.42 5.60 0.0 48.75
眼瞼下垂
形成外科では診療科別DPC係数、術式件数共に眼瞼下垂症が1位となりました。これは加齢に伴う眼瞼下垂の治療が知られてきたこと、近隣の眼科よりの紹介が年々増えている結果だと思います。加齢に伴う眼瞼下垂症では一般的に眼瞼挙筋腱膜を瞼板に短縮して縫合する方法を基準に行なっています。これは局所麻酔で行い、手術中に座位になっていただいて開瞼の改善程度を確認して行います。外来手術でも可能ですが、手術当日に十分眼瞼部を冷却、安静にすることで術後の腫脹や紫斑形成が少なくなることを考え、手術前日からの2泊3日手術をおすすめしています。他方先天性眼瞼下垂症では眼科と共同して手術時期を考えますが、2-5歳前後で行うことが多く、大腿筋膜を利用して前頭筋への釣り上げ術を基準に行なっています。小児期の手術であり全身麻酔下となります。また入院期間は筋膜採取部の状態で数日間要しています。

乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術
 乳癌の切除時の再建に人工物を用いる手術が保険収載されました。しかしこの手術は乳腺外科専門医と形成外科専門医が常駐し、またこれら専門医は講習を受け、登録を行った施設認定を受けた施設でのみ治療が可能です。本院は認定施設として登録を受け、現在第一外科と第二外科で乳がんの治療を行なっています。形成外科は両方の科より再建希望がある方に説明を行い、人工物による再建、自家組織による再建を行なっています。手術侵襲が少ないことより人工物による再建を希望する方が増えており、組織拡張器を乳腺外科による乳ガン切除時に形成外科が挿入しています。乳癌手術時に組織拡張器(tissue expander)を挿入するのは乳腺外科医の登録だけで可能ですが、インプラントの挿入は形成外科医の登録施設でしか行えません。そのため、当院乳腺外科で初回手術を行った症例だけでなく、市立医療センター乳腺外科ともタイアップしてインプラント手術を行っています。初回手術、組織拡張器挿入後数ヶ月後に入れ替えを行っています。他方当科では自家組織による再建、乳房再建後の乳輪乳頭形成も行っております。インプラント挿入が上位に入ってないのは組織拡張器挿入より数ヶ月遅れて行うため、年度をまたぐなどして、実際の症例数が同数でないことが考えられます。

母斑・母斑症 手術あり
 母斑、良性腫瘍など皮膚の良性新生物の手術が上位となりました。外来では切除できない巨大な脂肪腫、粉瘤、小児の良性腫瘍、脂腺母斑などが対象です。主に全身麻酔下に切除し、縫合できるものは縫合し、できないものは皮弁形成や植皮を行って閉鎖しています。入院期間は単純縫合や皮弁の場合は2泊3日を、植皮の場合は10日間程度を基準に行っています。形成外科での治療ですのでできるだけ瘢痕が目立たない、最小の侵襲となるような治療を目指しています。

爪の疾患 手術あり
 主な対象疾患は母趾陥入爪です。以前はもっと症例数が多かったのですが、近年保険外診療になりますが矯正ワイヤーによる治療も行っており、外来での簡便な治療が増えました。しかし強度の陥入があったり、また感染を繰り返したりする症例は手術適応であり、依然として件数は多く推移しています。手術は伝達麻酔下で行い、陥入した爪母切除だけでなく陥入した爪床を形成してできるだけ平らで広い爪が形成されることを目指しています。外来でも手術可能ですが、このような手術のため術後の出血、疼痛が出やすいため安静目的で疼痛が取れるまで数日の入院をお勧めしています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 21.17 21.61 0.0 57.33
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 16.5 19.10 50.0 72.79
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 10.38 9.68 4.76 79.10
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 5.85 7.34 10.0 66.60
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 19 3.11 3.14 0.0 59.74
産業医科大学脳神経外科では、脳腫瘍の治療に特に力を注いでいます。脳腫瘍には摘出すれば完治する良性の腫瘍から。外科治療後に放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)が必要になる悪性度の高い腫瘍まで様々です。当科では、全ての脳腫瘍治療に対する体制が完備され集学的な治療を施行しています。

非外傷性頭蓋内血腫には、脳出血(脳内出血)、くも膜下出血などの疾患があります。来院後、これら出血の増大を防ぐ治療を早期に開始し、外科的治療の必要性を検討します。運動麻痺などの症状に対しては早期からリハビリを開始し、頭蓋内血腫の原因となる基礎疾患の有無を精査し、今後の再発予防に対する治療を行います。

