本学では、コロナ禍の中、健康管理業務のデジタル化を推進します

 

 コロナ禍の中、本学監修のLINE健康管理ツールの利用推進!

   

 本学は、新型コロナウイルス対策の一環として、本学が監修し SHIPが開発した「LINEを利用した日々の健康報告システム (AMAVICO)」の導入を進めてまいります。

 

報告に必要なものは個人のスマートフォンとLINEのみです。日々の健康状態報告は質問に答えるだけで完了します。

 

管理する側は、報告内容がデータで送られてくることや、自動集計機能により、感染徴候者を速やかに把握することが可能です。

 

また、未報告者に対してもリマインドメッセージを送るなど、効果的な感染管理を支援します。

 

感染管理体制は、いろいろな部署で行われていますが、多くは専用用紙の提出等、データ化されていない健康情報を集約することが煩雑になっている現状です。

 

 そのため、労働者の健康管理を担う産業医を養成する産業医科大学では、SHIPと共同し、まず、本学の学生が本ツールを使用することで、新たに感染管理業務のデジタルによる変革を実現し、感染症状の早期検出が可能な組織体制の構築を目指していきます。

 

 

※SHIPとは、 医療・介護・福祉などヘルスケア領域に関心を持つメンバーが集まる創造型コミュニティ(Sustainable Healthcare Integrate Park

 

 

Copyright(C) 2011 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.