医局員コラム

近況報告:内村圭吾(国立がん研究センター中央病院)


お久しぶりです。5年目の内村です。3年目は大学、4年目は済生会下関、5年目は半年間大学と呼吸器内科の勉強をさせていただきました。

大学病院で超音波内視鏡に触れ、興味を持ち、気管支鏡修行がしたいと考えておりましたが、迎教授の御厚意により、201410月から半年間、国立がん研究センター内視鏡科(呼吸器)というところで笹田先生の下、短期レジデントをさせていただいております。

国立がん研究センター内視鏡科は池田茂人先生によって1966年に初めて軟性気管支鏡が開発された機関です。病院のロビーにその世界初の軟性気管支鏡が展示されており、感慨深いものがあります。

当科では年間約1000(おそらく日本で1番だと思います)の気管支鏡検査を行っており、その中のほとんどがEBUS-GSEBUS-TBNAになります。また、局所麻酔下胸腔鏡も月2件程度行われております。中枢以外の病変に関しては、ほぼ全ての症例でZIOSTATION2を用いた仮想気管支鏡・ナビゲーションシステム、ROSE(迅速細胞診)を行い、診断率向上を目指しております。

研修医、大学、下関と気管支鏡はそれなりに触ってきたつもりでしたが、専門施設で勉強し、如何に自分の知識・技術が独りよがりであったかを考えさせられます。おそらく気管支鏡というもの自体が、消化管内視鏡よりマニアックである以上、そういう傾向になってしまうのかもしれません。基本手技に関しても、新たな発見が多く(カメラの持ち替え、targetにはupで入れる、clockwise/counterclockwiseを意識する、GS-TBNASTAF・・・)、もっと早く知りたかったようなことも見つかり、刺激を受けています。

 また、留学生や短期のレジデントも多く、留学生は主にアジア地域から2人、レジデントは2-3人が在籍しております。国外・他大学・他院レジデントとの交流も出来、大学とは違った貴重な経験をさせていただいております。

 治療に関しては、PDT(光線力学的治療)を初めて当科にて拝見しました。大学にはない機器ではありますが、非常に安全性の高い手技である手技と思いました。

 気管支鏡検査に関しては根気強く、笹田先生をはじめ、スタッフの先生に御指導いただいております。また、学術的なことに関しては、現在出雲先生に御指導いただき、学会発表・論文作成を進めていく予定です。

 半年間の研修ではありますが、しっかりと気管支鏡の手技・知識を吸収し、大学病院をはじめ、地域医療に貢献できればと考えております。また、大学勤務の際には御指導御鞭撻の程、よろしくお願い致します。





文責:呼吸器内科学
更新日:2014年12月5日