より負担の少ない手術へ
手術支援ロボット「ダヴィンチ Xi」始動。

手術支援ロボット ダヴィンチ

da Vinci Xi SURGICAL SYSTEM
ダヴィンチは、低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発されました。
高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像の下、人間の手の動きを正確に再現する装置です。
術者は鮮明な画像を見ながら、人の手首よりはるかに大きく曲がって回転する手首を備えた器具(鉗子)を使用し、
精緻な手術を行うことができます。
ダヴィンチは、以下の3つの機器によって構成されています。
操作
「サージョンコンソール」とよばれる操縦席に座り、3D画像を見ながら手元のコントローラーを操作します。
動く
「ペイシェントカート」の4本のロボットアームに操作の動きが伝わります。
見える
「ビジョンカート」のモニターに手術中の画像が映し出され、手術スタッフに同じ画像が共有されます。

ロボット支援手術の特長

FEATURES
特徴1
身体への負担が少ない
数カ所の小さな切開部から手術を行うため、傷が小さく出血も抑えられ、手術後の回復が早く、患者さんの負担が軽減されます。
特徴2
鮮明な3D(3次元)画像
術者が手術中に見るコンソールモニターには高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像が映し出されます。このことにより、より繊細な構造を確認することが可能となります。
特徴3
精密な動きを再現
医師がロボットアームに装着されている鉗子やメスを操作します。
ダヴィンチの鉗子は複数の関節構造を持ち、人間の手より大きな可動域を有し、さらに術者の手ぶれを補正する機能を備えています。

メッセージ

MESSAGE
F.Tanaka2.jpg
呼吸器・胸部外科

産業医科大学病院 副院長、呼吸器・胸部外科診療科長
産業医科大学 医学部 第2外科学講座 教授

田中 文啓

手術用ロボット(ダヴィンチ)を使った手術は、2012年に前立腺がんの手術に対して最初に保険が適応されましたが、2018年4月より呼吸器外科領域の手術(肺がんに対する手術、胸腺腫などの縦隔腫瘍に対する手術)にも保険適応が拡大されました。当院では手術用ロボットの最新鋭機であるダヴィンチXiを導入し、十分な準備の元に手術を開始しました。

 

ロボット手術では、胸に開けた小さな穴からロボットのアームを体内に入れて手術を行います。ロボットのアームの先には様々な手術器具を装着して様々な手術操作を行いますが、あくまでも外科医(術者)がロボットを動かして手術をするため、正確には“ロボット支援手術”と呼びます。術者はコンソールと呼ばれる操縦席に座って、モニターに映し出される三次元画像を見ながらロボットをコントロールします。ロボット支援手術は、1)小さな穴から手術を行うために身体への負担が少ないこと、2)高画質な三次元画像を見ながら手術操作をするため、より繊細な手術が可能になる、3)”手ぶれ“等の無い正確で複雑な操作が可能になる、等の特徴があり、患者さんにとって大きなメリットがあると考えられます。

 

ただし、現時点ではロボット支援手術は必ずしもすべての患者さんに適しているわけではありません。従来の方法、つまり小さな穴からカメラを挿入して術者の手で手術を行う“胸腔鏡手術”や胸を大きく開いて行う“開胸手術”の方が安全かつ正確に手術ができる患者さんもたくさんおられます。当科では、患者さんの希望を十分に聞きながら、患者さんの病気の種類や進行具合などを総合的に判断し、最善の手術法を提案しています。ロボット支援手術に限らず、呼吸器外科領域の治療に関してお聞きになりたいことがあれば気軽に外来を受診ください。相談のみのセカンドオピニオンも歓迎です。または当教室(産業医科大学第2外科)のHP(http://www.kitakyusyu-gan.jp/ または、“北九州”“肺がん”で検索)も御覧ください。

藤本 直浩
泌尿器科
産業医科大学病院 泌尿器科診療科長
産業医科大学 医学部 泌尿器科学講座 教授
藤本 直浩
平成30年1月より、手術支援ロボットの最新機種であるダヴィンチXiを用いて前立腺がんに対するロボット支援手術を開始しました。この手術支援ロボットにより、前立腺がんの手術は大きく進歩し、患者さんにとって大きなメリットをもたらしています。

