医局員コラム

新任挨拶阪上 和樹

 

20144月より産業医科大学呼吸器内科にて専門修練医としてお世話になります、阪上和樹と申します。

出身は大阪府で、浪人生までの19年を大阪で過ごしてきました。その後は本州の西の端、山口大学で6年間サッカーやフットサル、子育てに明け暮れ、ほんの少しだけ勉学にも励んで参りました。卒後は妻と子どもの存在という縁もあって、ここ北九州の産業医科大学病院にて初期臨床研修を2年間行いました。産業医科大学病院での研修医生活では日々仕事に追われる中でも、しっかりと患者さんと向き合う時間がありました。患者さんのことをより深く知っていくことで自分の知識が少しずつでも蓄えられていくことを感じ、医師とは日々是学業だと実感し、同時に医師としてのやりがいの一端を感じることが出来ました。

いよいよ研修期間を終え専門領域に進むことで、背負うことになるその責任感に体を震えさせておりますが、これが、自分の学びたかった領域について深く学べることへの武者震いへと変わっていくことを願っています。まだまだ若輩者ではありますが、学ぶ意欲は持ち合わせているつもりですので、温かくも厳しい御指導、御鞭撻の程を何卒宜しくお願い申し上げます。









 

 








文責:呼吸器内科学
更新日:2014年8月25日