トップページ > 新着情報一覧 > 令和2年度卒業式が3月3日に挙行されました

令和2年度卒業式が3月3日に挙行されました

 

 令和2年度 卒業式 が3月3日(水)10時から挙行されました。

 

 学長式辞は、以下のとおりです。

 

  

令和3年3月3日

令和2年度 卒業式 式辞

―常識は、医学・看護学・産業衛生科学は、そして我々は、果たしてどの程度正しいのか?―

                 

                                                 学長 尾辻 豊


 今年、本学を巣立つ皆さん、本日はご卒業おめでとうございます。また、この日を待ち望んでおられたご家族の皆様方に、産業医科大学の教職員を代表し心からお慶びを申し上げます。皆さんが、健康に気を付けてさらに成長することを強く願っています。

 

 卒業生の皆さんは、これから社会人として歩んで行かれます。学生と社会人の違いについてお話をします。チームの中の一員としての行動が重要であるというお話しです。私自身が循環器内科医ですので、話が医学に偏る点をお許し下さい。解りやすいように試験の点数でお話しします。皆さんはこれまで試験で60点以上をとることを求められてきました。90点とれるととても優秀な学生です。卒業式1この時に皆さんは単独で60点をとることを求められました。試験の時に人の力を借りると100点をとっても留年や除籍となります。これに対して社会人は100点を求められます。100人の患者さんの診療をして、60人には見事な診療ですが40人には診断ミスや手術失敗となると、医師失格です。100人全員に対して医学的に妥当な診療が求められます。これは一人で行うと極めて難しいです。しかし、卒業後は一人で仕事をする訳ではありません。人の力を借りて良いのです。むしろ人の力を借りなければなりません。例えば、心臓病の症状で来られた患者さんが心臓病とは関連のない貧血があり、消化管の病気が疑われる、自分ではどうして良いか?解らない。このような時には消化管に詳しい人の助けを借りることが出来ます。紹介すれば良いのです。心臓病は自分できちんとした診療を行い、自分で出来ないところは他人の力を借りてきちんと診療するよう手配する、これが社会人として求められる仕事です。これは、多職種間のチーム診療にも該当します。私自身、研修医の時、アルバイトに行き一人で当直をしました。その時、腹痛の少年が来てどうすれば良いか?解りませんでした。その時に、そばにいたベテラン看護師に「院長先生はこのような時にどのような処置をされますか?」と聞いて、難を逃れたことがあります。卒業式2ニコッと笑って、いろいろ教えてくれました。そうしますと社会人としての仕事は、皆さん個人の能力はもちろんですが、皆さんがチームの中でどのように行動し、100点満点を達成できるか?が重要となってきます。皆さんは、これまで勉学も一生懸命されていますが、同時に友達もたくさん作ってこられたと思います。産業医科大学で学ぶためにこの地に集まり、学生生活を共にした同級生は勿論のこと、先輩・後輩・教職員・地域社会の方々との新たな出会いがあったと思います。大学在学中に修得した専門的知識や技術に加え、これまでの経験や人間関係の全てが皆さんの貴重な財産です。今後も友達を大切にしてください。皆さんが今後社会人1年目を共にする同期の人達も生涯の友となります。産業医科大学は、ファミリースピリットに溢れており、卒業生も強固な相互支援活動をしています。これらは今後の皆さんの私生活でも仕事の上でも大きな支援となります。どうぞ皆さん、お互いに支援し合って、頼り合ってください。

 

 次に皆さんの現在の価値です。本学卒業生は、医師や看護師・保健師・作業環境測定士・衛生管理者など、全員が何らかの国家資格を取得します。いずれも働く人を中心として、人々の活力を支える仕事です。このような仕事は社会に必要であり、皆さんの将来は明るいです。本学は改めて言うまでもなく産業医学を専門とする大学です。卒業式3特に学外では、産業医学・産業保健・看護・衛生科学分野への貢献が期待され、また評価されています。英国にある世界で最も権威ある国際的大学評価機関タイムズ・ハイヤー・エデュケーション【THE】ランキングで、本学は、日本の全ての大学で5位、全ての私立大学で1位、九州沖縄地区全ての大学で1位という評価を受けました。研究論文の引用件数が何と世界で1位であり、産業医学を主体とした社会医学系の研究業績が臨床系研究と並び極めて高く評価されました。さらに産業医科大学は世界保健機構WHOの指定協力機関に認定されています。日本全国に31施設しかなく、日本の全ての大学から11施設、九州沖縄地区では長崎大学・国立水俣病総合研究センターと産業医科大学の3施設だけ、そして産業保健分野では労働安全衛生総合研究所と本学の2施設が認定されています。産業生態科学研究所の産業医学研究がオンリーワンであるとWHOから高く評価された結果です。皆さんは、このような本学の輝かしい卒業生です。学問は日進月歩、社会は常に変化を続けますので、今後も研鑽を続けて社会から必要とされる人材であり続けて下さい。