交通事故、転落転倒事故などにより、頭の中に損傷を生じた場合(急性硬膜下血腫、脳挫傷など)、急激に意識障害が進行することがあり、一刻も早い治療が必要になります。当院では常時救急車を受け入れており、救急科、集中治療科と連携して治療を行っています。手術が必要と判断された場合には、麻酔科とも連携し、時期を逸することのないよう迅速な手術加療を行っています。

交通事故、転落転倒事故などにより、頭の中に損傷を生じた場合(急性硬膜下血腫、脳挫傷など)、急激に意識障害が進行することがあり、一刻も早い治療が必要になります。当院では常時救急車を受け入れており、救急科、集中治療科、麻酔科とも連携し、迅速な診断、治療(手術や集中治療)を行っています。

未破裂脳動脈瘤は、頭蓋内動脈の一部がコブ状に膨らんだ状態で(「瘤」はコブ状に膨らんだ状態のことを瘤と呼びます)、多くは動脈と動脈の分岐部分に認められます。この動脈瘤が破裂すると、脳を包んでいるうすい膜(くも膜といいます)の下に出血が広がり、これをくも膜下出血と呼んでいます。くも膜下出血は、生命にかかわる病気であり、社会復帰できるのは、約3人に1人とも言われています。当科では、くも膜下出血の治療を積極的に行っています。また、未破裂脳動脈瘤に対しては、動脈瘤の大きさ、部位、形状などから破裂する危険性の評価を行い、厳密な適応のもとに手術を含めた治療方針を検討しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 13 41.92 23.93 38.46 69.15
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-1あり
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1-1,2あり 手術・処置等2-1あり 副傷病なし
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
当科は、循環器内科、腎臓内科と連携してハートチームを形成し、循環器病の診療にあたっています。その中で当科は、心臓疾患と血管疾患の外科治療(手術)を担当しています。近年は、高齢者や透析患者、重症症例といったハイリスクケースが増加し、手術内容も単独手術にとどまらず、難度の高い複合手術を行う機会が増加しています。良好な結果が得られるよう、チーム一丸となって積極的に取り組んでいます。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 70 12.37 10.21 0.0 49.41
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 58 7.93 8.51 0.0 65.62
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 55 8.36 7.31 0.0 67.67
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 26 9.85 6.63 3.85 70.38
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし 片眼 26 10.08 7.96 0.0 57.62
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 55 7.0 7.23 0.0 57.49
030428xxxxxxxx 突発性難聴 52 10.19 9.18 0.0 62.94
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-3あり 46 17.15 37.90 2.17 61.59
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 45 11.16 8.90 0.0 51.84
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 41 8.2 7.58 2.44 60.56
当科では、耳鼻咽喉科領域の疾患に対して、科学的根拠に基づいた標準的な治療を安全に提供できるように努力しています。難聴(突発性難聴)、顔面神経麻痺、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、嗅覚・味覚障害、睡眠時無呼吸、音声・嚥下障害、急性炎症(中耳炎、副鼻腔炎、扁桃炎など)などについては、専門的に診断・治療をおこなっています。臓器温存希望・切除困難な頭頸部癌(手術なし)に対しては、外来や短期入院での化学療法・放射線療法を基本としています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 21.12 9.92 0.0 60.06
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 21.79 18.66 0.0 72.18
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
010310xx99x0xx 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2なし
「脳卒中後遺症」に対する入院リハビリテー ションとして適応に合わせて上肢機能訓練装置(アームトレーナー、IVES)、経頭蓋直流電気刺激、経頭蓋磁気刺激、下肢機能的電気刺激装置(WalkAide)、懸垂式 歩行器、下肢装具などを用いて、より専門的で先進的な治療に取り組んでいます。
パーキンソン病に対して、歩行アシストロボットを用いた集中的リハビリテーションを実施しており一定の効果をあげています。
記憶障害や遂行機能障害などの専門的な「高次脳機能障害」の診断と治療、ボツリヌス療法を含めた「痙縮」の治療、「嚥下障害」の診断と治療、障害者の職業に関連する能力の評価と職場 復帰の助言・指導・社会復帰に向けた自動車運転適性評価にも力を入れています。

職場復帰後の「治療と就労の両立支援」にも対応しています。さらにCT, MRIの他に神経生理学的検査(筋電図、脳波、誘発電位)、嚥下機能評価(嚥下造影検査、嚥 下内視鏡検査)、三次元動作分析装置により歩行分析などの特殊検査を行っています

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり
040040xx9903xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし
06007xxx9902xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-5あり
放射線科には院内標榜における「放射線科」と「放射線治療科」が含まれております。