前立腺がんは、今や日本人男性のなかで最も患者さんが多いがんとなりました。前立腺がんは比較的早い段階で見つかることが多く、早い時期に見つければ、治療せずに定期検査のみを行う監視療法、手術療法、放射線療法、薬による治療(ホルモン療法)の中から最も患者さんに適した治療を選んで行います。なかでも中心となるのが手術で、がんが存在する前立腺を取ってしまうことにより、多くの患者さんでがんを治すことができます。私たちも、たくさんの前立腺がん患者さんに手術を行ってきました。以前は開腹手術を行っておりましたが、前立腺の手術は出血が多く、多くの患者さんで輸血が必要でした。その後、腹腔鏡手術の発達により、おなかに5つの小さな穴をあけて、そこから入れた長い器具を使って前立腺を取りだす腹腔鏡手術も多く行ってきました。これにより輸血を必要とすることはほとんどなく、小さな傷でできるため、患者さんの回復も早くなりました。しかし、腹腔鏡手術はやや高度な技術を必要とし、手術の正確性も十分ではありませんでした。

ダヴィンチによるロボット支援手術は、腹腔鏡手術と同様におなかにあけた小さな穴から手術器具を挿入して手術を行いますが、術者の手の動きをロボットが正確に手術器具に伝え、手振れを防ぎ、人間の手以上に細やかに動いて手術ができます。また立体感のある鮮明な3D画像で手術するところを拡大して見ることができるため、詳細な解剖が見え、非常に正確な手術ができるようになりました。これにより、がんを完全に取りきる確率が高くなり、出血が少ないことはもちろん、前立腺の手術で問題となる尿漏れや性機能障害などの合併症を減らすことができるようになりました。このようにダヴィンチにより、理想的な安全、確実な手術に近づきつつあります。日本では2012年より健康保険で前立腺に対するロボット支援手術を受けることができるようになりました。前立腺がんと診断された方は、是非一度、産業医科大学病院泌尿器科へおいで下さい。

メリット

MERIT
従来の手術と比べ、以下の点が優れていると言われています。
術後疼痛の軽減
小さな傷口
出血の制御
入院期間の短縮
機能温存
合併症のリスク軽減

よくある質問

FAQ
ダヴィンチ手術の適用は、どのような疾患がありますか?
保険適用の対象となる術式は、前立腺がんに対する前立腺全摘出術及び腎臓がんに対する腎部分切除術があります。
当院では、現在、前立腺がんに対する前立腺全摘出術を対象としていますが、腎臓がんに対する腎部分切除術についても取り組んでいく予定です。
また、2018年4月から保険適用となる消化器外科、胸部外科、婦人科などの領域についても、対象の拡大を予定しております。
ロボット手術は危険ではないのですか?
ダヴィンチ手術は、認定資格を取得し、トレーニングを積んだ医師によって行われます。医師をサポートするのがロボットの役割で、ダヴィンチ自身が勝手に動作することはありません。医師がロボットを活用し、より精緻に行う手術とお考えください。
また、ダヴィンチは今日までに世界中で約300万件(2016年1月現在)のさまざまな外科手術で使用されています。
高額な費用がかかりますか?
前立腺がんにおいては、2012年4月より健康保険が適用となりました。 また高額療養費制度も適用されます。
手術支援ロボット(ダヴィンチ)を用いた前立腺がん手術費用の概算
70歳未満の方
区分 通常の健康保険 高額療養費制度利用時
(年収約1,160万円~) 約525,000円 約270,000円
(年収約770万~1,160万円) 約180,000円
(年収約370万~770万円) 約105,000円
(~年収370万円) 約70,000円
(住民税非課税) 約45,000円
70歳以上の方
区分 窓口負担額
現役並み所得 (自己負担割合3割の方) 約105,000円
一般 (①、③以外の方) 約70,000円
住民税非課税等 住民税非課税 約40,000円

住民税非課税 約30,000円

上記は、健康保険適用した場合の患者さんの窓口負担額の例です。
モデルケースとして、月をまたがない14日間入院としています。費用には、入院中の医療費(検査、手術、投薬等)及び食事代は含まれますが、患者さんが希望された有料個室料金や診断書料金等は含まれません。

また、入院期間がふた月にまたがった場合は、この限りではありませんので、詳しくは来院時等にお尋ねください。

お問い合わせ

CONTACT
産業医科大学病院
〒807-8556 北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号
TEL:093-603-1611(代表)
Copyright(C) 2009 UNIVERSITY OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL HEALTH,JAPAN. All rights reserved.