 

 最後にこの祝辞のサブタイトルにしました、「常識は、医学・看護学・産業衛生科学は、そして我々は、果たしてどの程度正しいのか?」についてです。これは、皆さんの今後の勉強法に関することです。本学の教育は国家試験を強く意識しています。そのために皆さんにはこれまで、「教科書を理解する」「先輩や教員が教える事を勉強すること」を重視して教育しています。これは「受動的とも見える」教育ですが、国試対策には標準的です。卒業式4しかし、教科書は本当に正しいのでしょうか?皆様の中で、ラマツィーニ先生を知らない人はいないでしょう。1700年に「働く人の病」という本の中で、職業と病気の関係を人類史上初めて包括的に明らかにされました。様々な職業人の病気の特徴を記載しており、例えば「時計職人はみんな眼鏡をかけている」と見事に観察されました。今日、私達は患者さんに「お仕事は何でしょうか?」といつも質問しますが、これの起源はラマツィーニ先生です。正に医師・医学者として天才です。しかし、いくら優秀でも人間という生物は知らないことは正確に判断できません。ラマツィーニ先生は、「死体処理人の病気」の中で、「死体処理人に年老いた人はいない」等のするどい観察をした後に、「墓に入る時はまず扉を開いて十分に換気し、終了後は衣服を替えて清潔を保つ」という驚くほど適確な予防法を提唱しています。しかし、「瀉血(しゃけつは手足の血管を切って出血させる古典的治療ですが)、瀉血をすると死亡するので、治療は下剤である。」という記載もあります。現在の医学知識を持つ私たちは「下剤が死体処理人に良い訳がない。」と瞬時に判断できますが、未知の領域では、いくら優秀な人でも正しく考えることは難しいのです。そのため現代の医学でさえ過ちを包含しています。循環器分野で言いますと、心不全症例へのβ遮断薬、心臓の働きを強くする自律神経作用をブロックする薬剤ですが、この投与は、私が卒業しました1981年当時禁忌でした。卒業式5今では安定した心不全にはβ遮断薬を投与すべきである、と180度近く常識が変わりました。未知の領域が無くなることはありませんので、医学は永遠に間違いを包含します。そのために医学はこれ迄も変貌し続けており、今後も変貌し続けます。看護学・産業衛生科学も同じだと思います。そうしますと、我々は「常識は正しいのか?現代医学・看護学・産業衛生科学は正しいのか?我々自身はどの程度正しいのか?」を生涯問い続けて行く必要があります。こうなると教育の最終目標は「情報を自分の目で見て考察し、より正しい判断を行う能力(すなわち自主性に基づいた科学的判断能力)の育成」にあると思われます。皆さんは、教科書を十分に理解されました。その成果が卒業です。しかし、今後は教科書をそのまま信用するのではなく、自分自身で物事をしっかりと考え、常識にチャレンジする精神を自ら育成して下さい。常識を尊重しながらも常識外の事も含め自分で考え、最も正しいと思うことを提案し、周りの理解を得ながら実行することが皆さんのさらなる進歩につながると思います。これは自分自身にチャレンジすることでもあります。

 皆さんは、まさに巣立とうとするルーキーです。本日の卒業が皆さんの目標ではありません。国家資格も目標ではなく、単なる手段です。卒業や資格取得はスタートであり、目標はまだまだ先にあります。卒業し、資格を得て、何をなすか?が皆さんの目標です。常に謙虚で我慢強く、また、今までに培った人間関係を大事にし、さらに新たな職場で課せられた課題について相談できる相手を持って下さい。皆さんの周囲の人への支援も積極的に行って下さい。そして自分自身にチャレンジして下さい。難しい課題は一人で抱えこまず、産業医科大学が、この地にあって、常に君たちの傍にいることを忘れないで下さい。皆さんの輝かしい未来を信じて疑いません。諸君の大いなる活躍を心から強く願い、記念すべき本日の餞の言葉といたします。     以上卒業式6