放射線科の入院患者数は、主に他院から放射線治療科に直接依頼があった場合で、放射線治療科が主治医として入院管理が必要となった患者数に相当します。ほぼすべてが放射線治療目的の患者であり、全身の癌種が対象となるため疾患病名は多様です。
年間に放射線治療科が施行する放射線治療患者の総数は約870名にのぼり、多くは院内他科からの依頼や外来患者で占められます。放射線科の入院患者の総数43名は、放射線治療を施行した患者全体の約5%とごく一部の患者の内訳となります。

2019年度より、放射線治療等が増設され、定位放射線治療(SRT)や強度変調放射線治療(IMRT)の治療患者数の増加が予想されています。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 30 22.73 16.95 6.67 51.83
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 20.46 14.40 25.0 70.29
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 23 20.04 20.55 21.74 75.22
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 20.56 13.98 12.5 39.75
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 18.53 9.99 0.0 39.93
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 60 8.62 8.50 1.67 74.82
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 51 2.92 13.33 0.0 80.33
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 38 15.34 11.73 10.53 67.21
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 30 4.23 4.14 0.0 50.3
080190xxxxxxxx 脱毛症 18 3.0 3.60 0.0 38.61
大学病院という特性上、近隣の医療機関より多くの手術療法を必要とする皮膚腫瘍症例の紹介を受けます。
また、円形脱毛症の重症型に対するステロイドハーフパルス療法も当科の特色であると言えます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 142 5.76 7.31 0.7 73.73
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 52 7.62 5.75 1.92 60.02
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 47 13.38 12.30 6.38 66.26
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 26 14.15 12.92 0.0 68.35
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 19 7.89 9.73 0.0 74.63
産業医科大学泌尿器科では悪性腫瘍の診療に最も力を入れています。そのため、泌尿器科の代表的な悪性腫瘍である腎臓がん、前立腺がん、尿路上皮がん(膀胱がん、腎盂がん、尿管がん)の手術を特に多く行っています。平成30年1月からはダ・ヴィンチを用いたロボット手術も開始し、まずます症例数が増加しています。
また悪性腫瘍の診療については、手術のみならず薬物療法にも力を入れています。近年泌尿器悪性腫瘍分野では新たな薬剤が次々と使用可能となっており、患者様個々に応じた最適な治療を提供すべく日々診療にあたっています。
その他、症例数の多い手術としては尿路結石や前立腺肥大症に対する手術が挙げられます。腎結石に対する従来のものより細い内視鏡を用いた治療や、前立腺肥大症に対するより出血が少なく確実な切除を可能とした術式(経尿道的前立腺核出術)など新しい手術も積極的に取り入れています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 131 2.37 6.18 1.53 0.0
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 109 3.3 4.98 0.0 63.57
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 62 8.1 9.75 1.61 31.95
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 61 5.9 6.37 0.0 43.49
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 58 10.19 9.91 0.0 44.03
妊娠期間短縮、低出生体重児に関連する障害
当院は総合周産期母子医療センターを開設しており、種々のハイリスク妊娠、出産管理を行なっているため、出生後にNICU(新生児科)管理入院までは要さない場合でも、産婦人科医による入院管理を行なっています。

子宮頸、体部の悪性腫瘍 手術なし
子宮頸がんは手術以外に放射線治療で治療する場合がある。その場合は現在は放射線の効果増強を目的とした化学療法を併用することが多いです。子宮体癌は手術療法が主な治療法ですが、術後の補助療法や再発時には化学療法や放射線治療を行うことがあります。

胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等
当院は総合周産期母子医療センターであり、胎児環境の悪化が予測される場合に帝王切開術や早期の分娩誘発を行うことがあります。

卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術 腹腔鏡によるもの等
低侵襲手術としての腹腔鏡下手術は現在適応が拡大され、積極的に臨床で用いられている当院には婦人科内視鏡技術認定医が常勤しており、積極的に適切な適応と判断した症例には鏡視下手術を行なっています。

