医局員コラム

近況報告:畑 亮輔

1年半過ごした下関を離れ、昨年10月より新小倉病院で勤務しています。新小倉病院のある金田は、実家からも目と鼻の先にあります。
当院では、診療体制の変更点として、地域包括ケア病棟が
10月に新設され、全体の病床数が300床、一般病床214床、地域包括ケア病棟45床、療養病床41床の内訳となりました。そのうち、呼吸器センターが、約35床となっています。
呼吸器センターは、内科
2名、外科2名の常勤医4名体制です。カンファレンスや気管支鏡検査を内科外科合同で行っていて、その他の日常診療でも垣根なく相談しやすい環境です。現在の業務内容は、呼吸器診療と、一般内科診療を少しだけ行っていますが、先月から、外科の胸腔鏡手術にカメラ持ちでつきはじめました。臓器や血管や病変が肉眼的に観察できるため、内科医にとってはとても貴重な経験になるので、可能な範囲で手術について勉強させてもらっています。

10月からの6ヶ月間も本当に早いもので、もう残り半分となりましたが、11日を大切にしたいと思います。11月中旬から昨年末にかけて、医局旅行、丈達先生の結婚式、()忘年会と、イベントが集中して、医局員のみなさんとも密度の濃い時間を過ごせたように思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 






文責:呼吸器内科学
更新日:2015年1月23日