医局員コラム

■近況報告  川口 貴子
 

2015年4月よりお世話になります, 後期修練医1年目の川口貴子と申します。
出身は東京の墨田区 (東京スカイツリーが目の前です), 小中高と千葉県に通い, 産業医科大学医学部に入学いたしました。在学中は水泳部に所属し, きれいなプール棟でたのしく泳いでおりました。卒業後は初期臨床研修として, 千葉県立病院群という県立病院をぐるぐると回る珍しい研修プログラムを2年間経て, また母校である産業医科大学呼吸器内科に戻ってきました。
北九州に戻ってきたときは, 緊張と不安の中に懐かしさ・少しほっとした感じも混じるという不思議な感覚でした。また, 呼吸器内科の教室に3月, 挨拶に訪れたときの教授をはじめ先生方のお顔を拝見したときにはちょっとした安心感を覚えたのと同時に, これから精一杯がんばろうという身の引き締まる思いがありました。
初期研修中は呼吸器内科の分野として, 一般病棟業務はもちろん結核病棟を経験させていただいたり, 間質性肺炎の肺病理講習会にも参加させていただいたりと九州を離れた2年の間でも自分なりの形でかかわってきました。もちろん, 先輩の先生方に言わせたら足りない部分ばかりだと思います。初期研修中に培った, 体力と瞬発力を存分に発揮し, 北九州の医療に少しでも力添えになれたらと思っております。これから医局員として, よろしくお願いいたします。



文責:呼吸器内科学
更新日:2015年7月17日