子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等
子宮の良性腫瘍として最も頻度が高いのは子宮筋腫である。子宮筋腫は過多月経や圧迫症状等の症状を呈することがあり、ホルモン療法を行う、筋腫のみを摘出する、子宮全摘をするなどの治療を当院で行なっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 161 2.88 3.59 0.62 70.57
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 102 14.27 19.65 14.71 69.71
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 85 16.59 11.99 4.71 69.8
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-5あり 56 21.93 18.99 1.79 71.88
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-8あり 51 19.18 11.75 11.76 69.08
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 61 15.64 27.09 91.8 82.43
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 12 4.67 19.94 91.67 71.08
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 3.27 5.15 9.09 71.18
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2なし 11 6.82 8.86 54.55 71.64
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等
外傷に積極的に対応しており、救急科の整形班で診察、手術、術後管理を行っているため、転倒などによる大腿骨近位部骨折の患者さんが多く、同様に腰椎、前腕骨、鎖骨等の骨折も多いです。また、総合診療科がないため、めまい、敗血症をはじめとした種々の感染症、脱水などの体液量減少などの患者さんにも対応しています。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 90 21.89 16.48 4.44 68.56
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 33 38.45 40.97 0.0 59.85
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 32 15.97 17.04 0.0 65.78
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 30 29.27 33.42 3.33 66.77
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2-2あり 19 23.47 13.34 0.0 59.68
悪性リンパ腫、多発性骨髄腫や白血病に対して、根治目的にて抗体・小分子化合物などの分子標的薬を含む化学療法や自家・同種造血幹細胞移植を中心とします。重篤な易感染症例には無菌室(ISO6以上)にて管理を行い、高齢者や臓器合併症を有する患者には、症例リスクに対応した治療を選択します。入院症例は添付の表のように血液腫瘍がその重症度から主となりますが、外来では、貧血や血小板異状、白血球異状の診療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 73 26 18 30 6 28 1 7
大腸癌 57 36 53 77 8 56 1 7
乳癌 97 42 28 19 32 53 1 7
肺癌 163 63 93 196 15 343 1 7
肝癌 27 40 28 15 5 153 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、5大がんに限らず全てのがん種において、手術・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療などを組み合わせることで、早期がんや進行がん、再発・転移がんに対し、様々な治療法を提供しております。詳しくは、がんセンターHP内「がん種別診療特徴PR(https://www.uoeh-u.ac.jp/hospital/hpgaiyo/hpbumon/gancenter/ganoutline/tokutyou/PR.html)」をご覧ください。

胃がん、大腸がん
主に「消化器・内分泌外科」、「消化管内科、肝胆膵内科」と「放射線科・放射線治療科」で診療しております。手術は基本的に腹腔鏡を使用していますが、一部はロボット支援手術で切除から再建まで行っております。早期がんについては、内視鏡を使用した治療も積極的に行っております。切除不能進行がんや再発・転移がんについては、従来の抗がん剤に加え、分子標的治療薬を用いた治療も行います。平成29年度における当院の傾向として、胃は早期がんに対する治療が、大腸は進行がんおよび再発・転移がんに対する治療が多いです。

乳がん
 主に「消化器・内分泌外科」、「呼吸器・胸部外科」と「放射線科・放射線治療科」で診療しております。手術では、根治性だけでなく整容性の向上を目指して、傷口が目立たないよう内視鏡を用いての乳房部分切除を導入し、積極的に行っています。また形成外科と連携して、エキスパンダーや自家組織を用いた乳房再建術も行っています。乳がんでは組織のサブタイプによって、適切な抗がん剤やホルモン療法剤、分子標的治療薬を選択した薬物療法を行います。乳がんの病期によっては術前の抗がん剤と分子標的治療薬の投与も積極的に行っています。放射線治療は、乳房部分切除後に温存部分の再発防止のために行うほか、進行再発した乳がんの局所の治療においても積極的に行っています。平成29年度における当院の傾向としては、早期がんと再発・転移がんに対する治療が多いです。

肺がん
 主に「呼吸器・胸部外科」と「呼吸器内科」、「呼吸器病センター」、「放射線科・放射線治療科」で診療しております。当院においては、治療数が最も多いがん種です。また、九州でトップクラスの外科手術症例数となっています。様々な合併症を有するリスクの高い症例に対しても、関連する多職種が協力して最新の知見を駆使し、安全性の高い先進的な治療を行っております。早期がんについては、胸腔鏡と一部はロボット支援手術を使用した低侵襲性な手術を行います。進行がんや再発・転移がんについては、従来の抗がん剤に加え、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬などの新しい薬を用いた治療や放射線治療も行っています。平成29年度における当院の傾向としては、早期がん、進行がん、再発・転移がんとあらゆる状況に対応しております。

肝がん
 「消化管内科、肝胆膵内科」、「消化器・内分泌外科」と「放射線科・放射線治療科」で診療しております。切除可能な場合は積極的に手術を行っております。手術以外でも、身体の外から針を刺し、がんに対して局所的に治療を行う療法(ラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法)や、カテーテルを用いてがんに栄養を運んでいる血管を塞栓物質や抗がん剤を混ぜたもので人工的に塞ぐ肝動脈塞栓療法(肝動脈化学塞栓療法)も多数行っております。適応を考えて放射線治療も行っています。また、分子標的薬を使った治療も行っています。さらに、肝がんになりやすいウイルス性肝疾患(B型肝炎、C型肝炎)の患者さまの抗ウイルス療法を積極的に行っています。平成29年度における当院の傾向としては、再発・転移がんに対する治療が多いです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 9.52 58.52
中等症 61 15.46 74.69
重症 6 17.67 82.33
超重症 13 11 76.23
不明 0
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 141 21.87 73.63 41.14
その他 17 18.29 69.06 3.8
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科、腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 139 3.93 4.08 6.47 71.35
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 77 3.19 3.29 2.6 66.99
K610-3 内シャント設置術 63 7.6 14.05 12.7 72.21
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 58 2.67 3.07 1.72 63.43
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 48 2.4 2.9 2.08 73.5
経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的カテーテル心筋焼灼術、四肢動脈や腎動脈の血管拡張術、内シャント設置術が上位5疾患でした。他にペースメーカー移植術や植込み型除細動器移植術や腹膜透析用カテーテル留置術も当内科で行っており年々多くなっています。内科診療科の中でも多数の手術、手技を行っており、いずれも増加傾向です。
「腎炎」「腎不全」「透析」については、本学の循環器内科、腎臓内科のホームページ(https://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/2nai/homepage/i_jinzou-kanzou_j.html)に詳細がございますので、こちらも併せてご参考にしてください。
消化管内科、肝胆膵内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 175 1.72 6.53 3.43 71.07
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 171 0.2 1.05 0.0 67.46
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 115 1.37 5.87 5.22 73.6
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 39 0.23 2.36 2.56 70.21
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 37 1.05 6.05 0.0 72.46
消化管内科、肝胆膵内科では、消化器疾患を中心に専門分野を消化管疾患と肝胆膵疾患に大きく分けて、各領域の専門医が診療にあたっております。
血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)、内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)、内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)が上位でした。
血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)は主に肝細胞癌に対する血管治療として行っています。内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は大腸ポリープに対する内視鏡的治療で、良性の腺腫性ポリープや早期の大腸癌の根治切除を短期入院で行っています。内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)は食道や胃、十二指腸の悪性腫瘍を内視鏡的に切除する治療で、早期の悪性腫瘍に対し低侵襲かつ根治が得られることが多い治療です。内視鏡的胆道ステント留置術は胆管結石や胆道悪性腫瘍、膵悪性腫瘍などによる閉塞性黄疸や胆管炎に対して胆道ドレナージを行う治療です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 22 0.05 52.82 13.64 0.0
K190-5 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填 15 1.73 5.73 0.0 14.8
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 15 0.0 33.87 6.67 0.0
K1742 水頭症手術(シャント手術)
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
「新生児仮死蘇生術(仮死第1度)」「新生 児仮死蘇生術(仮死第2度)」
生まれてくる赤ちゃんの約10%は、出生時に呼吸を開始するために何らかの助け(呼吸の刺激や吸引など)が必要とされており、新生児仮死蘇生術とは出生後に元気 に泣かず、ぐったりしている新生児仮死の赤ちゃんが重篤な障害を残さないように適切な処置を行うことです。当院の周産期センターではスタッフ全員が新生児蘇生 法「専門コース」の認定資格を持っており、定期的に講習会も開催しております。院内での帝王切開には全例、通常の分娩でも赤ちゃんの状況に応じて有資格者が立 ち会うことで、予期せぬ異常が発生した場合でも迅速に対応できる体制を整えています。

「重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填」
脳からの運動機能命令が十分伝わらず手足が固くなって自由に動かせなくなった患者さんに行う治療です。体内埋め込み式機械へ「バクロフェン」という筋肉の固さ を取る薬剤を定期補充します。清潔な操作で補充が必要なため、補充は外来または短期入院下で清潔操作下、定期的に行っています。

「水頭症手術(シャント手術)」
水頭症のシャント手術は、たまってしまった脳脊髄液を体内の他の場所へ逃がしてあげる手術で、脳の中に水がたまってくる病気(水頭症)を治療するために行われます。脳脊髄液の流れ道を新たにつくる,いわゆるバイパスのようなものです。実際の手術は脳神経外科医が担当し、小児科医が術前後を含めた全身管理を行いながら、新生児期から小児期にわたる患者さんの対応を行っています。

「頭蓋内腫瘍摘出術(その他)」
小児の脳腫瘍は小児がんのなかで急性白血病に次ぎ、二番目に多い疾患です。治療には外科的手術、放射線治療、抗がん剤を使用した化学療法を組み合わせて行うことが多く、小児科、脳神経外科、放射線診断科、放射線治療科、リハビリテーション科などの連携が不可欠です。そのため、大学病院などの設備が整った病院でしか診療できません。当施設では小児脳腫瘍患者を積極的に受け入れており、手術は脳神経外科医が担当し、小児科医が術前後を含めた全身管理を行っています。また、入院中の治療のみならず、退院後の生活がスムーズにいくようサポートも行っています。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
消化器・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 77 1.35 5.64 1.3 58.4
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 68 4.51 12.81 4.41 72.35
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 46 1.39 6.3 0.0 66.02
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 34 2.38 14.15 2.94 64.29
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 1.23 7.74 3.23 63.39
呼吸器・胸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 102 3.98 9.01 4.9 71.9
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 42 2.9 6.88 2.38 42.74
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 29 5.9 7.69 10.34 73.79
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 29 3.86 8.52 6.9 72.0
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 21 3.19 8.24 0.0 64.05
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 161 2.46 16.25 90.68 71.73
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 91 3.15 12.14 43.96 69.27
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 62 6.15 14.06 74.19 74.0
K0461 骨折観血的手術(大腿) 39 1.08 9.51 61.54 72.23
K0462 骨折観血的手術(前腕) 25 1.36 4.72 24 62.24
近隣の医療機関から保存治療で改善しない脊柱管狭窄症(腰部および頸部)を数多くご紹介していただいています。上位頸椎から仙椎までの全ての脊椎脊髄疾患に対して、脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術を行っています。ナビゲーションシステムを活用して安全に低侵襲で手術を行うことが可能です。通常の手術に加え、顕微鏡手術、内視鏡手術、インストゥルメンテーション手術を積極的に行っています。
高齢者の大腿骨近位部骨折や橈骨遠位端骨折などの骨粗鬆症性骨折が近年増加しています。可能な限り早期に手術を行い、早期に離床し、社会復帰できるよう努めています。骨折後の骨粗鬆症治療を徹底するよう取り組んでいます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 24 1.04 1.17 0.0 67.67
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 1.44 4.83 0.0 74.56
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 10 1.0 1.8 0.0 29.3
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上)
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
眼瞼下垂
形成外科では診療科別DPC係数、術式件数共に眼瞼下垂症が1位となりました。これは加齢に伴う眼瞼下垂の治療が知られてきたこと、近隣の眼科よりの紹介が年々増えている結果だと思います。加齢に伴う眼瞼下垂症では一般的に眼瞼挙筋腱膜を瞼板に短縮して縫合する方法を基準に行なっています。これは局所麻酔で行い、手術中に座位になっていただいて開瞼の改善程度を確認して行います。外来手術でも可能ですが、手術当日に十分眼瞼部を冷却、安静にすることで術後の腫脹や紫斑形成が少なくなることを考え、手術前日からの2泊3日手術をおすすめしています。他方先天性眼瞼下垂症では眼科と共同して手術時期を考えますが、2-5歳前後で行うことが多く、大腿筋膜を利用して前頭筋への釣り上げ術を基準に行なっています。小児期の手術であり全身麻酔下となります。また入院期間は筋膜採取部の状態で数日間要しています。

母斑・母斑症 手術なし
 当院には血管腫治療用レーザー(V-beam 2)を設置して、乳児血管腫(苺状血管腫)、単純性血管腫の治療を積極的に行なっています。2017年にはV-beamから最新型のV-beam 2を導入しました。小範囲であれば外来で照射を行なっていますが、特に小児の広範囲の血管腫には全身麻酔下での照射が必要となり入院治療を行なっています。入院期間は初回が前日から翌日までの2泊3日ですが、2回目以降は小児の麻酔時間が朝早いこと、短時間であること、覚醒が早いことより照射当日の夕方には退院する1泊2日の入院で行なっています。北九州地区には全身麻酔下での治療ができる施設が少なく、今後も本治療の拠点として活動を続けて行きます。

爪の疾患 手術あり
 主な対象疾患は母趾陥入爪です。以前はもっと症例数が多かったのですが、近年保険外診療になりますが矯正ワイヤーによる治療も行っており、外来での簡便な治療が増えました。しかし強度の陥入があったり、また感染を繰り返したりする症例は手術適応であり、依然として件数は多く推移しています。手術は伝達麻酔下で行い、陥入した爪母切除だけでなく陥入した爪床を形成してできるだけ平らで広い爪が形成されることを目指しています。外来でも手術可能ですが、このような手術のため術後の出血、疼痛が出やすいため安静目的で疼痛が取れるまで数日の入院をお勧めしています。

母斑・母斑症 手術あり
 4位5位は母斑、良性腫瘍など皮膚の良性新生物の手術が上位となりました。外来では切除できない巨大な脂肪腫、粉瘤、小児の良性腫瘍、脂腺母斑などが対象です。主に全身麻酔下に切除し、縫合できるものは縫合し、できないものは皮弁形成や植皮を行って閉鎖しています。入院期間は単純縫合や皮弁の場合は2泊3日を、植皮の場合は10日間程度を基準に行っています。形成外科での治療ですのでできるだけ瘢痕が目立たない、最小の侵襲となるような治療を目指しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 44 6.68 26.8 15.91 59.64
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 35 0.66 13.37 17.14 74.94
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 12 2.75 9.33 0.0 48.17
K1781 脳血管内手術(1箇所) 11 3.45 10.82 0.0 65.82
K1742 水頭症手術(シャント手術)
産業医科大学 脳神経外科では脳腫瘍の治療に特に力を注いでいます。当科では、年間約350-400例の手術を行っており、そのうち約70-100例が脳腫瘍の外科治療であり、九州圏内の医療機関の中でも多くの件数を施行しています。

慢性硬膜下血腫とは、頭部外傷、頭部打撲が原因となり、受傷からゆっくりと硬膜下に血腫が形成されます。血腫の量が少ない場合は経過観察を行いますが、症状(麻痺、歩行障害、認知機能低下など)が出ている場合は手術が必要になります。手術は、局所麻酔下に頭蓋骨に小さな穴を設けて、貯留している血腫を洗浄および除去します。場合によっては、神経内視鏡を用いた血腫腔の観察も行っています。

下垂体腫瘍はホルモンを分泌する下垂体にできる良性の腫瘍です。腫瘍によりホルモンの症状や視野異常を認めることがあります。当院では、神経内視鏡を鼻腔内より下垂体腫瘍部まで挿入し、広い視野で、しかも低侵襲に確実な腫瘍摘出術を行う治療を施行しています。

脳血管内手術とは、脳動脈瘤、硬膜動静脈瘻、内頚動脈狭窄症などに対して血管内カテーテルを用いて治療を行います。低侵襲的な治療であり、放射線科と連携し治療を施行しています。

脳や脊髄は、硬膜という比較的しっかりした膜で包まれており、硬膜の中は脳脊髄液で満たされています。この脳脊髄液は、脳の中で脳脊髄液が産生されたあと、脳および脊髄を循環し、最終的には吸収され、微妙なバランスが保たれています。この髄液産生- 循環- 吸収のバランスが崩れ、髄液が貯留した状態を水頭症と呼びます。水頭症には、大きく分けると、くも膜下出血後などに髄液の吸収が障害されるもの、出血や腫瘍などで髄液の循環が障害されるもの、60歳を超える成人に見られる正常圧水頭症と呼ばれるものがあります。水頭症には、手術による治療が行われることが多く、頭の中に貯留した髄液を腹腔などに流す手術(シャント手術)がよく行われます。また、原因によっては、第三脳室底開窓術という、神経内視鏡を用いた手術も行うことがあります。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 13 9.54 28.08 38.46 69.69
K5551 弁置換術(1弁) 10 17.0 31.8 10.0 73.0
K5552 弁置換術(2弁)
K5553 弁置換術(3弁)
K617-2 大伏在静脈抜去術
当科では、心臓・血管疾患の外科治療(手術)を担当しています。主に、大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症といった心臓弁膜症に対する弁置換術もしくは形成術、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心臓病に対する冠動脈バイパス手術を行っています。さらに、大動脈瘤に対する人工血管置換術や末梢動脈閉塞症に対する血行再建治療としての動脈バイパス手術、下肢静脈瘤に対するストリッピング手術も手がけています。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 509 0.5 1.08 0.0 73.13
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 203 1.33 8.3 1.48 59.53
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 46 1.2 7.48 0.0 58.04
K2683 緑内障手術(濾過手術) 30 0.37 7.57 0.0 69.3
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 23 0.65 5.52 0.0 60.26
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 60 2.35 7.8 0.0 50.37
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 43 0.3 8.44 0.0 58.95
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 40 2.23 6.44 0.0 56.23
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 36 2.56 6.44 0.0 24.33
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 22 1.91 4.05 0.0 62.09
手術(慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術、鼓膜チューブ挿入術、内視鏡下鼻・副鼻腔手術、口蓋扁桃摘出術、耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり)では、出来るだけ小侵襲で行い、術後早期の退院を目指しています。さらに、高度難聴に値する人工内耳埋込術、甲状腺腫瘍に対する内視鏡補助下甲状腺手術などの術後のQOLを改善する手術にも積極的に取り組んでいます。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 88 1.2 8.91 1.14 72.26
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 23 0.65 2.09 0.0 47.17
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 14 0.79 6.29 0.0 54.29
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)
皮膚悪性腫瘍切除術は主に基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が対象となります。
皮膚悪性腫瘍は高齢者に好発し、腫瘍の大きさ、部位に応じて局所麻酔や全身麻酔で手術を行っています。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 149 1.43 4.09 1.34 73.99
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 54 1.37 10.44 3.7 67.83
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 46 2.24 3.57 0.0 60.74
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 29 1.38 10.97 13.79 68.07
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 19 1.79 5.11 0.0 74.63
DPCの説明でも述べましたように、産業医科大学泌尿器科では悪性腫瘍の手術が多く、ダ・ヴィンチを用いたロボット手術の開始後、ますます手術症例数が増加しています。また、泌尿器悪性腫瘍に対する手術のほとんどは腹腔鏡を用いて行っていますが、進行した症例に対しては、従来の開腹手術も行っています。周囲の臓器に病変が及ぶような進行例に対しては、他診療科(外科や心臓血管外科など)の医師と協力して手術を行うこともあります。

以下に主な泌尿器悪性腫瘍に対する手術療法を列記します。

・腎臓がん
腎摘除(腹腔鏡下/開腹)  
腎部分切除術(ロボット支援腹腔鏡下/腹腔鏡下/開腹)

・前立腺がん
 前立腺摘除術(ロボット支援腹腔鏡下/腹腔鏡下/開腹)
 小線源療法

・尿路上皮がん(腎盂/尿管/膀胱がん)
 腎尿管全摘除術(腹腔鏡下/開腹) 
 膀胱全摘除術(腹腔鏡下/開腹) 

またその他に症例数の多い手術としては、尿路結石(腎結石、尿管結石)、前立腺肥大症に対する手術が挙げられます。尿路結石に対しては内視鏡やレーザーを用いた内視鏡による砕石術の他、外来日帰り手術として行うことが出来る体外衝撃破結石破砕術も数多く行っています。腎結石に対する従来のものより細い内視鏡を用いた砕石術や、前立腺肥大症に対するより出血が少なく確実な切除を可能とした新規手術(経尿道的前立腺核出術)など新しい手術も積極的に取り入れることにより、より安全、効果的な治療が可能となっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 94 1.51 3.26 0.0 40.95
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 78 1.26 6.23 5.13 30.51
K877 子宮全摘術 73 2.44 7.78 0.0 48.48
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 60 5.98 6.07 0.0 32.68
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 59 1.66 5.15 1.69 45.85
子宮付属器腫瘍摘出術(腹腔鏡)
低侵襲手術としての腹腔鏡下手術は現在適応が拡大され、積極的に臨床で用いられている当院には婦人科内視鏡技術認定医が常勤しており、積極的に適切な適応と判断した症例には鏡視下手術を行なっています。

帝王切開術(緊急帝王切開)
当院は総合周産期母子医療センターを開設しており、種々のハイリスク妊娠、出産管理を行なっている。近隣の産科からも、緊急帝王切開を要する症例を受け入れを行なっています。

子宮全摘術


帝王切開術(選択帝王切開)
当院は総合周産期母子医療センターを開設しており、種々のハイリスク妊娠、出産管理を行なっています。既往帝王切開の場合は子宮破裂リスクから選択帝王切開を行うことが多く、また、胎児、母体のリスクから経腟分娩困難症例も多く受け入れています。

腹腔鏡下腟式子宮全摘術
低侵襲手術としての腹腔鏡下手術は現在適応が拡大され、積極的に臨床で用いられている当院には婦人科内視鏡技術認定医が常勤しており、積極的に適切な適応と判断した症例には鏡視下手術を行なっています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 46 1.09 13.3 91.3 82.78
K0462 骨折観血的手術(前腕) 21 2.05 12.24 42.86 52.05
K0811 人工骨頭挿入術(股) 15 1.53 13.47 86.67 80.87
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 11 1.45 12.73 90.91 68.27
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)
大腿骨近位部骨折や前腕、鎖骨骨折の患者さんが多いため、その関連の手術数が多くなっています。

※1年間で10症例未満の症例については、個人情報の保護の観点から数値を出さないことになっています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 15 16.27 3.67 0.0 61.4
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 13 22.92 9.54 0.0 65.38
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満)
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0
異なる 5 0.03
180010 敗血症 同一 16 0.11
異なる 29 0.19
180035 その他の真菌感染症 同一 -
異なる -
180040 手術・処置等の合併症 同一 133 0.88
異なる 37 0.25
更新履歴
2018.9.26
公開